iPhone5sが再起動を繰り返すのはなぜなの?

iPhone5sが再起動を繰り返すのはなぜなの?

  • 2020.07.23
  • 2020.07.23

iPhone5sが再起動を繰り返すという症状を見せる場合、一番に考えられる原因はiOSの破損です。iOSが破損してしまっていることで起動がうまく完了せず、起動が完了しないことでiOSがこのままではまずいと判断して自動的に再起動をかけてしまいます。ですが破損しているのですからやはり起動はうまくいかず、再起動が繰り返されるということになってしまうわけです。
もちろん通常であればiOSが破損するということはあまり考えにくいのですが、これも考えられる原因としてはiOSのアップデートの際に途中で中断してしまったとか、あるいは通常の起動時に起動が完了する前に電源を切ってしまったなどということが理由になって破損してしまうことがあります。とくに前者は要注意で、普通であればアップデートが何らかの原因で中断された場合は中途半端な状態で終わるのではなく全く何もアップデートしてないのと同じ状態になるように設計されているのですが、中断のタイミングによってはおかしな状態になってしまうことも十分にあるのです。
この対処方法としては、もちろん普段からそのようなことを起こさないように気を付けることは重要ですが、起こってしまった後の対処としては今一度アップデートをし直すということが考えられます。ただ、現にiPhoneが再起動を繰り返している中でiOSのアップデートをかけるというのは口で言うほど簡単なことではありません。それこそアップデート途中にまた中断されてしまい、無限ループに陥ってしまうこともあり得ます。
一つの方法としては、強制シャットダウンの後にセーフモードで再起動を行うということは考えられます。これでも100%うまくいくという保証はありませんが、何とかなるかもしれません。まず強制シャットダウンですが、電源ボタンを長押しすることで行えます。もし電源ボタンの長押しだけではシャットダウンされない場合は、ホームボタンと電源ボタンとを同時に長押ししてみましょう。
強制シャットダウンされれば、次に再起動するわけですが、通常であれば電源ボタンを長押しするところ、電源ボタンとボリュームボタンの上を長押しすることでセーフモードでの再起動を行うことができます。セーフモードでの再起動の場合は通常の再起動とは異なり、起動に必要な最小限の機能しか使いません。そのため、iOSの破損部分がこの最小限の機能以外の部位であった場合は、何とか問題なく起動をかけることができるわけです。そして、何とか起動をかけることができれば、その後にiOSのアップデートを行うこともできるでしょう。これが方法の一つです。もちろん、iOSの破損部分が起動に必要な最小限の機能に含まれていた場合はこのセーフモードでの再起動を試みたところでやはり起動できないということになってしまうわけですが、試してみるだけの価値はあるでしょう。
なお、このような強制シャットダウンと再起動、あるいはセーフモードでの再起動という方法は、iOSのアップデートを試みる場合以外であっても有効である可能性があります。要するに、自動的に再起動を繰り返す症状が出ている場合、機器としては完全に電源の切れた状態、ゼロベースの状態からでの再起動にはなっていない可能性があります。中途半端に、途中までシャットダウンした状態から再起動をかけようとして無限ループに陥っているかもしれないわけで、これが原因の場合は自動ではなく手動で強制的にゼロベースの状態にまでシャットダウンし、そこから再起動をかけることで回復が図れることがありますから、とりあえずまずはこの方法を試してみても悪くはないでしょう。
iOSの破損や不具合が原因でない場合、他に考えられることとしてはバッテリーの劣化です。必ずしも容量的に極端に少なくなっている場合のみならず、バッテリーの劣化により電源の供給ペースが不安定になってしまっているようなケースでも再起動を繰り返す原因となる可能性があります。電源の供給が不安定なことをiOSが検知し、このまま起動状態を継続していては機器に悪影響を及ぼすと判断して再起動プログラムをスタートさせてしまうわけです。
この場合の対処としてはバッテリーのリフレッシュを図るという方法があります。完全に劣化して容量が少なくなってしまっている場合はこの方法ではなかなか対処困難ですが、電源供給不安定というような場合は解決できるかもしれません。具体的にはバッテリーを一度完全に使い切って放電させてしまい、その後満充電を行うというサイクルを実施することです。これによりバッテリーの機能が多少なりとも回復することは良く知られていますから、試す価値はあるでしょう。これでも無理で本当に劣化してしまっている場合は交換するしかないかもしれません。
この他にも、インストールされているアプリケーションが原因になって再起動がかかってしまうこともあります。