iPhone11 Pro Max分解レビュー|プロ過ぎるiPhone11 Pro Max

iPhone11 Pro Max分解レビュー|プロ過ぎるiPhone11 Pro Max

  • 2020.12.20
  • 2020.12.23

iPhone11 Pro Max 分解レビュー

今年のアップルは3つのiPhoneを更新し、新しいiPhoneに初めてProという名称を付けました。

このiPhone 11 Pro MaxはどのようにしてProであるかを分解して見たいと思います。

「iPhone11 Pro Max」開封の儀

iPhone11 Pro Max
今年のiPhone 11 Proシリーズの箱はブラックに変わり、見た目はとてもプロです。

iPhone11 Pro Maxの付属品

iPhone11 Pro Maxの附属品
箱の中にある付属品もとてもプロであって、従来の5W充電器が18PD充電器とC to Lケーブルにアップグレードしました。

はじめに~iPhone11 Pro Maxの所感~

ミッドナイトグリーンiPhone11 Pro Max
ミッドナイトグリーン iPhone11 Pro Max̩

今年は新しく「ミッドナイトグリーン」カラーが加わり、見た目は奥深いが高級感が失われておらず、研磨されたケースの触感は細やかで、指紋も付きにくく、好評です。

iPhone11 Pro Max トリプルカメラ

iPhone11 Pro Max トリプルカメラ

iPhone 11 Proシリーズの最大の変化は、「バスルームライト」スタイルであるこのトリプルカメラシステムです。三つのカメラが正三角形の配列になって、それぞれのカメラの縁に金属の輪が付けられており、このように精錬されていてとても堅実です。iPhone11 Pro Max サイズ

iPhone11 Pro Max̩サイズ

iPhone 11 Proシリーズは依然として二つのサイズ、5.8インチと6.5インチであり、全体の体積はXSシリーズとあまり変わりはないが、厚さは7.7mmから8.1mmに増え、重さも208gから226gになりました。主な原因は電池容量を増やし、持続時間をアップグレードしたからです。これは筋トレ機具に入選です。

一.電源オフ| iPhone11 Pro Max分解報告レビュー

電源をオフiPhone11 Pro Max 電源を切る

分解前にまずシャットダウンします。

SIMカードスロットを取り出すSIMカードを取り出します。

二、ディスプレイを分解する |iPhone11 Pro Max分解報告レビュー

5角ビスを取り除く五角ビスを取り除きます

五角レンチドライバーで底部にある2つの五角ビスを取り除きます。

ディスプレイを開けるディスプレイを開けます。

60度で3分加熱し、防水シールテープを柔らかくし、ディスプレイ開閉器を使ってディスプレイを開けます。

本体内部の配置本体内部のパーツ配置

本体は従来と同じようによく整っており、ディスプレイモジュールの配線が本体の右側から本体のメインボードにつながっています。

配線カバーを取り外す

電池配線養生パネルのビスを外します。

電池配線養生パネルのビスを外します。(2つY形ビス)

配線を外すメインボートと電池との配線を外します。

バール工具を使ってメインボートと電池との配線を外します。

配線カバーを取り外す固定パネルを外します。

メインボード配線を固定するビス(6つY形ビス)を外し、固定パネルを外します。

ディスプレイ配線を取り外すディスプレイの表示とタッチ配線を外します。

バール工具を使って、ディスプレイの表示とタッチ配線を外します。また頂部のスピーカー配線も外します。

iPhone11 Pro Maxの内部構造iPhone11 Pro Max̩ の内部構造

構造と配置はiPhone Xモデルのデザインを継続し、カメラモジュールはさらに大きい体積を占め、メインボードのサイズはさらに小さくなりました。

三、インカメラやアウトカメラを取り外す | iPhone11 Pro Max分解報告レビュー

カメラ固定パネルを取り外す

カメラを固定するパネルのビス(4つY形ビス)を外し、固定パネルを外します。
フロントカメラモジュールを外します。フロントカメラモジュールを外します。

ピンセットを使って、フロントカメラモジュールを外します。

iPhone11 Pro Maxフロントカメラモジュールフロントカメラモジュール

フロントカメラモジュールは、赤外線カメラ、ドットプロジェクターが投光センサーと組み合わさって、深度システムとなり、Face ID、動画表情、フロントカメラ人物モードを実現しました。フロントカメラは1200万画素にアップグレードし、4Kビデオに対応します。

 

バックトリプルカメラシステムを取り外します。バックトリプルカメラシステム

ピンセットを使ってバックトリプルカメラシステムを取り外します。

超広角、EFL 13mm f/2.4、5枚式レンズ。

広角、EFL 26mm f/1.8、6枚式レンズ。

望遠、EFL 52mm f/2.0、6枚式レンズ。

多くの焦点距離レンズを通して、A13の超強力な性能と組み合わされて、光学ズームレンズをシミュレートします。また実際の撮影経験と、撮影のサンプルにおける効果はとてもすばらしいです。

四、メインボードを分解する | iPhone11 Pro Max分解報告レビュー

メインボードを取り出す。メインボードを取り出す。

メインボード固定のビス(3つビス)を取り除き、メインボードを取り出す。

iPhone11 Pro Max̩ 基板iPhone11 Pro Max̩の基板

iPhone 11 Pro Maxのメインボードは超小型ですが、なお2層で重ねて閉じており、A13 Bionicはメインボードの内層に付けられています。

五、付属部品の分解 | iPhone11 Pro Max分解報告レビュー

パネルビス(4つY形ビス)を外します。パネルビス(4つY形ビス)を外します。

底部の固定パネルビス(4つY形ビス)を外します。

Taptic Engine バイブレーターを外します。Taptic Engine バイブレーターを外します。

Taptic Engine バイブレーターを外します。

iPhone11 Pro Max̩ Taptic EngineiPhone11 Pro Max̩ Taptic Engine

去年のXSシリーズと比べて、Taptic Engineのサイズは去年より減少しています。

底部のスピーカーを外します。底部のラウンドスピーカーを外します。

底部のラウンドスピーカーiPhone11 Pro Max̩のラウンドスピーカー

スピーカーの体積は依然として大きいです。

Lightning コネクタを取り外すLightning コネクタを外す

残りのビスを外した後、Lightning 接続器を外すことができます。

Lightning コネクタiPhone 11 Pro MaxのLightningコネクタ

17.iPhone 11 Pro MaxのLightning接続器はアンテナと統合し、通話マイク、気圧センサーなどの部品と一緒になっています。比較的に特別なのは、PCB(プリント基板)となっていることです。この小さなPCBも2層の重なっているデザインであり、内側にスピーカーとTaptic Engineを動かすことに使う2つのDACが取付けられています。また充電チップとワイヤレス充電チップが付けられています。この小さなメインボードは、Tap Engineの前の位置を占拠しました。

 

iPhone11 Pro Max̩のバッテリーiPhone11 Pro Maxのバッテリー

電池を固定する三本のテープを取り出し、電池を外します。

電池は3969mAhまでアップグレードしており、iPhone XS Maxと比べて800mAh増え、持続時間は5時間増えており、大容量電池はさらに安心感をもたらしました。特別なのは、電池に二本の接続ケーブルがあることです。一本はメインボードに、もう一本はLightning接続器に繋がっています。

iPhone11 Pro Max̩の充電アダプターiPhone11 Pro Max̩の充電アダプター

付属品の18W充電器は30分以内にiPhone 11 Pro Maxを50%まで充電することができます。5W充電器と比べると飛躍的な質の向上です。この付属品は、オフィシャルサイトで2,800円(税別)します。右側にあるAnker nano充電器はわずか5Wの充電器サイズですが、同様な18W電力で約1,200円です。

スピーカーを固定するビスを取り外します。

スピーカーを固定するビスを取り外します。

ディスプレイの頂部にあるスピーカーを固定するビスを取り外します。

頂部スピーカーモジュール頂部スピーカーモジュール

ステレオスピーカーの頂部スピーカーはディスプレイの頂部にあり、スピーカーの下にマイク、近接センサー、環境光センサー、投光センサー、配置がとても密になっています。iPhone Xの時から、この配置になっています。

メインボードの部品の配置&紹介 | iPhone11 Pro Max分解報告レビュー

iPhone11 Pro Maxの基板の構造iPhone11 Pro Maxの基板の構造

iPhone 11 Pro Maxのメインボードは依然として二層のメインボードが重なって閉じられており、体積は減少し続けています。

APパネルの正面には14の配線接続口があり、フラッシュメモリチップも正面にあります。

APパネルの背面にA13 Bionicプロセッサー、PoPパッケージ4GB RAMがあり、下は、アップル独自開発の電源管理チップであり、右側にオーディオデコード、またU1チップがありますが、現在このチップに関する情報はあまり多くありません。

BBパネルには無線周波数(RF)部分のチップがあり、ベースバンド、RFトランシーバー、NFC、Wi-Fiは周囲にあります。Wi-Fiチップは最新のWi-Fi 6規格に対応しています。

まとめ| iPhone11 Pro Max分解報告レビュー

iPhone 11 Pro Maxは最新のネーミング方式を使いました。Proはプロと極致性能を意味します。

分解から見て、iPhone 11 Pro Maxの内部配置と使用材料は、依然としてとてもProです!

巨大なトリプルカメラシステムは、本体の中で大きなスペースを占有しました。超広角のカメラが入り、さらに強力な撮影機能をもたらしました。

ディスプレイもアップグレードの注目点です。200W:1のコントラスト比、最高輝度は800nitに到達。HDRビデオを視聴する時は1200nitにできます。このディスプレイはとてもProです。少し残念なのは、3D Touchを外したことです。ディスプレイはさらに薄くなったことによって電池にさらに多くのスペースを与えました。4000mAhに近い電池にさらに進んだ電源管理チップと組み合わされて、持続時間が5時間アップしました!

iPhone 11 Pro Maxのメインボードはさらに小さく精密になりました。依然として2層のメインボードが重なって閉じられており、7nmプロセス、85億トランジスターのA13 Bionicはおなじみのアップグレードであり、20%の性能向上、40%の消費電力が低下しましたので、全体の放熱が緩和されたでしょう。

防水等級が再びアップされ、水深4メートルで30分動作することができるので、日常生活の防水において問題はありません。

iPhone 11 Pro Maxは現在スマートフォンの中で最もProのスマホです!

iPhone12の分解記事はこちら