SIMが読み込まなくなった!?iPhone「アイフォン」XRのSIMカードスロット交換修理事例

SIMが読み込まなくなった!?iPhone「アイフォン」XRのSIMカードスロット交換修理事例

  • 2020.12.01
  • 2020.12.01

アイフォンXRの左上に接続中の文字

皆さんこんにちは!iPhone修理のアメモバです!
本日は大宮区のE様からアメモバ東京上野秋葉原店へiPhone「アイフォン」XRのSIMカードスロット交換修理依頼がありました。経緯としましてはキャリアの乗り換えをし、SIMの入れ替えをした際に「ガリッ」という音がして電波を読み込まなくなったとのことです。

SIMトレーは案外作りが悪く、入らなかったりすることは結構あります。ただその場合少しズラしたりすることでうまく入ります。そこ不安定な状態で無理矢理入れようとすると今回のようにSIMカードスロットを傷つけて故障していまうため、十分に注意しましょう。

それではiPhone「アイフォン」XRのSIMカードスロット交換修理やっていきましょう

確認

アイフォンXRの端末を開く

まずは簡単な手順で端末を開きます。

iPhoneXRの場合、以前までのiPhoneとは違い基盤と別で取り付けられています。

アイフォンXRのパネルを完全に取り外す

次にパネルを取り外します。パネルを取り外すにはいくつかの手順がありますが今回は短縮します。

パネルというのは数本のコネクタで本体に接続されており、切らないように取り外していきます。

アイフォンXRのSIMスロット本体をとりはずす

そしてネジを取り外しSIMカードスロット本体を取り外してみます。

アイフォンXRのSIMスロットを真横から見る

内部は明らかに故障していることがわかり、SIMの読み込みは愚かこの状態で電源つけるだけで危険な状態です。iPhoneの全てのパーツはバッテリーや基盤と通った電気が流れています。そのため電源が入った状態で配線のショートや接触不良があるとパーツまたはシステムのパンクを引き起こします。これは基盤などに必要以上に電気が回ってしまったり、予想外のことが急に起こると”リンゴループ”などの症状が出てしまう可能性があります。
パーツの故障でここまでなるのか。と思う方もいらっしゃるかも知れませんが、リンゴループにつきましては下記の記事をご覧下さい↓

リンゴループが治る確率って?!地域最安値のiPhone「アイフォン」8リンゴループ修理事例

新しいSIMカードスロット取り付け

アイフォンXRの新しいSIMスロットを用意する

まず新しいSIMカードスロットを用意します。今回はSIMトレーには問題ないようなのでスロットのみの交換です。SIMスロットの簡単な仕組みとしては内部に6本の針金のようなものがあり、それとSIMカードの金属部分が接触して通電しています。この針金は少しのズレで簡単に折れたりしてしまい、6本中1本が壊れるだけでSIMが読み込まなくなります。

アイフォンXRのSIMスロットを仮付する

そして位置を合わせながら取り付けていきます。
SIMカードスロットの取り付けの際、本体の突起とスロットの穴がしっかり合うようにすれば間違いありません。

アイフォンXRのSIMトレーをスロットに挿す

ネジを締める前に指で抑えながらSIMトレーの抜き差しチェックを行います。

確認すると問題なくスムーズに動作しました。

アイフォンXRのSIMスロットのネジを締める

動作の確認が出来たらネジを締め、完全に取り付けます。

全て戻す

アイフォンXRのSIMトレーを戻す

まず取り付けたSIMカードスロットにSIMトレーを完全に戻していきます。

アイフォンXRのパネルを戻す

そして最初に取り外したパネルを戻します。パネルの複数のコネクタを戻し、カバーも全て戻します。

アイフォンXRの底面ネジを戻す

最後に底面のペンタローブネジというパネルと本体を固定するネジを戻せば、iPhone「アイフォン」XRのSIMカードスロット交換修理が完了します。

最後までご覧頂きありがとうございました。

チェックとあとがき

アイフォンXRの通信が良好

電源を入れ、確認するとしっかり電波をキャッチしているのがわかります。

今回はiPhone「アイフォン」XRのSIMカードスロット交換修理を紹介させて頂きました。SIMカードスロットは比較的早く交換することが出来ます、それには理由があり、今回の端末がiPhoneXRだったということです。iPhoneXRのSIMカードスロットは基盤とは別で固定されていますが、それ以外のほとんどのiPhoneは基盤に直接ハンダで固定されており、時間も難易度も格段に上がってしまいます。これは単純の付け替えの時間が掛かるだけではありません。SIMカードを読み込まない症状は基盤が原因の可能性も十分にありえるため、iPhoneXRのSIMカードスロットならパーツの付け替えをしてテスト出来ますが、それ以外のものはチェックで取り外す際もかなりのリスクを覆うことになります。それだけ壊れやすく、単純な部品だからこそ注意して使用しましょう。

iPhone「アイフォン」XRのSIMカードスロット修理費用はどのぐらいかかる?

アメモバは常に地域最安値でiPhone修理をやっています!もしiPhoneに関するトラブルや質問がありましたら是非アメモバにお聞き下さい!お見積り、お問い合わせだけのお電話ご来店も大歓迎です!

今回はSIMスロット本体が原因でしたのでSIMカードスロット修理料金8000円の+税でした。部品の種類や端末によっても価格が上下するため詳しくはアメモバHP、またはお電話やメールからお問い合わせ下さい。

iPhone「アイフォン」修理のアメモバの修理料金メニューは こちら

それ以外の店舗は こちら よりご確認下さい。

iPhone「アイフォン」修理のアメモバ 東京上野秋葉原本店
〒110-0005
東京都台東区上野4-7-8アメ横センタービル2F
■山手線・京浜東北線
「上野」駅不忍口徒歩約5 分
「御徒町」駅北口徒歩約5 分
■東京メトロ銀座線・日比谷線
「上野」駅5b 口徒歩約5 分
■秋葉原駅より徒歩約10分