【iPhone XR 分解報告レビュー】|LCDディスプレイがすばらしい!

【iPhone XR 分解報告レビュー】|LCDディスプレイがすばらしい!

  • 2020.12.11
  • 2020.12.21

10月26日「廉価版iPhone」iPhone XRが予定通りに発売されました。

も即その機種を入手し、即分解して、今日皆様とiPhone XRの分解をシェアしたいと思います。

iPhoneXRの修理はこちら

「iPhone XR」開封の儀

「iPhone XR」開封の儀
はじめに~iPhone XRの所感~

きれいでシンプルな箱の正面にiPhone XRの象徴的な写真が印刷されています。

「iPhone XR」開封の儀レビュー

箱の中は従来の付属品の5W電源アダプター、ライトニングケーブル、ライトニングEarPodsイヤホン、説明書などを含んでいます。ライトニングから3.5mmへの変換プラグは付属しません。

「iPhone XR」開封の儀レビュー

「iPhone XR」開封の儀レビュー

iPhone XRの所感手に取ってみて、iPhone XRのカラーは、オフィシャルでは、コーラルと呼んでいますが、バックパネルはガラスの材質を使っています。

iPhoneXR コーラル

アルミ合金金属のフレームを使っており、アルマイト(陽極酸化処理)して色づけているので、バックの色と比べると若干薄いです。

iPhoneXR バックカメラ

iPhone XRのカメラはシングルであり、iPhone XSのメインカメラと同じものです。

わずかに突出しており、保護金属環は面取り処理して新しいです。

厚さは8.3mmであり、iPhone XSの厚さは7.7mmです。

iPhoneXR スピーカー、ライトニングコネクタとマイク口

底部のスピーカー、ライトニングコネクタとマイク口。気に入らないのが、ライトニングコネクタが下寄りで真ん中でないことです。

iPhoneXR ディスプレイ

iPhone XRのディスプレイは6.1インチ、LCD材質1,792 x 828ピクセル解像度、326ppiです。

すごいことは、アップルがLCDディスプレイに狭いベゼルを作り出し、4辺において同じ幅のベゼルになっていることです。これはiPhoneが全面的に全画面時代に入ったことを示しています。

iPhoneXR ディスプレイ

一、電源を切る| iPhone XR分解

電源オフ | iPhone XR分解
1.シャットダウン

SIMカードスロットを取り出す | iPhone XR分解

2.SIMカードホルダーを取り出す

五角ネジを外す | iPhone XR分解

3.底部にある2つの五角ネジを外す

ディスプレイを開ける| iPhone XR分解

4.ディスプレイ開閉器を使って開ける

内部構造| iPhone XR分解

5.ディスプレイと頂部のスピーカーはFPCB通って面ボードに接続しています。

3つのY型ネジを外す| iPhone XR分解

6.電池配線ボードのネジを外す。3つのY形ネジ

ボードを外す| iPhone XR分解

7.配線固定ボードを取り外す

電池配線を外す| iPhone XR分解

8.電池に接続している配線を外す

ディスプレイモジュールを外す| iPhone XR分解

9.ディスプレイの固定ネジを外し、養生ボードを外し、つながっている配線を外し、ディスプレイモジュールを外す

二、ディスプレイを外す|iPhone XR分解

3つのネジを外す| iPhone XR分解
1.ディスプレイ頂部の部品を固定する3つのネジを外す

スピーカーを外す| iPhone XR分解

2.スピーカーなどの部品を取り外す

頂部インカメラモジュール

頂部のスピーカーは導管を通じて音を出し、同時に底部のスピーカーと組み合わさって2チャンネルになっています。マイク、自然光センサー部品、環境光センサー、近接センサーを集積しています。

iPhoneXRディスプレイ| iPhone XR分解

iPhone XRのディスプレイはLCDの材質を使用しており、6.1インチの1,792 x 828ピクセル解像度、326ppiです(iPhone8と同等の解像度)。ディスプレイモジュールの厚さは2.46mmであり、3D Touchモジュールを取り除いており、スクリーンのオン・オフ機能に対応。

接続配線がディスプレイから伸びており、タッチ接続配線が左側から伸びており、タッチ配線の移動に寄り、ディスプレイ底部の空間占有が少なくなりました。これもiPhone XRのLCD全画面の4辺のベゼルが等しい幅である原因です。

三、メインボードを外す|iPhone XR分解

接続配線を外す| iPhone XR分解
1.SIMカードスロットの接続配線を外し、3つの固定ネジを外す

SIMカードスロットを外す| iPhone XR分解

2.SIMカードスロットを取り外す

SIMカードスロット| iPhone XR分解

国内版のiPhone XRはデュアルカードのデザインであり、カードスロットが厚くなり、カードスロットはメインボードの上に固定されているデザインであり、機種全体の厚さに影響しています。

接続配線を外す| iPhone XR分解

3.メインボード上の接続配線を外す

5つのネジを外す| iPhone XR分解

4.メインボードを固定する5つのネジを外す

メインボードを抽出| iPhone XR分解

5.底部からメインボードを抽出する

メインボード正面| iPhone XR分解

iPhone XRのメインボードはシングルボードのデザインを使用しており、部品の表面に養生しており、金属のヒートシンクシートが貼られています。iPhone Xから二層のメインボードのデザインを使用しており、Aプロセッサーは2つのメインボードに挟まれており、結果的に放熱性が悪いです。今回のシングルメインボードのデザインは、良好な放熱の性能をもたらします。

メインボード背面| iPhone XR分解

興味深いのは、メインボードの背面に、ラバー貼られており、多分緩衝用であり、メインボードを保護しますが、ある程度放熱に影響する可能性があります。

三、付属品を外す|iPhone XR分解

2つのネジを外す| iPhone XR分解
1.2つのネジを外して、固定ボードを取り外す

バックカメラを取り出す| iPhone XR分解

2.バックカメラを取り外す

バックカメラ

iPhone XRのバックカメラはシングルのカメラを採用し、iPhone XSシリーズと同じメインカメラであり、1200万画素、f/1.8絞り値、光学式手ぶれ補正、感光部品の単一ピクセルは1.4ミクロンにアップしました。

固定ネジを外す| iPhone XR分解

3.底部の部品を固定するネジを外し、固定ボードを取り外す

Taptic Engineを外す| iPhone XR分解

4.接続配線を外し、Taptic engineを取り外す

Taptic ENGINE| iPhone XR分解

Taptic EngineはiPhoneの看板ハードであり、賞賛絶えません。

スピーカーを外す| iPhone XR分解

5.スピーカーを取り外す

スピーカー| iPhone XR分解

底部のスピーカーと頂部のスピーカーはステレオになり、iPhone Xに対して音質は明確に良くなっています。

バッテリーを外す| iPhone XR分解

6.電池を固定しているラバーテープを抽出し、電池を取り外す

iPhone XRの電池の評定された容量は2941mAhであり、理論上駆動時間はiPhone XS Maxより30分間長いです。

TrueDepthカメラモジュールを外す|iPhoneXR分解

7.頂部のTrueDepthカメラモジュールを取り外す

TrueDepthモジュール|iPhoneXR分解

iPhone XRは初代のTrueDepthモジュールを使用しており、左から赤外線カメラ、フロントカメラ、裏面照射型センサーであり、FaceID、被写界深度自撮り、アニ文字などの機能に使われます。

枠フレーム|iPhoneXR分解

iPhone XRの枠フレームはアルミ合金の材質を使用しており、ステンレスのフレームは機械強度を強め、バックパネルはガラス材質であり、糊で固定しており、ワイヤレス充電の線はガラスのバックカバーの上に固定されています。

防水面において、iPhone XRはIP67等級(最大水深1メートルで最大30分間)に対応しており、具体的な防水処理は、ディスプレイと枠フレームとの間にあって、防水ラバーを使用して密封しており、カードスロット、スピーカー、ボタンの位置は、ラバーで密封して防水しています。

メインボードの部品配置と紹介|iPhone XR分解

iPhoneXRメインボード|iPhoneXR分解
iPhone XRのメインボードはシングルメインボードのデザインを使用しており、ボードの密度は匹敵するものは依然としてなく、SIMカードスロットを移動しました。iPhone Xのダブル層の密封されたメインボードに比べれば、理論上、シングルメインボードの方がよい放熱性能があります。

メインボード正面|iPhoneXR分解

メインボードの正面はA12 Bionicプロセッサー、Wi-fiチップ、USB制御チップ、NFC、無線バックエンドチップ3つオーディオ駆動チップです。

強力なA12プロセッサー、7nm製造プロセス、69億個のトランジスタ、3GB RAMです。

PCDボード部品配置と紹介|iPhoneXR分解

iPhone XR PCDボード部品配置と紹介

メインボードの裏面はフラッシュメモリチップ、音声解読チップ、電源管理チップ、ベースバンドとオーディオトランシーバー、充電チップなどがあります。ベースバンドはインテル形式を使用し、iPhone XSシリーズと同じPMB9955であり、4*4MIMOを退きました。

iPhone XR分解まとめ

「iPhone XR」開封の儀
iPhone XRはレッド、イエロー、ブルー、コーラル、ブラック、ホワイトの6つのカラーがあり、iPhone XSシリーズのブラック、ホワイト、ゴールドに相対して、iPhone XRはさらにモダンでバイタルであることがはっきりします。6.1インチLCDディスプレイは、iPhone XSシリーズの5.8インチと6.5インチの間の隙間を埋め、またLCDユーザーの需要に応じました。

分解を通して分かったのは、iPhone XRの内部設計と製造が「廉価販売」によって縮小していないということです。機種が厚くなったのは、主にディスプレイモジュールの原因です。3D Touchモジュールを外しましたが、LCDモジュール本体に原因があるので、iPhone XSのOLED(有機EL)ディスプレイより厚くなっています。

SIMカードスロットがメインボードから外され、配線接続にしたのは、主にデュアルカードスロットの厚さの問題であり、両面に部品があるメインボードの上に配置することができませんでした。チップ面において、iPhone XSと同じA12 Bionicプロセッサー、7nm製造プロセス、69億個のトランジスタであり、性能は依然として、同期である他のチップに対して大幅にリードしています。

iPhone XRには一つのバックカメラがありますが、そのハード品質は高く、更に大きい画素サイズ単位、光学式手ぶれ補正によってiPhone XRのカメラ水準は依然としてフラグシップの水準です。ポートレートモードに関して、演算方法を通して、シングルカメラからボケ効果が使え、深度コントロールに対応しています。

iPhone XRはiPhone XSの主要な部品の大部分である、A12 プロセッサー、Face ID、メインカメラ、デュアルカードなどを使用しました。当然、3D Touch、デュアルカメラ、RAM、4*4 MIMOなどのハードや機能を除きました。しかし、iPhone XSの112,800円(税別)からの価格に比べてiPhone XRは84,800円(税別)からの価格なので、とても良心的に思えます。

iPhone XRに関して、あなたはどんな見方があるのでしょうか?

iPhone12の分解記事はこちら

当文書は Geekbar の許可を得て弊社が翻訳したものです。許可を得ずに画像および文書の転載などは禁止です。

転載ご希望の方はcontact@amemoba.comまでお問い合わせください。

出所:geekbar.cc