iPhoneがフリーズする!考えられる原因と効果的な対策方法

iPhoneがフリーズする!考えられる原因と効果的な対策方法

  • 2020.07.22
  • 2020.07.22

高性能で沢山の機能を使える便利なiPhoneですが、購入したころの新しい状態では普通は問題が起きずにスムーズに利用できます。ところが、一定期間以上を使っていると、自然と不具合が出てしまうことも事実です。不具合の中でも頻発しがちな内容にはあフリーズ問題があります。画面操作を行っていても、一向に作動しない状態になり、画面が固まってしまうという現象です。このような際には操作を行うことができない場合が多いので、原因や対策を知っておくことで問題を自分でクリアできる可能性は高まります。まずは、iPhoneの性質上、利用者は好みのアプリをインストールして使っていることが基本です。沢山のアプリが提供されているので、この機能は醍醐味といっても過言ではありません。しかし、アプリを利用している最中にフリーズを起こしてしまうことは非常に多く、このケースでは稼動中のアプリが多いことが原因となる可能性があります。常に稼動しているアプリの数が多過ぎる場合では、余計なアプリは削除することで解決できる場合があります。また、特定のアプリだけがフリーズしてしまうような場合で、何度同じ操作をしても一向に直らない現象では、該当アプリを一旦アンインストールしてから、再度インストールを行ってみることで対策を行うことはできます。バージョン違いの原因も考えられます。お使いのアプリのバージョンが古い場合では、iPhoneのiOS最新版に対応できていないケースも原因になるので、こちらもアップデートを試みる方法や、再インストールの方法で解決できる場合が多いようです。強制再起動を試みる方法も効果的です。アプリ自体に問題がないというケースでは、他のことが原因となっている可能性があるので、強制再起動を行ってみると改善できる可能性も否定できません。尚、強制再起動などを実行する際には注意も必要です。写真や画像、各種データなどを保存している場合は事前にデータ保存を済ませておくことにより、大切なものを失ってしまう可能性が低くなります。アプリ関連が原因ではないと感じている場合は、iPhoneの初期化を実行する方法も良い対策方法です。一度クリアしてから再びリカバリーすることにより、新品の状態に近い軽快さを実現できることも多いものです。ホーム画面でフリーズを起こしてしまうという現象も見られます。この原因はアプリ関連ではなく、本体に起因していることが主な原因です。その内容を掘り下げてみると、例えばバッテリーが膨張してしまい、不具合が出ている場合、画面の表面に貼っているシートやシールなどが原因になる場合、ディスプレイに何らかの問題が起きている場合、落下させてしまったり、水の被害を与えてしまったことで起きる場合などがメインです。このような原因の場合は簡単に解決できる問題ではないと判断できるので、サポートセンターに電話をしたり店舗に出向いて修理を依頼することが基本的な対策方法です。もちろんですが、iOSのバージョンが古い場合でもフリーズは起きやすくなります。常に新しいバージョンであることをチェックすると未然に防ぐことも可能です。強制終了についての助言になりますが、通常はリカバリーモードで初期化を行います。実際にこの方法で無事に復旧できたという事例は沢山ありますが、DFU復元を試してみることも悪くはありません。普通の初期化で改善できなかった場合に効果的な方法になり、リカバリーモードからの初期化よりも深い場所から復元できる方法です。基本は本体やアプリのアップデートを行うこと、解決できない場合は強制再起動を試みること、更に解決できない場合はリカバリーモードでの修復がメインになります。本体の破損によるフリーズの場合はアプリやソフト関連の内容ではないので、修理を行うことは必要です。新品購入から1年以内であれば、故意や過失のない内容であれば無償で修理可能です。別途サポートに加入している場合は2年間の保証があります。それ以上の年数が経過していたり、過失による破損が原因になっている場合は有料にて修理を行うことが求められています。対策方法では無用なアプリを入れ過ぎないことが基本です。利用頻度の少ないアプリはアンインストールして軽快な状態を保つことが肝心です。本体の損傷を防ぐことも有効な対策方法です。画面にフィルムを貼る際には、必ず専用品を利用することが必要で、DIYの手法で他の厚手のシールなどを利用してしまうと余計な熱が蓄積されてしまい、結果的に破損に繋がる可能性もあるので注意が必要です。落下防止用のカバーを用いたり、普段から利用している環境によっては首からぶら下げることができるストラップの利用も有効です。ソフト系の問題は意外と簡単にクリアできる内容が多いのですが、本体に起因している問題の場合は、修理費が高額になるケースも多くあり、機種によって修理代は変わりますが30,000円以上の修理代がかかることがあります。修理費と利用期間を考慮して買い替えを検討することも一つの解決策です。