スピーカーの音質が悪い?ノイズ??iPhone「アイフォン」8Plusのスピーカー交換修理事例

スピーカーの音質が悪い?ノイズ??iPhone「アイフォン」8Plusのスピーカー交換修理事例

  • 2021.01.22
  • 2021.01.22

アイフォン8Plusの設定のサウンドをテストする

皆さんこんにちは!iPhone修理のアメモバです!

本日は港区にお住まいのN様からアメモバ東京上野秋葉原店へiPhone「アイフォン」8Plusのスピーカー交換修理依頼がありました。

経緯と症状

iPhone8Plusの底面を確認する

経緯としましては数日前に画面割れで修理してもらった際に修理店の方からスピーカーもかなり劣化していると言われたらしく、確かに音質が悪かったり、ノイズが入ったりなど心当たりはあったそうです。しかしその時点では修理せず一度持ち帰ったそうです。

症状はスピーカーのノイズですが、どうしてこうなってしまったのか明確な理由はわからず、多少気になったいましたが実際にいつどのようにこうなってしまったかはわからないとのことです。スピーカーはiPhoneのパーツの中でも1番外気に触れる機会が多いパーツのため、知らぬまに劣化していることは少なくありません。

特にノイズや音質などは劣化ともに悪化していくもので、スピーカーの位置の関係から必然ではあります。

スピーカーパーツの位置はご存知の通り右下に取り付けられており、音が通るようにメッシュの穴が開いてます。それにより入り込んだ小さなチリやゴミが溜まってしまう事で、徐々にスピーカーの能力を下げていきます。

もし上記のような症状が見られる方はすぐに修理に出す事をおすすめ致します。

それではiPhone「アイフォン」8Plusのスピーカー交換修理やっていきましょう。

パネルを取り外す

iPhone8Plusの端末を完全に開く

まず端末を開き、内部状況について確認していきます。iPhone8Plusは生活上は問題ない程の防水性能を持っていますが、端末の密封性が完璧というわけではありません。

古い端末や長く使用している物になると、内部にゴミやチリは入りこんでいる場合があります。

多少側面に見られるため、拭き取ってから修理していきます。

iPhone8Plusのパネルのコネクタを取り外す

そして基盤上にあるコネクタの取り付けられた箇所からバッテリーのコネクタとパネルのコネクタ両方を取り外していきます。

バッテリーを一番最初に取り外すことで基盤のショートやクラッシュを防ぎます。

バッテリーは全てのパーツまで電気を流していますが、必ず基盤を経由しているため、たとえ電源を切っていてもバッテリーが完全にOFF状態とは限りません。その中でバッテリー以外のパーツを取り外すと、ゲーム機でいうブチ切り状態になってしまうのです。

精密機器において特に注意するべき点です。

iPhone8Plusのパネルを完全に取り外す

これでパネルを本体から完全に取り外す事が出来ます。

スピーカーを付け替える

iPhone8Plusのスピーカーを指す

まずスピーカーですが内部から確認するとこのように取り付けられています。

特にあれだけ大きな音を出せるのにも関わらずこれほど小さなパーツで完結されている所がAppleのすごいとこです。更にどれだけスペースを無駄にせず、大きな音を出せるか研究された構造になっています。

iPhoneの機能はほとんどが中と外で遮断しても使用可能な物ばかりです。例えば液晶に関しては水にすごく弱いですが、カメラも同様にガラスを挟む事で強度と防水性を向上させています。液晶とカメラは直接外部の空気に触れる事はなくてもしっかろとその役割を果たしています。ホームボタンもiPhone7から感圧タッチになり、完全に外部を遮断していてもちゃんと動作します。

しかしスピーカーだけは違います。はっきりとした音を伝えるには少しでも外部との通路が必要になります。それが底面のイヤメッシュですが、やはり水やチリ、ゴミは入りやすいです。その影響は真っ先に受けるのがスピーカーであるため、今回のようにいつの間にか不具合を起こしていたりします。

iPhone8Plusのスピーカーを指で取る

早速取り外し作業ですが、iPhone8Plusのスピーカーはいくつかのネジと[構造]で固定されています。

この構造というのは、ピッタリハマる箇所だったり、他のパーツに絡んでいたりして、ネジなしでもある程度固定されるように設計されているという事です。

まずはそのいくつかのネジを取り外し、ハマりを外しながら取り外していきます。これは予め構造を理解していないと危険かもしれません。

iPhone8Plusのスピーカー本体をピンセットで掴む

これでスピーカーを完全に取り外す事が出来ます。

修理後に顕微鏡で確認するとスピーカー内部にかなりゴミが入り込んでおり、奥のスピーカーの動力源まで届いていました。スピーカーは音を出すパーツである以上必ず振動がします。その振動により、最初は外側にあったゴミがどんどん中に入り込んでいってしまったのではないかと思います。

新しいiPhone8Plusのスピーカーを取り付ける

あとは新しいスピーカーパーツを用意し本体に取り付ければ、スピーカーの付け替えが完了します。

全て戻す

iPhone8Plusのパネルを戻す

まず最初に取り外したパネルパーツを戻していきます。

いくつかのコネクタを取り付け、バッテリーも最後に戻していきます。バッテリーは最初に取り外して、最後に取り付けるのが精密機器を作業する際の鉄則です。

内部の作業は以上になります。

iPhone8Plusの底面ネジを戻す

あとは冒頭ではご紹介出来なかった底面のネジ、「ペンタローブネジ」を戻せば、iPhone「アイフォン」8Plusのスピーカー交換修理が完了します。

最後までご覧頂きありがとうございました。

チェックとあとがき

iPhone8Plusの音を確認する

電源を入れると問題なく点き、音を出すと正常な音質で流れています。

今回はiPhone「アイフォン」8Plusのスピーカー交換修理を紹介させて頂きました。

スピーカーは文中でも紹介した通り、位置や機能などの影響で壊れやすいのは仕方ありません。特にノイズや音質の悪化はパーツ交換以外で直す方法はないため、重要なのは交換する時期です。

早すぎてももったいない感じがして、遅すぎると他のパーツまで劣化してしまう可能性もあり、精密機器としてよくありません。1番良いタイミングは交換するか悩んでいる時です。

スピーカーの不具合はとても不便ですし、ノイズは少し不快です。もちろんいつの間にか劣化してしまった場合だけではなく、落としてしまったり水没してしまった場合でも同じです。端末内部で二次災害が起きる前に修理することをオススメします。

特に端末の端っこにあるパーツというのは比較的壊れやすいため、万が一スピーカー以外でも不具合を感じた場合は地域最安値のiPhone修理アメモバにお任せ下さい!

もちろんお見積りやお問い合わせのお電話、メール、ご来店も大歓喜です。

iPhone「アイフォン」8Plusのスピーカー交換費用はどのぐらいかかる?

アメモバは常に地域最安値でiPhone修理をやっています!もしiPhoneに関するトラブルや質問がありましたら是非アメモバにお聞き下さい!お見積り、お問い合わせだけのお電話ご来店も大歓迎です!

今回iPhone8Plusのスピーカー交換修理料金は7000円+税でした

iPhone「アイフォン」修理のアメモバのスピーカー交換修理以外の修理料金は こちら

それ以外の店舗は こちら よりご確認下さい。

iPhone「アイフォン」修理のアメモバ 東京上野秋葉原本店
〒110-0005
東京都台東区上野4-7-8アメ横センタービル2F
■山手線・京浜東北線
「上野」駅不忍口徒歩約5 分
「御徒町」駅北口徒歩約5 分
■東京メトロ銀座線・日比谷線
「上野」駅5b 口徒歩約5 分
■秋葉原駅より徒歩約10分