早速iPhone12レビュー!iPhone「アイフォン」12シリーズの大きな違いとは?!

早速iPhone12レビュー!iPhone「アイフォン」12シリーズの大きな違いとは?!

  • 2020.10.23
  • 2020.11.09

iPhone12の箱をロゴの背景で取る

皆さんこんにちは!iPhone修理のアメモバです!

本日(10月23日)はiPhone12、iPhone12Proの発売日ということで、一般的な情報から内部情報まで詳しく説明していきます!

去年のiPhone11発売日と比べて少し発売が遅れたiPhone12、12Proでしたが問題なく発売出来て本当に良かったです。そんなiPhone12、12Proですが予約販売開始してからすぐに予約したため、当日にゲットすることが出来ました。今回はiPhone12について詳しく紹介していきます!

最新のiPhone12の分解記事はこちら!ビデオつき!

そもそも何が変わった?

iPhone11と12を比べる

外見

まず簡単にわかるものとして外見ですよね。少し角張ったデザインで昔のiPhone5時代を思い出します。

このデザインになったことでiPhone11よりも数ミリ小さく、薄くなりました。

容量

容量は11と変わらず64GB,128GB,256GBの三種類が発表されましたが色に関しては今現在12の方が種類が少ないようです。ただ後から追加で何色か出るという噂も聞きますので欲しい色がなかったら、もう少し動きを見るのも良いかもしれません。

最新のiPhone11を全色並べる

色に関してはこちらの5色です。なんとなく今までのiPhoneで見てきた色ではありますが、真ん中の青に関してはApple初じゃないでしょうか?少し見慣れないような感覚です。

付属品

そしてすでに知っている方もいるかと思いますが、今回iPhone12シリーズから充電器とイヤホンが同封されなくなりました。(ケーブルはついています)最初は「みんなもう持ってるでしょ」というAppleからのメッセージかと思いましたが、実際は地球環境のことを考えてこうなったらしいです。実際はどうなんでしょうか…?

箱は半分くらいの薄さになり、本体についている初期フィルムは紙製になっていました。

今回のこの充電器が同封されていないことについて思うのが、iPhone12を購入する人についてです。新しいのが出たらすぐ買うAppleマニア以外だと、iPhoneXS以下の端末、またはAndroidを使用している方がほとんどだと思います。そうなるとタイプCの差し込める充電アダプター持ってる人少ないんじゃないでしょうか?

この事について大手スマホ会社のGalaxyは意味深にこんなツイートをしていたようです(笑)

https://twitter.com/SamsungCRBN/status/1317205733650333696?ref_src=twsrc%5Etfw%7Ctwcamp%5Etweetembed%7Ctwterm%5E1317205733650333696%7Ctwgr%5Eshare_3%2Ccontainerclick_1&ref_url=https%3A%2F%2Fiflyer.tv%2Farticle%2F2020%2F10%2F22%2Fiphone12-samsung-charger%2F

「Galaxyにはあなたの欲しい物あるよ。充電器はもちろん最高のカメラ、バッテリー、パフォーマンス、120Hzのスクリーンまでもね」

という一言に充電アダプターの写真が一枚。これはGalaxyが「充電器はあって当然でしょ」といっているようなニュアンスに感じられます(笑)

ディスプレイ

画面の大きさはiPhone11と変わらず6.1インチですが一番の変化としてはLCDからOLEDになったということです。

OLEDとは有機ELとも言い、自らが発行する物で出来たパネルになります。LCDは背面からバックライトというもので照らす必要があったため暑く、電力もそこそこ消費していました。ただOLEDはこの課題を全てクリアしています。

強度については今までのガラスと違い、金属よりも硬いと言われている特殊な素材を配合しているため、これまでの落下耐性の4倍の強度になったと発表されています。

カメラ

カメラは広角などの機能で変化はありません。ただDolby Vision対応HDRビデオ撮影(最大30fps)での撮影が可能になりました。

耐水性能

iPhone11では水深2m最大30分の耐水でしたが、iPhone12から水深6mで最大30分の耐水が可能になりました。ただiPhone修理店から見ると今までのiPhoneは水没耐性に関してあまり信頼がありません。

通信

iPhone12でついに5Gが対応されました。これまでとは次元が違うと囁かれていますが、まだ利用者数はあまり多くありませんので、これからの情報に期待です。

いきなり中身を見てみましょう!

iPhone12を分解する

今までは機種によって多少異なるくらいでしたが、逆側に開くというのはAppleとても大胆に出たなと感じました。

パネルを開く方法

まずパネルが左側に開くようになりました。これは構造上仕方ないことなのでしょうか?

作業としては、パネルの開き方以外とくに変わったところはないようです。

構図

構図としてはロジックボードとパネルが逆になった事以外変更点はほとんどありません。

FaceID、カメラ、バイブレーション、オーディオ、SIMのトレーなど全て大体いつもどおりの位置に配置されています。

そしてバッテリーに関しては今までのL字型やI型でもなく、なんというか横に太くなっています。一見今までより小さくなったように見えますが、これでも11と同じ位の能力は持っています。

iPhone12の基盤を確認する

ロジックボード

iPhone12の基盤は今までと比べて細くなり、2層の両面にびっしりと部品が埋め込まれています。

そして今回変更点の一つでもある「A14」のCPUが取り付けられています。

このA14は前機のA13に比べてトランジスタの数が38%も増加したとのこと。ただそれに比べて機能が上がっていないと指摘もあったようだが、A13で問題視されていた発熱などの問題を改善するために設計した可能性が高いらしい。

最後に

iPhone12Pro2台を並べる

今回は主にiPhone12と11の違いについて説明させて頂きました。次回以降できればiPhone12Proや12miniの方も紹介したいと思っていますのでよろしくお願い致します。

個人的な意見でいうとiPhone11シリーズのデザインは大好きです(笑)この角張ったデザインは自分の好きだったiPhone5sの進化版のように見えてとてもかっこよく見えます。

充電器問題やCPUなどはっきりとわからないことが多いですが今後の動きを見ながら記事の方も更新していくので時間があれがご確認下さい!

iPhone修理買取アメモバの修理記事は こちら

iPhone修理買取アメモバのiPhone12買取価格は こちら

最新のiPhone12の分解記事はこちら!ビデオつき!

あとがき

アメモバは常に地域最安値でiPhone修理をやっています!もしiPhoneに関するトラブルや質問がありましたら是非アメモバにお聞き下さい!お見積り、お問い合わせだけのお電話ご来店も大歓迎です!

iPhone「アイフォン」修理のアメモバの修理料金メニューは こちら

それ以外の店舗は こちら よりご確認下さい。

iPhone「アイフォン」修理のアメモバ 東京上野秋葉原本店
〒110-0005
東京都台東区上野4-7-8アメ横センタービル2F
■山手線・京浜東北線
「上野」駅不忍口徒歩約5 分
「御徒町」駅北口徒歩約5 分
■東京メトロ銀座線・日比谷線
「上野」駅5b 口徒歩約5 分
■秋葉原駅より徒歩約10分