iPhoneのリコール問題?発生の可能性と適切な対処方法

iPhoneのリコール問題?発生の可能性と適切な対処方法

  • 2020.07.22
  • 2020.07.22

iPhoneにリコール問題があるのかというと、これは可能性としてはあるという他ありません。これはiPhoneに限らず全ての商品について言える事ですが、不具合が絶対にないというように言える製造品はありませんから、生産者が全く考えていないような事が起きるという事は常にあると考えておいた方が良いでしょう。iPhoneは比較的こうした問題点が起きた事は少ないといえるかもしれませんが、過去にはカメラが上手く動かなくてピンぼけのような事が多発するというような事があって、リコールがあったことがあります。他にもバッテリーの不具合でリコールになったことがありますから、これまでに無かったという事でもないわけです。バッテリーの不具合などは他社でも良く聞く不具合ですし、場合によっては炎上してしまったというような事もよく聞くことですから、不具合として起きやすいところという事なども言えるのかもしれません。つまり、絶対何も問題が起きない完璧な製品は無いという事を常に考えておく必要があるという事です。特にiPhoneのような精密機器はハード的にも様々な精密部品を使用していますから、故障や何かのトラブルが発生する要因は極めて多いと考えておいた方が良いでしょう。それらは開発者が全く予想していないという事もありますが、様々な要因が複雑に絡み合うので、人が想定できる範囲をオーバーしているという事もあります。その為、こうした精密機器を扱う時には、不具合なり故障なりという事は常にあると考えて疑ってみるという事をした方が良いのかもしれません。ハード面だけではなくソフトとの連携などでも上手く動かないという事もあるわけで、そうなるとハードだけをチェックしていても問題は発生しますし、ソフトだけをチェックしていても問題は発生するという事になります。更には使用する条件なども世界中で使用されて様々な過酷な条件で使用されることにもなるわけですから、そうした不安要素を全てクリアして完璧商品を製造するという事はまず不可能です。当然トラブルなどが起きてリコールになるという事は考えられる事でしょう。
勿論、製造メーカーは様々なチェックをしてこうした不具合や問題点が発生しないという事を確認して、安全基準も満たしていることを確認してから発売をするということになりますが、この基準自体も全ての問題点をクリアすることが出来るというモノではなく、暫定的な基準で何かの問題が起きれば追加、改定されるというものですから、永遠に完璧なチェック方法というのは出来ないというようにも考えられます。

リコールがあったような場合には、端末に連絡が真っ先に来るようになっています。ですから、まずはこれでリコールの有無自体は分かるようになっているはずです。Appleから「交換プログラム」の発表がないかどうかを端末でチェックしてみましょう。問題があれば、ここに連絡が来ているはずです。此処を使用する時にはシリアル番号という自分の端末であるという事を証明する番号を入力して利用することになります。ですから端末のシリアル番号は調べておく必要があります。購入後3年以内であれば補償の対象になっているはずで、先ほど入力したシリアル番号はプログラムの対象ですというように表示されれば、この補償が受けられるということになるという状態です。そうでない場合は有償交換などのメーカーのサービスを利用する必要があるので、これは買ったところに問い合わせるという事をするといいでしょう。民間の修理業者に依頼をして修理をしてもらうという事も出来るので、プログラムの対象ではなかったからといって困る必要はありません。しっかりと対処してくれるところはいくつもありますから、自分がどのような選択をすれば良いのかという事を考えればいいだけです。

修理業者に依頼をする時は、修理代や信用して端末を預けることが出来るのかどうかを考える必要があります。今は様々な個人情報が端末には入っているはずですから、こうした情報が人に見られる可能性もあるという事を考えておく必要があるというわけです。基本的には修理などの依頼に端末を出すなど、自分の手元から端末を出すという時には、データのバックアップをして、データそのものは消してしまうというようにしましょう。不具合で消せないというような事があるかもしれませんが、その場合でも自分でどこまで消せるのかは調べて出来るだけ情報が他人に見られる可能性を無くしておくという事が大切です。ハードやソフトなどの不具合はいくらでも直すことが出来るのですが、こうした情報の漏洩は一度でもあると取り返しがつかない事になるので、こうしたリスクがある事を理解して、端末の提出はしなければなりません。ほとんどの業者は情報を盗むような事はしませんが、中にはそうした事を考えているような所あるという事です。