リンゴループってどういうこと?再起動を繰り返すiPhoneの直し方

リンゴループってどういうこと?再起動を繰り返すiPhoneの直し方

  • 2020.07.23
  • 2020.07.23

リンゴループというのはだいたい想像つくでしょうが、何らかの原因によりiPhoneが再起動を繰り返すようになってしまうことです。起動時の画面にメーカーであるアップルのリンゴマークが表示されることからこのように俗称されています。この原因や対処法としてはいくつかあります。
最も多いのはOSの一部が破損していたり、何らかの原因で欠落してしまっていることがあります。例えばOSのアップデート中に電源が切れてしまったために不十分なアップデートになってしまい、結果的に破損していると見なされるような状態になってしまったとか、通常の起動中に電源が切れてしまったようなケースでも起動に必要なOSファイルの一部が破損したり欠落した状態になってしまうことがあるようです。
これの対処法は比較的素直なもので、要は最新のOSにきっちりアップデートしてやることで問題が解消することが期待できます。アップデートについては通常の方法で行っても問題はありませんが、iTunesを利用することでより問題解消が期待できることもありますので、もし通常の方法でうまく行かないという人は、パソコンに接続してiTunesを利用してOSのアップデートを図ってやるとよいでしょう。
次に考えられるのはバッテリーの不具合や劣化です。バッテリーから適切に電力が供給されない状態、不安定な電力供給状態に陥ることで、これは起動状態を継続していられないとOSが判断し、自動的に再起動がかかるケースがあります。たまたま不安定な電力供給状態になっていただけであれば一度の再起動で元に戻ることでしょうが、そもそもバッテリーに問題がある場合は再起動したところでその問題が解消されるわけではありませんから、リンゴループに陥ってしまうことがあります。
iPhoneの場合、基本的にバッテリーは自分で簡単には交換できませんから、本当に原因がバッテリーの不具合や劣化なのであれば買い換えるか、あるいはバッテリー交換をしてくれるショップに持ち込むくらいしか根本的な解決方法はありません。ただ、一見して不具合に思えても、バッテリーリフレッシュを行うことで回復することは十分にありますから、まずは試してみることをお勧めします。バッテリーリフレッシュの方法としては、完全放電の後に完全充電を行うことです。リンゴループに陥っていようが何であろうが、ともかくバッテリーを完全に放電させてしまいます。要するに電源に接続せずにそのまま放置しておけば良いわけです。完全放電させた後、電源に接続して満充電状態にします。これによりバッテリーリフレッシュを行うことができ、本当は不具合ではないにも関わらずOSが不具合と判断してしまっている状態を解消できる可能性があります。
この他に考えられる原因としては、起動に影響を与えるような適切でないアプリケーションをインストールしているケースもあり得ます。公式なアプリではまずこのようなことは考えられませんし、公式アプリでなくても世の中で広く使われているようなものは普通は大丈夫と思っていて良いでしょう。しかし、マイナーなアプリの場合はこのようなことも考えられます。何らかのアプリをインストールして使い始めたのと時を同じくしてこのようなリンゴループが発生するようになったのであれば、アプリが原因である可能性が高いでしょう。
この対処方法としてはもちろん怪しいアプリをアンインストールすることです。パソコンでも怪しいアプリケーションをむやみにインストールして使うことはウイルス感染の原因になったりするのであまり好ましいことではないとされていますが、同じようなことがスマホでも当てはまるわけです。
以上がおおよそ考えられる原因と対処法ですが、現にリンゴループに陥ってしまっている場合、対処法を試そうとしてもそもそも不可能ということがあるでしょう。リンゴマークが常に表示されている状態で、何か怪しいアプリを削除せよといわれても無理なことは明らかです。そこで、対処法とは少し異なりますが、とにかく何とかしてリンゴループから抜け出す方法についても知っておく必要があります。強制終了というのが最も分かりやすいでしょう。これはとにかく電源を切ってしまうことで、電源ボタンを長押しすることで行うことができます。電源ボタンの長押しだけでは強制終了できない場合は、ホームボタンと電源ボタンを同時に長押しすることを試してみて下さい。
そして、強制終了後の再起動時にはセーフモードでの再起動という方法があります。これは、起動に必要な最低限のアプリだけを動かして起動させることで、それだけ問題発生の可能性を低くすることができます。方法は、電源ボタンと音量ボタンの+を同時に長押しすることです。
これらの対処法を試してみても無理な場合は、iPhoneの設定を全て初期化し、工場出荷時の状態に戻すしか方法がないかもしれません。当然ながらデータは全て消えることになりますので、このような万一のケースも想定し、普段からこまめにバックアップは取っておくようにしましょう。

iPhone修理のアメモバの修理内容は こちら

iPhone修理のアメモバ 神戸三ノ宮店の店舗情報及びiPhone修理料金表は こちら

iPhone「アイフォン」修理のアメモバ 神戸三宮店

住所:〒650-0012
神戸市中央区北長狭通2-31-67 高架下店舗(北側)
アクセス方法
JR神戸線
「三宮」駅西口より徒歩約5 分
「元町」駅より徒歩5分
阪急線
「三宮」駅より徒歩約3分