落として充電できなくなった!iPhone「アイフォン」Xのドックコネクタ修理事例

落として充電できなくなった!iPhone「アイフォン」Xのドックコネクタ修理事例

  • 2020.09.12
  • 2020.09.12

アイフォンXの左下の液晶漏れ

皆さんこんにちは!iPhone修理のアメモバです!

本日は豊島区のW様からアメモバ東京上野秋葉原店へiPhone「アイフォン」Xのドックコネクターの修理依頼がありました。

経緯としては最近充電の接触が悪く悩んでいた所、家のフローリングに落としてしまい左下に液晶漏れができ、充電が完全にできなくなったとのことです。

液晶交換とドックコネクタ修理の2つの依頼ですが、今回は液晶交換修理は省略して紹介させて頂きます。

なおiPhoneXの画面割れの修理事例は こちら からご覧ください。

それではやっていきましょう!

本体を開く

アイフォンXの底面のネジを戻す

まず始めに端末の底面にある星型のネジを2つ取り外します。

このネジは長さが1センチ弱あり、内部でパネルと本体を固定しているとても重要なパーツです。

iPhoneXのパネルは上部の爪と下部の星型ネジ、それから縁を1周両面テープで固定されています。

アイフォンXのパネルと本体の間にヘラを差し込む

次に金属の薄いヘラを端末のパネルと本体の間に差し込みます。

これでパネルと本体の両面テープが剥がれ、端末を開く事が出来ます。

パネルを本体から取り外す

アイフォンXのコネクタカバーを取り外す

端末内部のコネクタカバーを取り外します。

iPhoneXはすべてのコネクタが1つの場所に集結されていて本体のコネクタカバーは、ほぼこの1つだけになりました。

アイフォンXのコネクタを取り外し本体から取り外す

バッテリーのコネクタを取り外し、パネルのコネクタを取ると本体からパネルを取り外す事が出来ます。

基盤を取り外す

分解したアイフォンXの下部

iPhoneXのドックはこのあたりです。基盤はもう少し上の方にありますが、先程言ったようにiPhoneXはコネクタが1つの場所に集結されているためドックのコネクタは基盤の下を通っています。そのためまずは基盤を取り外す必要があります。

アイフォンXカメラカバーを取り外す

まずカメラのカバーを取り外します。iPhone8まではカメラをすべて覆うようなカバーでしたがiPhoneXからは違います。こんなにも細い部品がカメラを守っています。

アイフォンXの基盤のネジを取り外す

次に基盤に直接打ち込まれたネジを外していきます。

アイフォンXのSIMトレーを取り外す

そしてSIMトレーを取り外していきます。

SIMトレーは本体の外部と内部、両方に面しているため基盤を取る際引っかかってしまいます。

アイフォンXの基盤についてるコネクタをすべて取り外す

基盤に接続されたコネクタをすべて取り外します。

アイフォンXの基盤を本体から取り外す

これで基盤を取り外すことが出来ます。

ドックを取り外す

アイフォンXの下部のパーツカバーを取り外す

iPhoneXのドックはオーディオやバイブレーションなどの部品の下にあるため、まずはそれらの部品をとっていく必要があります。

アイフォンXのオーディオチップを取り外す

まずオーディオ部品を取り外します。下にドックのコネクタが見えてきました。

アイフォンXのバイブレーションチップを取り外す

そしてバイブレーション部品も同様に取り外します。

アイフォンXのバッテリーの両面テープを取り外す

これでほとんどドックが見えていますが、まずバッテリーを取り外します。iPhoneXのドックは微妙にバッテリーを通っているためバッテリーも取り外す必要があります。

アイフォンxのバッテリーを取り外す

バッテリーが取り外せました。これでドックコネクタが剥き出しの状態になりました。

アイフォンXのドックのネジを取り外す

いくつかのネジを取り外します。

アイフォンXのドックを取り外しました

そしてドックコネクタを取り外します。

原因の追求のため顕微鏡で見てみると挿入口に激しい損傷がありました。恐らく充電の接触が悪く、充電機を指した状態のまま内部でケーブルを抜き差ししたり、強い負担をかけたりして充電ができるように、いじりすぎてしまったのでしょう。

そして落としてしまった際に内部の接触状態が悪くなりショートしてしまったのではと考えます。

すべて戻す

新しいアイフォンXのドックを取り付ける

新しいドックを用意し、本体に取り付けます。

この際、本体の穴やネジの位置にぴったり合うように取り付けていきます。

ドック付近のパーツを取り付ける

ドックがついたらオーディオやバイブレーションも同様に取り付けます。

これで下部のドック付近もパーツの取り付けは完了します。

アイフォンXの基盤を戻す

そして基盤を戻します。基盤はすべてのコネクタの位置が合って無ければならないためネジ穴やSIMトレーの位置が合うように取り付けると綺麗にハマります。

アイフォンXのバッテリーを戻す

バッテリーに専用の両面テープを取り付け、戻します。

この際他の部品のコネクタは既に基盤に取り付けますがバッテリーのコネクタは必ず最後に取り付けます。

アイフォンXのパネルを戻す

次にパネルを戻します。パネルのコネクタを取り付け、最後にバッテリーのコネクタを取り付けます。

アイフォンXの底面のネジを取り外す

コネクタのカバーを取り付けたら最後に、端末を閉じ、底面にある星型のネジを戻します。

これでiPhone「アイフォン」Xのドックコネクタ修理が完了します。

ドックの修理は「充電出来ない」という症状以外にも「マイクが使えない」や「電話の声が小さい」などもありますので、もし似たような症状がありましたら是非アメモバにご相談ください!

最後までご覧頂きありがとうございました!

あとがき

直したアイフォンXを充電してテストする

電源を投入すると通電した表示が出ました。電源がついた後動作確認をすると全て問題ありませんでした!

今回のようにドックの接触不良は大変危険です。コンセントから直接来ている電気が内部で変な流電をし、データが消えてしまうことだってありえます。接触悪いなと思ったら、グリグリ動かすのではなく充電器を変えて見ましょう。それでも悪いようでしたらアメモバにお持ちください!

iPhone「アイフォン」Xのドックコネクタ修理にかかる費用はどれぐらい?

アメモバは毎日地域の修理料金をリサーチしていますので、地域最安値で対応いたします。詳しく下記よりご確認下さい。

iPhone修理のアメモバのドックコネクタ修理料金はこちら

iPhoneドックコネクタ以外の修理内容は こちら からご確認いただけます。

iPhone「アイフォン」修理のアメモバ東京上野秋葉原店はこちら

それ以外の修理対応店舗はこちら

見積もりは無料ですので、お気軽にお問い合わせ下さい。

iPhone「アイフォン」修理のアメモバ 上野秋葉原本店

〒110-0005
東京都台東区上野4-7-8アメ横センタービル1F-11号

■山手線・京浜東北線
「上野」駅不忍口徒歩約5 分
「御徒町」駅北口徒歩約5 分
■東京メトロ銀座線・日比谷線
「上野」駅5b 口徒歩約5 分

■秋葉原駅より徒歩約10分