iPhoneSEが充電できない!修理に出す前に試しておきたい4つの方法

iPhoneSEが充電できない!修理に出す前に試しておきたい4つの方法

  • 2020.07.21
  • 2020.07.21

iPhoneSEは使う時には必ず充電をしなければなりませんが、これらが充電できなくなってしまうようなことがあります。そうした場合には試しておくことが有りますから、まずは色々な方法を試してみることが大切です。

まず、充電ケーブルやコンセントの確認

まず第一にiPhoneSEが充電できなくなっている原因として一番多いのが充電ケーブルの断線や、コンセント部分の接触不良です。これらの場合には充電ケーブルを交換してしまうか、コンセント部分に異常が有るのならばコンセント部分を、あるいは両方に原因が有るのならば新しいものを購入してしまうだけでも、スムーズに充電が出来るようになります。このためまず第一に断線していないのかどうかや、コンセント接続部分に接触不良がないか、あるいはちゃんと接続されているかどうかを必ず調べていくことが大切となりますから、充電できなくなった場合にはまっさきにこの点をチェックしていくことにしましょう。

第二充電コネクタの部分の確認

これ以外に充電不能になるケースとしては、端子そのものが汚れていたり、差込口の部分に異物が詰まっている場合です。異物がある場合には接続するときに接続できないことも有りますが、かなり小さい異物の場合には気づかないこともあるのです。ライトなどでtらしてみて、差込口や接続部分に何か以上がないかどうかを調べてみましょう。もし少しでも小さな異物があった場合には、それらが電流を遮断する原因となっていることがほとんどですから、取り除くようにして、接続できるかどうかを確認してってみるのもよいです。大抵の場合、異物が原因で充電が出来なくなったケースにおいては、原因である異物を取り除くという作業をするだけで使い始めることが出来るようになりますから、これから原因を探っていく際に、ケーブルは購入したばかりなのに、充電することが出来なくなっていると感じた場合には、差込口部分の異物などを必ず調査するようにすることが大切です。異物が大きければ大きいほど充電トラブルにつながることが有りますから、ないかどうかを必ず確認するようにして充電の妨げになっているものはないかを必ず調べていくことが大切になっていきますので、充電をしようと考えている方の中で、充電できないからすぐにお店に修理に出そうと考えるのではなく、こうしたトラブルなどがないかどうかなどを考えていくことも必ず必要になってきますので、出そうと思った前に異物が挟まっていないかどうかなどのチェックをしていくことにするのが大切になってきます。

バッテリーの確認

これ以外に充電不能になっているケースとしては、まずiPhoneSE本体のバッテリーがゼロ%になっているケースです。充電がゼロになると充電中をあらわすランプも点灯しなくなることがありますから、ゼロになってからもしばらく放置していたようなケースにおいては、何分か充電ケーブルを差し込んでみることにしましょう。本体に十分な電力が供給されていくことにより、充電中を示すランプが点灯しますので、それにより充電中であることを容易に判断することができますので、まずは色々調べていくことが大切になってきますから、充電できなくなった場合には、本体にどれくらい容量が残っていたのかを思い出すようしてみるとよいでしょう。十パーセント以下の容量であった場合には、自然放電によってゼロ%になってしまっているケースも少なくありません。そうした場合には、iPhoneSEに充電ケーブルを差し込んでも充電中とはならずに、しばらく経たなければ動作しないことがありますから、まずケーブルを差し込んでみてしばらくおいてみるという作業が必要になってきますので、充電できないと感じた場合にはこうしたことを試してみるようにして、出来る限り回復するか否かを待ちづつけることにしていくことが大切になりますから、充電の際には出来る限り、こうしたことを使うようにすることが大事になっていくのです。

差し込み口の確認

iPhoneSEが充電できないケースとしてはまれなケースで汚れによって充電が出来なくなっていることがあります。本体とUSBを繋ぐ差込口部分に汚れが生じている場合には、その程度によって大きく変わってきますが、原則として汚れの程度が大きければ大きいほど接続不良のトラブルに見舞われてしまうケースも少なくありません。日頃使い続けていくうちに、不衛生な環境で使っているケースでは、かなり汚れている例なども少なくありませんので、差込口部分に汚れが出ていないかどうかなども必ずチェックしていくことにしましょう。チェックしてみて目に見えるような汚れがある場合には、それらをしっかりと取り除いてしまうだけでも、直ることが有りますから、是非こうした方法を試してみることにしましょう。iPhoneSEは充電できなくなるということは少なくありませんので、こうした4つの方法を試してみることで動くケースなども有りますから、修理に出す前に対策することが大切です。