iPhone「アイフォン」が充電できなくなった時に考えられる原因3選!

iPhone「アイフォン」が充電できなくなった時に考えられる原因3選!

  • 2021.06.10
  • 2021.06.11

iPhone11 Pro Max̩の充電アダプター

皆さんこんにちは! iPhone修理のアメモバです!
本日は iPhone「アイフォン」の充電ができなくなったり、充電供給パーツの「ドックコネクター」が故障してしまった際にやるべき対処法をいくつかご紹介したします。

 iPhoneの充電までの仕組み

iPhoneの回路図3種類

iPhoneの充電では基本的に、コンセントに繋ぐ電源アダプターからライトニングケーブルを通して端末内に入り込みます。
そしてライトニングを少し固定するパーツが、先ほど紹介した「ドックコネクター」というパーツです。そしてドックコネクターは基盤まで電源を供給し、基盤からバッテリーに電気が送られます。そこで初めて充電が溜まっていくわけです。

これだけ多くのパーツや箇所を通るため、一言に充電ができないと言っても原因は一つではありません。

そこで今回は、症状に合わせて適切な対処ができるように、ある程度症状を特定するところから入ります。

また、これから紹介していく対処法は、充電器は正常であることが前提で進めていきます。

充電ができなくなるまでの経緯と対処法

充電できなくなった経緯と辿ることで、原因が特定できる場合があります。

前から接触が悪かった

充電ジャックやスピーカー

充電できなくなるまでに何度か接触不良があった場合には、ドックコネクターのライトニングを挟む部分に問題がある可能性が高いです。というのもドックコネクタは特にガードするものがなく、水やゴミを避けることができません。それに一日に何回も充電で接続するため、他の部分よりも劣化がはやく、故障や不具合を起こすことは少なくありません。

特に充電しながら携帯をいじっていると、充電器もそうですが、ドック部分への負担は思っている以上に多いです。

こういった経緯がある方は一度安全ピンやクリップ、SIMピンで中のゴミを取ってみてください。なお奥や再度に配線はないため、多少の接触は問題ないですが、上下の面は配線があったりするので、あまり強くイジると故障してしまう可能性があります。

充電マークが表示されるが一向に溜まらない

iPhone8Plus充電

過去にバッテリー交換した経緯がある、もしくはかなり劣化したバッテリーを使用している場合に多く起きる症状で、充電マークが出ていても充電が溜まらない、もしくは0%でフリーズしているなどは、バッテリーの故障が原因である可能性が高いです。

この場合、すぐにできる対処法はなく、お近くの修理店でバッテリー交換してもらうしか修理する方法はありません。ただシステム上での不具合の可能性も十分にあるため、ソフトウェアが最新ではない場合、一度最新バージョンにアップデートすることをオススメいたします。しかしバッテリーが正常に動作していなければ、アップデートができないことがあります。その場合はパソコンに接続して行う必要があります。

そもそも電源がつかない

充電器に接続しても一向に電源が点かず、全くわからない場合、ドックやバッテリー、もしくは基盤ごと不具合を起こしている可能性だってあります。その場合、実際に中を確認しないと何もわからないため、一言で原因を紹介することは難しいです。そのため確認や見積もりができる修理店、万が一のために基盤修理にも対応している修理店にお持ちした方が良いでしょう。

iPhone修理のアメモバでは、確認や見積もりが無料! さらに全て自社で修理を行なっているため、基盤修理にも爆速で対応でいます。

iPhone「アイフォン」のドックコネクタ交換費用はどのぐらいかかる?

アメモバは常に地域最安値でiPhone修理をやっています!もしiPhoneに関するトラブルや質問がありましたら是非アメモバにお聞き下さい!お見積り、お問い合わせだけのお電話ご来店も大歓迎です!

iPhone「アイフォン」修理のアメモバ 東京上野秋葉原店のドックコネクタ交換修理料金は こちら

iPhone「アイフォン」修理のアメモバのドックコネクタ交換以外の修理料金は こちら

それ以外の店舗は こちら よりご確認下さい。

iPhone「アイフォン」修理のアメモバ 東京上野秋葉原本店
〒110-0005
東京都台東区上野4-7-8アメ横センタービル 2F
■山手線・京浜東北線
「上野」駅不忍口徒歩約5 分
「御徒町」駅北口徒歩約5 分
■東京メトロ銀座線・日比谷線
「上野」駅5b 口徒歩約5 分
■秋葉原駅より徒歩約10分