iPhoneが充電出来ない!iPhone「アイフォン」8のドックコネクタ修理事例

iPhoneが充電出来ない!iPhone「アイフォン」8のドックコネクタ修理事例

  • 2020.09.19
  • 2020.09.19

iPhone8の充電機を接続しても充電出来ない

皆さんこんにちは!iPhone修理のアメモバです!

本日は足立区のY様からアメモバ東京上野秋葉原店へiPhone「アイフォン」8のドックコネクタ修理依頼がありました。経緯としては最近充電の接触が悪く、充電器が原因かと思い新しいものを買って試したそうですが、症状は良くならずアメモバに持ってきたそうです。

iPhoneの充電口を含むパーツをドックコネクタと言います。ドックコネクタの故障による症状は「iPhone8 充電できない」の他にも「iPhone8 マイクが小さい」や「iPhone8 勝手に再起動」などもドックコネクタが原因であることがあります。

皆さんも万が一、充電やマイクに関する不良がありましたら是非アメモバにお持ち下さい!

それではやっていきましょう!

端末を開く

アイフォン8のネジを専用のドライバーで取り外す

まず初めに端末の底面にある星型のネジを取り外します。

このネジを取り外すことはiPhone修理において初めにやる基本です。

アイフォン8のパネルを本体の間に金属のヘラを差し込む

次にパネルと本体の間に隙間を作り、金属の薄いヘラを差し込みます。

これはパネルと本体を接着している両面テープを剥がすためであり、iPhone6s以降からこの両面テープが採用されています。

アイフォン8のパネルと本体を持ち、開く

端末が開きました。

次に内部の作業に入ります。

パネルを本体から取り外す

アイフォン8のパネル用のコネクタカバーを取り外す

パネルは本体にコネクタでしか接続されていないため、そのコネクタを取り外せばパネルを本体から取り外す事が出来ます。

まず基盤にあるコネクタのカバーを取り外します。

アイフォン8のバッテリーのコネクタを取り外す

そして初めにバッテリーのコネクタを基盤から取り外します。

これもiPhone修理の基本で、iPhoneのコネクタの作業をする際はバッテリーで始まり、バッテリーで終わらなければなりません。

アイフォン8のパネルを本体から取り外す

そしてパネルのコネクタを取り外し、パネルを本体から取り外すことが出来ました。

ドックコネクタを取り外す

iPhone8の上部

iPhoneやスマートフォンのドックコネクタは大体下部についています。

ただiPhone8の場合ドックコネクタを取り外すには基盤本体を取る必要があります。

iPhone8の基盤はL字型になっている為、まずは上部のパーツを取り外す必要があります。

iPhone8の基盤を取り外し両手で持つ

上部のパーツを取り外し、基盤のネジを複数個取るとiPhone8の基盤(ロジックボード)が取り外せます。

こんな小さな基盤であの量のシステムやデータを処理していると考えると、流石Appleとしか言えません。

iPhone8の下部

やっとドックコネクタの場所にたどり着けました。

ただドックコネクタの周りにも沢山の部品やネジがあるため、まずはそれらのパーツを取り外します。

iPhone8のドックコネクタを取り外す

そしてドックコネクタが取り外せます。

顕微鏡でドックコネクタを確認すると充電口の内部に沢山の傷があり、恐らく劣化よるコネクタ不良ではないかと思われます。

新しいドックコネクタを取り付ける

iPhone8の新しいドックコネクタを取り付ける

新しいドックコネクタを取り付けます。

取り付けのコツはネジ山やマイクの位置を合わせながら取り付けていくことです。

iPhone8のドックコネクタ周辺のサブパーツを取り付ける

次にドックコネクタ周辺のパーツを取り付けます。

これでドックコネクタの付け替えが完了致します。

全て戻す

iPhone8の上部のパーツを戻す

まず基盤を戻し上部のパーツを取り付けていきます。

この際ドックコネクタも含めた周辺のコネクタを全て基盤に取り付けます。

iPhone8のパネルを本体に戻す

そして最初に取り外したパネルを本体に戻します。

パネルのコネクタを基盤に取り付けたらコネクタのカバーを戻します。

iPhone8の底面の星型のネジを戻す

そして端末を閉じ、底面のネジを戻します。

これでiPhone「アイフォン」8のドックコネクタの修理紹介を終わります。

最後までご覧頂きありがとうございました。

チェックとあとがき

iPhone8に充電機を接続して充電出来ました

端末に充電機を差し込むと無事充電が開始されました!マイクなども問題なく動きiPhone「アイフォン」8のドックコネクタの修理は無事完了致しました。

今回はiPhone8のドックコネクタ修理を紹介しましたが、もちろんiPhoneX以降、またはiPhone8前の端末でも修理可能でございます。ドックコネクタというのはiPhone8の場合基盤まで取り外す必要があり、他のパーツの修理と違い特に慎重に行う必要があります。

なのでiPhoneのドックコネクタ修理は信頼できるプロの修理屋さんに依頼しましょう!

iPhone「アイフォン」8のドックコネクタ修理費用はどのぐらいかかる?

アメモバは常に地域最安値でiPhone修理をやっています!もしiPhoneに関するトラブルや質問がありましたら是非アメモバにお聞き下さい!お見積り、お問い合わせだけのお電話ご来店も大歓迎です!

iPhone「アイフォン」修理のアメモバのドックコネクタ修理料金は こちら

それ以外の修理メニューは こちら

iPhone「アイフォン」修理のアメモバ東京上野秋葉原店はこちら

それ以外の店舗は こちら よりご確認下さい。

iPhone「アイフォン」修理のアメモバ 東京上野秋葉原本店
〒110-0005
東京都台東区上野4-7-8アメ横センタービル1F-11号
■山手線・京浜東北線
「上野」駅不忍口徒歩約5 分
「御徒町」駅北口徒歩約5 分
■東京メトロ銀座線・日比谷線
「上野」駅5b 口徒歩約5 分
■秋葉原駅より徒歩約10分