充電が出来ないiPhone「アイフォン」7Plusのドックコネクタ修理事例

充電が出来ないiPhone「アイフォン」7Plusのドックコネクタ修理事例

  • 2020.12.11
  • 2021.04.17

皆さんこんにちは、iPhone修理アメモバです!

アメモバちゃんの画像

本日は目黒区にお住まいのM様から
アメモバ東京上野秋葉原店へiPhone「アイフォン」7Plusの

ドックコネクタ交換修理依頼があったよ!

 

経緯としましては数週間前に充電の接触が悪いと感じていましたが、充電自体は出来ていたため変わらずしようしていたところ、今朝全く充電できない状態となってしまっていた…との事でした。

iPhone7Plus充電ができない状態の写真

最初は充電器が壊れてしまったのでは?と思い、充電器を変えてみたものの充電はできず、他の端末で試してみたところ充電が出来たため、端末自体の問題だと気づいたと仰っていました。充電ができない状態では端末を満足に使用することもできないため、早めにiPhone「アイフォン」7Plusのドックコネクタ修理やっていきましょう!

端末を開く

まずは底面のネジを外し、端末を開くことから初めます。
こちらのネジはパネルと本体を内部でしっかりと固定しています。そのため落としてしまった際でも簡単に端末が開いてしまうようなことはありません。

iPhone7Plusパネルを開いた写真

無事に端末を開くことが出来ましたので、次にパネルを取り外していきます。

パネルを取り外す

ドックコネクタ修理を行うためにも、パネルは取り外します。と言ってもどの修理でも必ずパネルは取り外してから作業を行います。
パネルと本体はコネクタで接続されていますが、こちらのコネクタは何といっても切れやすく多少の衝撃でも切れてしまうことがあるため、安全に作業を行うためにもこのコネクタを外すことが重要です。

iPhone7Plusパネルが取り外せた写真

パネルから伸びているコネクタを外すのはもちろん、バッテリーのコネクタも外していきます。なぜバッテリーのコネクタを外すかというと、電源を切った状態で作業しているとは言え内部では多少の電気が残っており流れている可能性があるためです。バッテリーのコネクタが接続された状態で別のコネクタを抜くと、残っていた電気によりパーツや基盤、システムがショートしてしまう可能性があるため、安全面も兼ねてバッテリーのコネクタは一番最初に取り外します。

コネクタを無事に外すことが出来たら、パネルを取り外しドックコネクタの修理を続けていきます。

ロジックボードを取り外す

ドックコネクタというのは基盤の下を通って接続されている為、ドックコネクタを取り外す際は、まず基盤を取り外す必要があります。
まずはSIMトレイを取り外します。SIMトレイは直接基盤のSIMスロットに入っているため、これを取り外さないことには基盤を取り外すことが出来ません。

SIMトレイを取り外したら基盤に接続された全てのコネクタを抜いていきます。基盤にはかなりの数がありますが一個ずつ丁寧に取り外していきます。もちろん取り付ける際にネジを取り付け間違わないように、取り外した際のネジの保管位置も重要です。

iPhone7Plus基盤を取り外そうとしている写真

全てのネジとコネクタを取り外すことが出来たら、基盤を取り外す事が出来ます。基盤にはお客様のデータ等も入っているので、とても慎重に取り外し保管しておきます。

ドックコネクタの周辺パーツを取り外す

基盤を取り外すことが出来たら、ドックコネクタ周辺のパーツを取り外していきます。現状では下部の部分はバイブレーションやスピーカーなどのパーツによって覆われており、ドックコネクタを取り外すことが出来ません。そのためまずはこれらのパーツを取り外していく必要があります。

iPhone7Plusスピーカーパーツを取り外せた写真

まずはスピーカーパーツを取り外していきます。小さなパーツではありますが、とてもキレイな音を出してくれるパーツのためこの中に詰まっている技術は計り知れませんね。

iPhone7Plusバイブレーションパーツを取り外せた写真

次はバイブレーションパーツ本体を取り外します。こんな小さなパーツなのにあれだけの振動を起こせるものとなると、スピーカーに続き、こちらも計り知れない技術が詰まっていますね。

iPhone7Plusドックコネクタを取り外している写真

2つのパーツを取り外すことが出来、ドックコネクタの全貌が見えました。コネクタというだけあり、薄いコネクタと充電口パーツのみが取り付いている状態となります。ドックコネクタはネジなどで固定されているわけではなく、両面テープで固定されています。このコネクタも薄く切れやすいため慎重に剥がしていきます。

ドックコネクタを付け替える

先程、ドックコネクタを取り外しましたが、取り外した後の端末の状態がこちらとなります。

iPhone7Plus全てのパーツを取り外せた写真

バッテリーだけが残り、とてもスッキリした状態になりましたね。新しいドックコネクタを用意し、本体に取り付けていきましょう。取り付ける際の注意としては位置がとても重要です。ドックコネクタの場合、位置を間違えて取り付けてしまうと先程のように沢山のパーツ取り外して再度付け直す必要があります。

新しいドックコネクタを固定している写真

そのため、充電口部分にコンセントを刺し固定した後、取り外したパーツと一緒にネジを締めればドックコネクタの移植とパーツの取り付けが完了します。既にパーツを取り付けてしまっている状態ではありますが、ここまで来てしまえばコンセントは抜いてしまいます。

全て戻す

取り外した基盤やパーツを元に戻していきます。

iPhone7Plus基盤を取り付けている写真

いくつかのネジを取り付け、位置を確認しながら取り付けていきます。基盤やパーツを取り付けることが出来たら最初に取り外したパネルを元に戻します。

iPhone7Plusコネクタカバーを取り付けている写真

パネルのコネクタとバッテリーのコネクタを取り付けたら、コネクタを守る役目をしている金属カバーもしっかりと取り付けることが出来たら、パネルをしっかりと本体を噛み合わせ本体を閉じます。

iPhone7Plus底面のネジを取り付けている写真

最後に底面のネジを締め直したら、iPhone「アイフォン」7Plusのドックコネクタ修理が完了です!
最後までご覧頂きありがとうございました。

チェックとあとがき

電源を入れ充電が出来るかを確認していきましょう。

iPhone7Plus充電が出来た写真

問題なく充電が出来ていますね!

今回はiPhone「アイフォン」7Plusのドックコネクタ修理を紹介させて頂きました。
ドックコネクタが完全に故障してしまうと下部パーツの全てが使用出来なくなってしまう可能性もあるため、とても下部に置いて重要なパーツです。最悪の場合、リンゴループが起きてしまうと大事なデータまで危ない状況になるため、ドックコネクタはパーツの中でも影響力がとても高いものとなります。

iPhone「アイフォン」7Plusのドックコネクタ交換費用はどのぐらいかかる?

アメモバは常に地域最安値を目指してiPhone修理をやっています!
只今キャンペーン中の為、Googleにてスマホ「iPhone」修理のダイワンテレコム 東京上野秋葉原店と検索して頂き、口コミを投稿していただくだけで修理料金から200円割引させていただきます!(※口コミ記入後、お店にてレビュー投稿されているかを確認させて頂き、その後返信をさせていただきますので、削除等しないようお願い致します。)

液晶交換費用のご確認は下のボタンを押すと確認できます。

 

iPhone「アイフォン」修理のアメモバのドックコネクタ交換以外の修理料金は こちら
東京上野秋葉原本店以外の店舗は こちら よりご確認下さい。

iPhone「アイフォン」修理のアメモバ 東京上野秋葉原本店
〒110-0005
東京都台東区上野4-7-8アメ横センタービル2F

■山手線・京浜東北線
「上野」駅不忍口徒歩約5 分
東京メトロ銀座線・日比谷線
「上野」駅5b 口徒歩約5 分
■秋葉原駅より徒歩約10分