iPhone「アイフオン」8画面がつかない場合、弊店液晶画面交換即日修理対応できます!

iPhone「アイフオン」8画面がつかない場合、弊店液晶画面交換即日修理対応できます!

  • 2021.07.24
  • 2021.08.02

神戸市東灘区からお越しのK様より、iPhone「アイフオン」8の画面が急に全くつかなくなり、修理できますかとまずお電話でのお問い合わせをいただきました。聞くと他の修理店でパネル交換は試してみたが画面は全くつかなかったそうです。しかし中の動作はしている様子だという事で、もう一度液晶画面交換をテストしてみましょうかとご提案しました。それでもだめであればアメモバ修理は基盤修理も可能なことをお伝えしました。本日アメモバにご来店くださいました。

iPhone「アイフオン」8修理受付開始

今回のようなケースでは最初の点検が全くできないため。指紋認証など修理してみないと正常に動くかどうかはわからないことを先にお客様にお伝えしておきます。

iPhone「アイフオン」8修理手順

ステップ①まずフロントパネルの2本の星ネジを外す

iPhoneはシールだけでなく、底部にしっかりとしたネジが2本付いていて、フロントパネルの裏のパーツの上部の爪と星ネジ、防塵防水シールでパネルを密着させています。

ステップ②iPhone本体を開く

画面と本体の間には防塵防水シールがついていますのでヒートガンで1-2分温めます。薄い開口工具で少し開けて、少し空いてプラスチックの開口専用の工具に切り替えます。本体に傷をつけないよう慎重に外します。

ステップ③フロント画面の接続部分を外す

開きましたら、次はバッテリー、フロントパネルを繋ぐコネクタの固定プレートを外し、接続部分をプラスチックでできている専用工具で外します。画面がつかないので電源は画面上オフにできないので、バッテリーの接続部分を先に外し強制的にオフにします。

次に同じように、上部にある、近接、インカメラ、イヤースピーカーなどのコネクタを外します。こちらも固定プレートをまず外してから、接続部分をプラスチックの工具で外します。こちらは爪があるタイプの工具では外しにくいかもしれませんのでスパジャの先端で外します。接続部分には金色の端子があります。傷つけないそうに慎重に外します。

ステップ④新しい液晶画面をテストしてみる

iPhone「アイフォン」8パネル交換修理

まだパーツを移植する前に、液晶画面を本体に接続してみます。これで画面が起動すると修理可能だからです。画面は無事に作動しました。(ここでお客様に一度ご報告、大変喜んでくださいました)ここから、フロント画面のパーツを移植するものでもう少しお時間を頂くことをお伝えして作業を続けます。

ステップ⑤フロント画面のパーツを新しい画面に移植

iPhone「アイフォン」8パネルホームボタンパーツ移行

フロント画面に付いている、ホームボタンをまず外します。

iPhone「アイフォン」8パネルパーツ移行

つぎに近接、インカメラ、イヤースピーカーなどがセットになっているコネクタを外します。iPhone8はフロント画面の裏にコネクタ類を固定する大きなパネルもありますのでこちらも外します。
外したパーツを新しいフロント画面に移植します。

ステップ⑥フロントパネルを戻して点検

iPhone「アイフォン」8パネル交換テスト

フロントパネルを元に戻して点検をします。今回はSIMをもう抜かれていましたので、普段は電話を実際にかけて点検をしますが他の方法で点検をしました。無事修理完了です!お客様にも指紋認証などご確認いただきました。

iPhone「アイフオン」8液晶画面交換修理料金及び店舗情報

iPhone修理のアメモバ 店舗情報及び修理料金はこちらからご確認できます。