iPhone7Plusのタッチパネルに異常が!原因となりえる6つの項目とは?

iPhone7Plusのタッチパネルに異常が!原因となりえる6つの項目とは?

  • 2020.07.24
  • 2020.07.24

自分では操作していないのにiPhone7Plusのタッチパネルが動いていたという現象があります。お化けが操作してような症状なのでゴーストタッチなどと呼ばれていますが、そのままの状態にしておくとデータやアプリなどが勝手に削除されてしまうケースもあるので注意が必要です。自分の知らないタイミングで誤発信してしまい、友人に迷惑をかけてしまうかもしれないので早急に対処しなければいけません。タッチパネルが誤動作していても、すぐに故障であると思いこんでしまい修理に出すのは少し待ってみましょう。このような症状は部品などが故障しているとは限らないからです。iPhoneが適切な動作を行わない原因としてはいくつか考えられます。
例えばフィルムに問題があることがあげられます。フロントパネルに貼ってある保護フィルムやガラスなどが原因になっていることは多く、iPhoneには静電容量方式と呼ばれているタッチパネルが導入されており、指の微弱な電荷に対してセンサーが感知するという仕組みです。画面にフィルムを貼ってある状態はセンサーの付いているフロントパネルや、操作する指の間などに不要なものを挟んでいるという状態になります。ほとんどのフィルムはタッチパネル操作などに影響を及ぼさないため、きちんと設計されているものです。フィルムの材質や利用者の肌質、その人が電気をためやすい体質かどうかなどを考慮してみると、ときどき相性の良し悪しから誤動作が起きるというケースがあるかもしれません。保護フィルムを交換してみると症状が改善されることがあります。
ソフトウェアに問題があるケースがあり、フロントパネルといったハード面の要因ではなく、ソフト面において問題がありゴーストタッチが起こるということもあるでしょう。フィルムにも問題がない場合、最新版のOSアップデートに関する通知が届いているならOSの更新を試してみることをおすすめします。例えば操作ができずにアップデートすることができなかったりそれでも解決しない場合、強制的に再起動を行ったり初期化することで解決するケースもあります。但し、このような作業はデータやアプリなどの消失のリスクを伴う作業になるので注意が必要です。もしバックアップをとらずに作業を行い、データが消えてしまうと元に戻すことはできません。必ずバックアップをとってから自己責任で行うことにしましょう。
ディスプレイにも問題があることがあり、フィルムやソフトウェアにも原因がないなら、パーツが故障している可能性があります。パーツの故障になると修理を検討しなければいけないでしょう。フロントパネルに関しては自分で交換することができますが、必ずしもフロントパネルが悪くなったと断定することはまだできません。もしフロントパネルが原因ではない場合、問題のある箇所を特定することになりますが素人が行うのは難しいこともあり、もし無理してしまってさらに壊してしまうこともあるでしょう。自分で作業しようとしないで修理専門業者に依頼することをおすすめします。もし保証期間内において利用者に過失がない自然的な故障の場合、無償で交換してくれる可能性もあります。修理専門業者に相談してみると何かしらアドバイスを得ることが可能です。
バッテリーにトラブルがあるとうまく動作しないことがあります。バッテリーが膨張するとフロントパネルを中から圧迫することがあり、圧力からゴーストタッチが起きるケースもゼロではないです。もし目視で確認できるぐらいバッテリーが膨張していたり、フロントパネルやボディなどの間に隙間があるかもしれません。画面に青線や白い圧力痕などがある状態に関して、バッテリーが膨張している典型的な症状になります。これらのような症状がないか確認することをおすすめします。
画面が割れていることによってうまく機能しないこともあり、画面が割れているとその割れている箇所だけが反応しないわけではなく、ゴーストタッチが引き起きるケースも十分考えられます。すぐに修理専門業者に修理依頼をおすすめします。タッチパネルセンサーはフロントパネルの中にあるので、液晶の上下が割れていてもゴーストタッチが起こりえるので注意が必要です。
端末が落下したり湾曲したり、水漏れなどが原因のケースもあります。画面割れと同じく落下したり湾曲したり、水濡れなどがある状態においても正常な動作が保証されていません。重破損や水濡れといった内部基板の腐食に関して、どのような誤動作が起きてもおかしくない状態になります。専門業者へ修理を早めに依頼することをおすすめします。外観に破損がなかったり水に濡らした記憶がなくても、知らない間に目には見えない被害を内部で受けているケースも否定できません。自分で分解したり修理するのは困難なので、一度修理専門業者に相談し確認してもらうと安心・安全にまた利用することができます。

iPhone修理のアメモバの修理内容は こちら

iPhone修理のアメモバ 神戸三ノ宮店の店舗情報及びiPhoneの液晶不良修理料金表は こちら

iPhone「アイフォン」修理のアメモバ 神戸三宮店

住所:〒650-0012
神戸市中央区北長狭通2-31-67 高架下店舗(北側)
アクセス方法
JR神戸線
「三宮」駅西口より徒歩約5 分
「元町」駅より徒歩5分
阪急線
「三宮」駅より徒歩約3分