Voice Overが止まらないiPhone「アイフォン」6s plus液晶画面交換修理事例

Voice Overが止まらないiPhone「アイフォン」6s plus液晶画面交換修理事例

  • 2021.07.22
  • 2021.08.01

こんにちはiPhone修理のアメモバです。本日は神戸市中央区からお越しのH様、iPhone6s plusを落としてして画面に縦線が入りタッチが効かなくなり、翌朝はそのiPhoneの画面は真っ暗になりiPhoneから音声が勝手に流れてきたそうです。受付時も同じ画面が真っ暗な状態で、しかし音声は聞こえている状態でした。修理前点検は全くできないので料金と修理時間をお伝えしてまずは画面テスト開始です。

6splus画面割れ202103221

 6splus画面割れ202103222

iPhone6s plusガラス画面交換修理手順

ステップ①フロントパネルパネルを本体から取り出す

端末の底部にある星型の2本のペンタローブネジを外します。開口用の金属のヘラを差し込みます。このヘラを差し込みぐるりと一周します。上部には爪が少しありますのでここはiPhoneを立てて下に3-5ミリ程ずらして、上部の爪を外します。

iPhone6s plusは縦にパネルを開きます。上部にパネルやその他のコネクタが集結しています。コネクタは短いので、フロントパネルは90度以上開かないように気をつけます。フロントパネルの後ろに空き箱などで支えをしておきます。

6splus画面割れ202103223

まずバッテリーのブラケットを外します。プラスのネジで外します。ネジを全部外したらプラスチックの工具でバッテリーの接続部分を最初に外しておきます。接続部分は軽く上に持ち上げておきます。これで電源が完全に切れました。この状態で次の作業に進みます。

右上にある、ブラケットを外します。こちらもプラスネジです。フロントパネル、近接、イヤースピーカー、光センサー、フロントカメラなどのコネクタです。その接続部分を外します。

これで完全にフロントパネルが外れて、本体とフロントパネルが分離されました。

ステップ➁古いフロントパネルから部品を外す

フロントパネルにはホームボタンがついています。ホームボタンは基盤とつながっていて、指紋認証も同じく基盤につながっています。

次に上部の方についている、近接、イヤースピーカー、光センサー、フロントカメラなどが一つになっている部品を外していきます。フロントカメラ、近接には透明のプラスチックのカバーが付いていますので忘れずに移植します。全て外れたところで、フロントの裏にあるバックプレートを外します。バックプレートもネジでフロントパネルに止まっています。

6splus画面割れ202103224

ステップ③外した部品を新しいフロントパネルに戻す

新しいフロントパネルを用意し、戻す時には外した時と逆に、バックプレートから止めていきます。そこに各パーツを移植していきます。ホームボタン、近接、イヤースピーカー、フロントカメラなど全て元に戻して行きます。ペンタローブネジで止めて修理は完了です。です。

iPhone6s plusガラス割れ画面交換修理料金

5800円+消費税でございます。

iPhone6s plus液晶画面交換修理時間

お時間は修理前点検を含めて45分でした。

iPhone修理のアメモバ 店舗情報及び修理料金はこちらからご確認できます。

チェックとあとがき

電話をかけて、イヤースピーカーなど正常に動いているかをテストします。タッチパネルなど正常に動いているか全体をタッチして確かめます。お客様にも動作確認して頂き、修理は無事修理完了です。ゴーストタッチもおこっていましたがデータはそのまま無事お返しすることができました。

6splus画面割れ202103225

今回はフロントパネルの液晶が破損していて何も操作できないのに、ゴーストタッチでVoice overのスイッチが入ってしまったようです。「設定」→「一般」→「アクセシビリティ」→「Voice Over」画面にたどり着くとONとOFFを選択できます。今回はこのVoice Overをオフにしてから、修理に入りました。本来なら電源ボタン3回押す、ホームボタンを同じく3回押すなどの対処法があるのですがどれも解除できませんでした。またまれにゴーストタッチでパスコードがロックになり、データが取り出せなくなることもございます。画面に異常を感じたら早目の修理がよろしいかと思います。iPhoneの故障でお困りの時には是非お立ち寄りください。気さくなスタッフが親切丁寧に対応いたします!!