画面が割れて、ほとんど真っ黒になったiPhone6s  液晶画面交換修理

画面が割れて、ほとんど真っ黒になったiPhone6s  液晶画面交換修理

  • 2021.07.18
  • 2021.08.01

画面真っ暗6s6

こんにちはiPhone修理のアメモバです。

今日は神戸市内のK様より、iPhoneの画面が割れて、ほぼ真っ黒になってしまったが直りますかとお電話をいただきました。画面をつけて見ないとわかりませんがおそらく直りますとお伝えして、すぐご来店いただきました。

画面を見ると、ガラスがかなり割れていて、中の液晶がほとんど漏れている状態でした。液晶まで漏れてしまうと画面が黒くなります。液晶が漏れていないところだけ少し画面が見えていますがタッチはできない状態です。他に不具合が無いかは今確認できませんが、液晶画面を交換してみることをお伝えして修理開始です。

iPhone 6s液晶画面交換修理手順

ステップ①本体からフロントパネルを外す

電源も切れないので、開口から開始します。フロントパネルの縁を少しヒートガンで温め両面シールを緩めます。iPhone下部の充電口の両側にある星形のペンタローブネジを2本外します。

画面真っ暗6s8

平らな工具を下部の本体とフロントパネルの間に差し込みます。かなり薄い工具をつかいます。1-2m m開いたらプラスチックの工具に変えます。ピック型のものは中に深く入り込まないような設計になっているものがおすすめです。

画面真っ暗6s7

iPhone 6sは、上部にフロントパネルと本体を繋ぐコネクタがありますので、上部を軸に開けます。コネクタが短いので90度以上開けないように注意します。これで本体とフロントパネルが分離されました。

画面真っ暗6s5

バッテリーの接続部分を覆っているブラケットのネジを外し、バッテリーのコネクタを外します。(必ずバッテリーから外し、再組み立て時も最後にバッテリーを接続してください。)

次に右上部にある正方形のブラケットを外します。フロント画面、近接、イヤースピーカー、フロントカメラなどのコネクタです。接続部分を外します。

これで完全にフロント画面が外れて、本体とフロント画面が分離されました。

ステップ➁古いフロントパネルから移植するパーツを外す

フロント画面にはホームボタンがついています。ホームボタンもブラケットを外していたから接続部分を外します。ホームボタンは基盤とつながっていて、指紋認証も同じく基盤につながっています。(故障して交換すると指紋認証は使えなくなります)次に上部の方についている、近接、イヤースピーカー、フロントカメラなどが一つになっているパーツを外していきます。プラスチックのカバーが付いていますので忘れずに移植します。近接の部分は直接工具が触れないように注意しながら慎重に外します。全て外れたところで、フロントの裏にある大きなパネルを外します。

画面真っ暗6s2

画面真っ暗6s3

ステップ③外したパーツを新しいフロントパネルに戻す

新しいパネルを用意し、戻す時には外した時と逆に、フロントパネル裏のパネルから止めていきます。そこに各パーツを移植していきます。ホームボタン、近接、イヤースピーカー、フロントカメラなど全て元に戻して行きます。最後にフロントパネルを本体に接続し画面が、無事着いたかをテストします。ブラケットのネジを止めます。パネルを全て戻したところでもう一度テストをして修理は完了です。

画面真っ暗6s1

iPhone6s液晶画面交換修理料金及び店舗情報

iPhone修理のアメモバ 店舗情報及び修理料金はこちらからご確認できます。