左上の欠けで徐々にタッチ不良が!?iPhone「アイフォン」Xの画面割れ交換修理事例

左上の欠けで徐々にタッチ不良が!?iPhone「アイフォン」Xの画面割れ交換修理事例

  • 2021.02.20
  • 2021.02.20

アイフォンXの左上画面割れ

皆さんこんにちは!iPhone修理のアメモバです!本日は大宮区にお住まいのK様からアメモバ東京上野秋葉原店へiPhone「アイフォン」Xの画面割れ交換修理依頼がありました。

経緯としましては2日程前に一度落としてしまい画面左上が粉々に割れてしまいました。左上の部分のタッチが明らかにおかしくなり、内部のセンサーパーツが見えてしまっています。

お客様は応急処置としてテープで塞いだそうですが、FaceIDが使用出来なくなるのも不便で、そもそも左上のタッチが効かない時点で大体のページで戻るボタンが押せず、かなり不便なため修理依頼して頂きました。

こちらのお客様は事前にお電話でお見積りとご予約頂いており、その時点ではタッチ不良はそこまでひどくなく、電話出来るくらいでしたが、今では液晶の四分の一が反応しない状態まで劣化してしまっています。

変なゴーストタッチなどの不具合が起きる前に早速iPhone「アイフォン」Xの画面割れ交換修理やっていきましょう!

パネルを取り外す

アイフォンXのパネルを開く

まずは端末を開き、内部の確認が出来る状態にします。

画面割れの際は特に内部にまでガラスの破片や異物が入り込んでしまっている場合があり、その小さな破片や異物は基盤の1mmにも満たない数百個のコンデンサには強敵です。

今回の端末はいくつか小さな破片が入り込んでいたためこの時点で取り除いておきます。

アイフォンXの接続部分を取り外す

次に内部にパネルと基盤を繋げているコネクタが取り付けられているため、そこからパネルとバッテリーのコネクタのみ取り外していきます。

この時バッテリーまで取り外す理由としてはバッテリーという電源を完全に断つ事で、端末を完全に0状態にすることができ、基盤やシステムのショートを防ぐことが出来るからです。

アイフォンXのパネルを完全に取り外す

これでパネルを完全に取り外す事ができます。

パネルパーツの移植

アイフォンXの上部パーツを確認する

iPhoneXの場合、実はパネルパーツは1つしかありません。

それがこの近接センサーパーツで、このパーツの中に必要な機能は全て組み込まれています。例えば近接センサーは名前の通りでイヤスピーカーや環境光センサーなども機能として付いています。

この近接センサーはかなり重要でポートレートカメラやFaceIDにも使用されています。もちろんFaceIDの主な部分は本体側のドットプロジェクターというパーツがあるのですが、それ以外にも様々なところから力を借りてFaceIDが動作しているため、1つが欠けるだけでFaceIDは使用できなくなってしまいます。

さらに一度壊れたFaceIDは治す事が簡単ではなく、アメモバのFaceID修理事例でいうと1時間程度で治る場合もあれば3時間以上かかってしまう場合もあるため、それだけ精密であることがわかります。

アイフォンXの上部パーツを取り外す

そのパーツはマイナスドライバーのようなもので取り外していきますが、この近接センサーパーツはパネルガラスと両面テープで取り付けられている為、簡単には取り外せず、少し位置がズレてしまうと簡単に壊してしまうため、特に慎重に行う必要があります。

アイフォンXの上部パーツを取り外す

これで唯一のパネルパーツの近接センサーパーツを取り外す事が出来ました。

外装から確認しても損傷などはなく、問題なく取り外しが完了しました。

アイフォンXの上部パーツを取り付ける

そして新しいパネルを用意し、本体に取り付けます。

これでパネルパーツの移植が完了します。

全て戻す

アイフォンXのパネルを本体に戻す

まずパーツの移植をした新しいパネルを本体に取り付けていきます。

この時に一緒にバッテリーのコネクタも戻しますが、冒頭でご紹介させて頂いた通り、基盤には数百個という数のコンデンサが取り付けられており、それはコネクタソケット周辺にもあります。

そのため、それらに触れないようにしながら取り付けていく必要があります。

アイフォンXの底面ネジを戻す

あとば端末を閉じ、底面のネジを取り付ければiPhone「アイフォン」Xの画面割れ交換修理が完了致します。

最後までご覧頂きありがとうございました。

チェックとあとがき

新しくパネルを交換したアイフォンX

電源を入れ、確認すると問題なく点き、動作や表示に関しても全て正常です。

今回はiPhone「アイフォン」Xの画面割れ交換修理事例を紹介させて頂きました。このような画面割れはかなり危険で、最初確認した時に内部が少し見えており、密封状態が保たれていませんでした。

iPhoneなどの精密機器において密封性というのはかなり重要で、たとえ大きな異物が入らなくとも小さなチリやゴミが、数日に渡って入り込む事で、簡単に基盤や他のパーツを故障、ショートさせてしまいます。

基盤がショートしてしまった場合、時間もかなりかかり通常の修理では治すことが出来ず、データが戻ってくるかもわからなくなります。

それから密封性が失われた事により、防水性能は著しく低下し水没の危険性も高くなります。端末の安全を保つために出来れば早めに割れたら修理をして、ストレスのない液晶にしましょう!

iPhone修理アメモバでは地域最安値で修理をしており、画面割れ交換修理も30分程で完了します。

iPhone「アイフォン」Xの液晶交換費用はどのぐらいかかる?

アメモバは常に地域最安値でiPhone修理をやっています!もしiPhoneに関するトラブルや質問がありましたら是非アメモバにお聞き下さい!お見積り、お問い合わせだけのお電話ご来店も大歓迎です!

iPhone「アイフォン」修理のアメモバ 東京上野秋葉原店の液晶交換修理料金(重度)は こちら

iPhone「アイフォン」修理のアメモバの液晶交換以外の修理料金は こちら

それ以外の店舗は こちら よりご確認下さい。

iPhone「アイフォン」修理のアメモバ 東京上野秋葉原本店
〒110-0005
東京都台東区上野4-7-8アメ横センタービル2F
■山手線・京浜東北線
「上野」駅不忍口徒歩約5 分
「御徒町」駅北口徒歩約5 分
■東京メトロ銀座線・日比谷線
「上野」駅5b 口徒歩約5 分
■秋葉原駅より徒歩約10分