液晶に黒い丸が出現!?iPhone「アイフォン」Xの画面割れ交換修理事例

液晶に黒い丸が出現!?iPhone「アイフォン」Xの画面割れ交換修理事例

  • 2021.07.17
  • 2021.08.01

アイフォンXの上部にある黒い模様

皆さんこんにちは!iPhone修理のアメモバです!

本日は江東区にお住まいのE様からアメモバへiPhone「アイフォン」Xの画面割れ交換修理依頼がありました。

経緯と症状

アイフォンXの画面上部が割れている

経緯としましては外出中にアスファルトの階段に落としてしまい、本体に傷がついてしまったのはもちろん画面まで割れてしまいました。

電源をつけてみると黒い丸のような物が出ていたそうです。これはiPhoneX以降のOLEDパネルによく見られる症状で、いわゆる「液晶漏れ」です。OLEDパネルとは、今までのLCDパネルと違い、発色も綺麗で画期的なパネルでした。

しかしOLEDパネル特有の液晶漏れや緑の線などデメリットも沢山あります。元々OLEDパネルは画期的ではあったが耐久性の問題からあまり期待されていなかったのです。

その後AppleがOLEDパネルを採用し、質も申し分ない程の出来で、スマートフォン界の先頭を行っているということを改めて実感しました。ただやはり通常使用が目的のため、落としたりすると今回のような不具合を起こす可能性が高いです。

耐久性については総合的に見て若干LCDパネルの方が高かったようにも思えます。

それではiPhone「アイフォン」Xの画面割れ交換修理やっていきましょう。

画面を取り外す

アイフォンXの底面ネジを取り外す

まず底面からペンタローブネジという星形のネジを専用のドライバーで取り外していきます。

このネジは端末内部でパネルの金具を固定しており、今回落とした際にパネルが開かなかったのはこのネジのおかげです。

充電口の両サイドに取り付けられているため、両方とも取り外します。

アイフォンXの端末を完全に開く

そしてヘラを使いながらスライドする事で、端末を開く事ができます。

画面割れの際に必ず確認するのが、端末内部のゴミや破片です。ガラスが割れると少しでも内部の密封性が損なわれるため、外部のゴミやその割れた破片が入り込んでいる場合があり、それが基盤などの小さなコンデンサを傷つけてしまう可能性があります。

今回は内部の心配は無さそうです。

アイフォンXの内部にあるバッテリーとパネルのコネクタを取る

次に内部の基盤にあるコネクタ接続部分からバッテリーとパネルのコネクタを取り外していきます。

これらのコネクタはとても薄く、最低限のコネクタの役割しか果たしていません。ただこれに傷がつくだけで簡単にパネルがつかなくなったりタッチ不良を起こします。

そのためなるべく負担をかけないように基盤のソケットから取り外す必要があります。iPhoneXの場合、バッテリー、パネル、タッチ、パネル部品の計4つのコネクタがあります。

アイフォンXのパネルを完全に取り外す

これで画面を完全に取り外す事ができます。

もちろんパネルは最後に戻すため、一時的に保管しておきます。

画面パーツの付け替え

アイフォンXのパネル上部を確認する

先程取り外したコネクタの中で出てきた画面パーツです。

iPhoneXの場合、画面パーツは主に1つしかありません。このパーツの役割としては近接センサーやイヤスピーカーなどの機能があり、この近接センサーというのがかなり重要で、主に近くに接近するものはあるか、電話中耳についているかなどを感知しています。

そのセンサーはFaceIDでも使用するため、万が一このパーツ、近接センサーが壊れるとFaceIDが使えなくなります。FaceIDは他のパーツと違い、シリアルによって基盤と紐付けの設定がされており、通常のパーツ交換では修理できません。

もちろんiPhone修理のアメモバはFaceIDの修理も受け付けておりますが、大体1時間から3時間ほどかかってしまいます。そのため特に注意して取り扱う必要があります。

アイフォンXの上部のパーツに金属のドライバーを当てる

マイナスドライバーのような小さなヘラ工具を使用して古いパネルから剥がしていきます。

基本的にこのパーツはネジと両面テープでしか固定されていません。

ただこの両面テープというのが厄介で、少しでも気を抜くとガリッと行ってしまい反動でパーツを故障してしまいます。この近接センサーという超精密部品は少しの衝撃も命取りなのです。

これで画面パーツを取り外す事ができます。

新しいアイフォンXのパネルにパーツを取り付ける

そして新しい画面を用意し、本体に取り付けます。

先程紹介したように両面テープを貼り付け、ネジを閉めれば完了です。

全て戻す

アイフォンXのパネルを取り付ける

まずはそのパーツの移植をした新しい画面を本体に取り付けていきます。

冒頭で説明した通り超薄いコネクタを軽く持ち、基盤のソケットにはめ込みます。

画面パーツやバッテリーも同様に取り付ける事で内部の作業が完了します。

アイフォンXの底面ネジを締める

最後に底面のペンタローブネジを戻せばiPhone「アイフォン」Xの画面割れ交換修理が完了します。

最後までご覧頂きありがとうございました。

チェックとあとがき

アイフォンXの綺麗になった画面

電源を入れ、確認すると問題なく点き、タッチやFaceIDも正常に動作しております。

今回はiPhone「アイフォン」Xの画面割れ交換を紹介させていただきました。
画面割れは割れ以外に、今回の液晶漏れやタッチ不良があるため、とても危険です。

実はこれらの症状がなく、ガラスが割れただけでも徐々に出てくる可能性は十分にあり、軽度割れからタッチ不良が起きた事例も少なくありません。

修理時間としては30分前後で完了するため、画面が割れてしまった際は地域最安値のiPhone修理アメモバにお任せください。

それから先程紹介したFaceIDについて、これはAppleがセキュリティを高めるために設定した物で、確かに自分のロックを知らないパーツを付けて開いてしまったら困りますよね。

これだけ厳重にされているからこそ1時間から3時間という時間がかかってしまいます。画面割れやFaceID以外の修理も沢山紹介しているため、是非そちらもご覧下さい!もちろんお電話やメールでのお問い合わせを大歓迎です。

iPhone「アイフォン」Xの画面交換費用はどのぐらいかかる?

アメモバは常に地域最安値でiPhone修理をやっています!もしiPhoneに関するトラブルや質問がありましたら是非アメモバにお聞き下さい!お見積り、お問い合わせだけのお電話ご来店も大歓迎です!iPhone修理のアメモバ 店舗情報及び修理料金はこちらからご確認できます。