iPhone「アイフォン」Xの謎の線 修理事例

iPhone「アイフォン」Xの謎の線 修理事例

  • 2021.07.25
  • 2021.08.02

アイフォン白い線

本日は台東区のA様から修理依頼がありました。依頼内容としては、一度落としてしまった時に画面割れは無かったものの左側に白い線が出てしまっている状態です。

こちらの場合、急に動かなくなったりタッチ操作に支障をきたす可能性がありますので、事態が悪化してしまう前にアメモバにお持ちいただく事を強くおすすめします!

それではやっていきます。

iPhoneを開ける

iPhone ドライバー

まずiPhoneを開けるために充電口に両脇にある星型ネジを外します。

このネジとドライバーは最初のここでしか使いません!

iPhone ヘラ

星型のネジが取れたらヘラを5mmほど差し込みます。この時入れすぎてしまうと、内部のパーツを壊してしまうことがあるのでゆっくり丁寧に4辺すべて流していきます。

iPhone中身

これでiPhoneが開きました。L型のものはバッテリーになります。

今回はバッテリー交換ではないので使用しません。

パネルを本体から取り外す

iPhone ドライバー

パネルのコネクタを本体から取り外すにはまずコネクタのカバーを外さなければなりません。

今取っているのがコネクタカバーのネジになります。

iPhoneパネル

パネルを取り出せました。今回、本体の方は使いません。

パネルの部品を取り出す

パネルとドライバー

iPhoneX以降からパネルについている部品が減り、上部だけに付いていることが多くなりました。

ネジも3つほどです。

パネル上部

ネジが取れました。あとは両面テープでくっついているパーツを取ります。

これらのパーツはとても壊れやすく丁寧に取らなければなりません。

パネル上部 取り外し

取れました。これを新しいパネルにつけて本体に戻せば修理完了となります!

チェック

iPhone修理後

タッチ感などは特に問題なく、白い線もなくなりキレイな画面に戻りました!

iPhoneの液晶不良は画面を交換すれば必ず治るわけではありません。基盤の問題だったりすると液晶修理よりも修理費用が高くなり、大事なデータを失うことだってあります。

しかしアメモバは液晶修理はもちろんのこと液晶不良を放置してしまい全くつかなくなったiPhoneからでもデータを復旧させることができます!

とにかくiPhoneのトラブルは早く治すことが一番です!

 

液晶修理の値段はいくら?

iPhone修理のアメモバ 店舗情報及び修理料金はこちらからご確認できます。