iPhoneのタッチが上手く機能しない!トラブルのケースと対処法

iPhoneのタッチが上手く機能しない!トラブルのケースと対処法

  • 2020.07.23
  • 2020.07.23

スマートフォンを使っていてタッチに反応しなくなる、というように焦るトラブルが存在します。
これはiPhoneでも起こり得るトラブルですから、ケース別の原因や対処法を知っておくのがおすすめです。
多くの機種では、その仕組みに静電気を使用しているので、冬になると指先の水分が不足して反応しなくなりがちです。
この問題に対処する方法としては、手にさらさらタイプの保湿クリームを塗って、潤いを保つようにするやり方が挙げられます。
保湿クリームの使用を行えば、手の肌荒れ対策にもなりますから、まさに一石二鳥だといえるでしょう。
ただ、油分の多いクリームは画面を汚してしまうので、あくまでもさらっと仕上がるタイプを選ぶことがポイントです。
画面の汚れといえば、皮脂や手垢といった付着物もまた、iPhoneのタッチを妨げる要因となります。
手汗を掻きやすい人は特に画面が汚れやすいですから、小まめに拭き取って清潔に保ちたいものです。
対処法は勿論、ファイバークロスなどで画面を磨き、タッチを妨げる汚れを取り除くことです。
しかし、電源を入れたまま画面を拭き取ると、清掃中にタッチの反応が回復してしまうので、電源を切るかスリープモードにすることをおすすめします。
拭き取っても取り切れない汚れがある場合は、台所用の中性洗剤をほんの一滴だけクロスに垂らし、水を加え泡立ててから拭いてみましょう。
iPhoneには防水性があるので、それほど水滴を心配しなくても大丈夫ですが、念の為固く絞ってから拭き取ります。
汚れが落ちたら、今度はクロスをすすいで同様に固く絞り、洗剤の成分を拭き上げて完了です。
画面から指紋の跡がなくなる上に、ピカピカと綺麗に輝くので気持ち良く感じられるはずです。
指先の乾燥対策をしたり、画面の汚れを綺麗にしても上手く反応しないなら、いわゆる保護シールが妨げている可能性があります。
最近貼ったばかりという状況であれば、フィルムと画面の隙間に空気や汚れが入り込んでいるか、厚みが原因でタッチが反応しなくなっています。
このケースの対処法は、一度画面から保護フィルムを剥がし、素の状態で反応するかチェックすることです。
剥がして反応するようになれば、その保護フィルムが原因ですから、他のフィルムに変更するのが良いでしょう。
充電器を接続したまま操作しているなら、充電ケーブルを外したり、充電台から外してタッチ操作を試します。
理由は簡単で、充電ケーブルを通して電気的なノイズが混入してしまい、タッチ操作に支障をきたすというものです。
特に、正規品以外のノイズ対策が不十分な製品は、このように困るトラブルが起こりやすいといえます。
充電を止めて反応するようになるなら間違いないので、充電ケーブルを交換したり充電器を変えてみるのが正解です。
物理的な要因は大抵いずれかですが、これらの対処法を試しても改善されないとしたら、iPhoneの内部に原因があると思われます。
応急処置的に使える対処法は再起動で、本体の電源を切ったり入れ直すのが簡単な方法です。
特定のアプリで処理に時間が掛かっていると、他のアプリや本体自体の処理に影響を与え、タッチが反応しなくなるような挙動を見せます。
アプリを1つずつ終了してみるのも良いですが、大まかに原因を特定する為に、まずは再起動を行ってみましょう。
再起動で改善するならアプリが疑われますし、改善されないとしたらそれ以外に要因が絞り込めます。
3Dタッチ搭載のiPhoneを使っている場合は、スクリーン設定のアクセシビリティの項目から、感度を調節するのが基本的な対処法です。
他にも、iOSのバージョンが古いことで不具合が起きていたり、データ的なゴミが溜まってトラブルを引き起こしているケースもあります。
前者はiOSのアップグレードが有用で、最新状態かどうかチェックしたり、必要に応じてバージョンを上げるのが得策です。
最新状態にしても同様の症状が再発するのであれば、本体をリカバリーして内部データを初期化する対処が効果的です。
データはタッチ操作ができる内にクラウドかパソコンにコピーして、バックアップを取ったらiTunesから復元操作をするだけです。
初期化には多少の時間が掛かるものの、本体をスッキリと初期状態にできるので、他のトラブルも一緒に解決する可能性が高いです。
成功するか否かはやってみるまで分かりませんが、何をしても改善しないなら初期化がおすすめとなります。
iPhoneは高性能で品質も優れていますが、毎日のように愛用していると、少しずつ劣化や不具合が生じやすくなる傾向にあります。
この問題は他社のスマートフォンにも当てはまりますし、スマートフォン以外の機器にも共通です。
こうなった場合は修理の対象ですから、アップルや専門の修理店に相談してみるのが残された選択肢で、メンテナンスを受けることが改善方法となります。

iPhone修理のアメモバの修理内容は こちら

iPhone修理のアメモバ 神戸三ノ宮店の店舗情報及びiPhoneの液晶不良修理料金表は こちら

iPhone「アイフォン」修理のアメモバ 神戸三宮店

住所:〒650-0012
神戸市中央区北長狭通2-31-67 高架下店舗(北側)
アクセス方法
JR神戸線
「三宮」駅西口より徒歩約5 分
「元町」駅より徒歩5分
阪急線
「三宮」駅より徒歩約3分