画面右上に黒い濁り…iPhone「アイフォン」SEの画面交換修理事例

画面右上に黒い濁り…iPhone「アイフォン」SEの画面交換修理事例

  • 2020.08.29
  • 2020.08.29

アイフォンSE画面右上の濁り

皆さんこんにちは!iPhone修理のアメモバです!

本日は横浜市のS様からアメモバ東京上野秋葉原店へiPhone「アイフォン」SEの画面交換修理依頼がありました。症状としては床に置いていた携帯に気づかず踏んでしまったそうです。幸い画面が割れたりはしなかったですが圧力によって画面右上に黒い濁りのようなものがあります。

内部にまで損傷がなければ、恐らく画面交換修理で治ると思われます。

それではiPhone「アイフォン」SEの画面割れ交換修理やっていきましょう!

端末を開く

アイフォンSE下部の星型ネジにドライバーを当てる

まず初めに端末の底面にある星型のネジを専用のドライバーを使って外していきます。

このネジは充電口の両サイドに2つありパネルと本体を固定する重要な役割をしています。

アイフォンSEの隙間に金属のヘラを差し込む

金属の薄いヘラを5mm程差し込みます。iPhoneSEは両面テープで固定されていないため簡単に開けることが出来ます。

開いたアイフォンSEの中にホームボタンのコネクタ

iPhoneSEはこの状態で開いてはいけません。少しでけ開くと内部にホームボタンのコネクタが本体に接続されています。これを知らずに開けてしまうとホームボタンのコネクタが損傷してしまい、少なくとも指紋認証は使えなくなるでしょう。

アイフォンSEのホームボタンのコネクタのカバーを取り外す

ピンセットで慎重にコネクタのカバーを取り外し、コネクタをソケットから取り外します。

これで開くことが出来ます。

90度に開いたアイフォンSE

開きました。iPhoneSEという小さな本体にこれだけの部品が密集されています。

多くのAndroidスマホとは違いこれだけの部品をここまでシンプルにまとめられるAppleは流石としか言えません。

パネルを本体から取り外す

アイフォンSEのバッテリーコネクタカバーのネジを取り外す

まずバッテリーやドックのコネクタがあるソケットの金属カバーを取り外します。

アイフォンSEのバッテリーコネクタカバーを取り外す

取り外せました。これはiPhone修理をする際の基本で、他のコネクタを取り外す際バッテリーのコネクタを取り外す必要があります。なのでバッテリーのコネクタカバーも取り外します。

アイフォンSEの上部のコネクタカバーも取り外す

パネルのコネクタカバーも同様に取り外します。

最初にアイフォンSEのバッテリーコネクタをソケットから取り外す

バッテリーコネクタを取り外しました。これは先程も言ったとおりiPhone修理の基本で他の部品のショートが起きないようにするとても重要な作業です。

アイフォンSEの壊れたパネルを本体から取り外す

パネルが取り外せました。次にパネルの作業に入ります。

パネルの部品を移植する

アイフォンSEのパネルからホームボタン部品のカバーを取り外す

まずホームボタンの金属カバーのを取り外します。

アイフォンSEのホームボタン部品を取り外す

そしてホームボタンを取り外します。ホームボタンは一度壊してしまうと新しいパーツにしても指紋認証は使えなくなります。ですので慎重に取り外していきます。

同様にインカメラ部品もピンセットで取り外す

上部にあるインカメラやイヤスピーカーの部品も取り外します。

アイフォンSEのパネルの金属シートを取り外す

パネルのサイドにあるネジを複数取り外し金属のシートを取り外します。

これで全ての部品が取り外せました。

次に取り外した部品を新しいパネルに取り付けていきます。

新しいアイフォンSEのパネルに取り外した部品を取り外す

まず金属のシートを取り付け、インカメラ、イヤスピーカー部品を取り付けネジを締めます。

奥が壊れたアイフォンSEのパネルで手前が新しいパネル

そしてホームボタンを取り付け、画面のパーツ移植は完了です。

奥が壊れたパネルで手前が移植した新しいパネルになります。

全て戻す

新しいパネルを本体に取り付ける

新しいパネルのコネクタを取り付け、カバーを戻します。

アイフォンSEのバッテリーのコネクタカバーを取り付ける

そしてバッテリーのコネクタを取り付け、こちらもカバーを戻します。

最後にアイフォンSEのホームボタンコネクタを取り付ける

そして端末を30°くらいまで閉じ、ぶら下がっているホームボタンのコネクタを取り付けカバーを戻します。

最初に取り外した下部の星型ネジを取り付けて完了

最後に星型のネジを戻しiPhone「アイフォン」SEの画面交換修理が’完了します。

今回の画面交換修理にかかった時間は20分程度でしたが最初と最後のホームボタンのコネクタは少し苦戦しました。開きすぎるとコネクタに負担を与えてしまうので少しだけ開いた状態でカバーとコネクタの取り付け、取り外しは少し時間がかかってしまいました。

iPhone6からはホームボタンのコネクタがパネルを伝って上部で接続されているためそのまま開くことが出来るのでそこまで時間はかかりません。

最終チェック

アイフォンSEんも画面修理の動作チェック

白い画面を開いてみると濁りはなくタッチやホームボタンも問題なく動作しました!

最後までご覧いただきありがとうございました!

あとがき

iPhoneSEはこのサイズで一番最新のため今でも愛用している方はいます。ただ現在最新のiPhoneSE第2世代と比べると使えない機能が多く、動きも重くなってきています。そんな時に壊れてしまうとシステムなどによってデータを消すことになる可能性はあります。ですのでiCloudにバックアップを定期的に取ることを意識して欲しいです。今回は画面交換修理でデータに問題はありませんでした。ただ古いバージョンやシステムですと必ず大丈夫とは言えません。もし何かわからなことがありましたらアメモバにお任せ下さい!

iPhone「アイフォン」SEの画面割れの交換費用はどのぐらいかかる?

アメモバは常に地域最安値でiPhone修理をやっています!もしiPhoneび関するトラブルや質問がありましたら是非アメモバにお聞き下さい!お見積り、お問い合わせだけのお電話ご来店も大歓迎です!

 

iPhone「アイフォン」SE画面割れ交換修理のアメモバの液晶交換料金((重度)はこちら

iPhone「アイフォン」画面割れ交換修理以外の修理内容は こちら からご確認いただけます。

iPhone「アイフォン」修理のアメモバ東京上野秋葉原店はこちら

それ以外の修理対応店舗はこちら

iPhone「アイフォン」修理のアメモバ 東京上野秋葉原本店
〒110-0005
東京都台東区上野4-7-8アメ横センタービル1F-11号
■山手線・京浜東北線
「上野」駅不忍口徒歩約5 分
「御徒町」駅北口徒歩約5 分
■東京メトロ銀座線・日比谷線
「上野」駅5b 口徒歩約5 分
■秋葉原駅より徒歩約10分