液晶に線と黒い模様が出現!?iPhone8 Plusの液晶修理事例

液晶に線と黒い模様が出現!?iPhone8 Plusの液晶修理事例

  • 2021.07.23
  • 2021.08.01

iPhone8Plusの左上の画面割れ

皆さんこんにちは!iPhone修理のアメモバです!

本日は文京区にお住まいのT様からアメモバへiPhone「アイフォン」8Plusの画面割れ交換修理依頼がありました。

経緯と症状

iPhone8Plusの左下の画面割れと液晶不良

経緯としましては数日前に外の地面にかなりの衝撃で落としてしまい、画面が割れてしまったのはもちろんですが、画面上にカラフルな線と黒い模様が出てしまったおり、定期的にタッチ不良の症状が見られるとの事です。

実際に持ってきて頂いた際も途中でタッチ不良の症状が起き、電源をつけ直すと戻りました。この事からお客様は画面だけでは治らないかもと不安だったようですが、これらの症状全ては画面交換で治る可能性が高いです。

このようなタッチ不良がある場合は無理にいじろうとせず、電源を切り置いておくのが1番最善で、この状態で「ゴーストタッチ」など起きると修理など関係なくデータが消えてしまう可能性まであります。

画面割れは基盤などと違い、全体的にみると症状としては軽い方です。そのため画面割れでデータが消えてしまうようなことにならないよう、すぐに適切な処置を行い、お近くの修理店へ持っていきましょう。

それではiPhone「アイフォン」8Plusの画面割れ交換修理やっていきましょう。

パネルを取り外す

iPhone8Plusの底面ネジを取る

まず底面から「ペンタローブネジ」という固定ネジを取り外していきます。

このネジは端末内部で本体とパネルを固定しており、これがなければ今回落とした際も端末が開いてしまっていたでしょう。

またこのネジはとても特殊な形をしており、このネジ専用のドライバーで取り外す必要があります。

iPhone8Plusを90°に開く

そしてヘラを使いながらパネルと本体の間を流していく事で、まずは端末を開く事が出来ます。

確認するとガラスの破片やゴミが内部に入り込んでしまっていて、とても危険です。

今回の割れは内部が見えるほど割れてしまっていたため、このように隙間から割れた破片などが入ってしまったと思いますが、これは何が危険かというと、ガラスの破片やゴミなど小さな物でも基盤に取り付けられた1mm程の大量のコンデンサには強敵です。

これは修理する前に一度拭き取る必要がありそうです。

iPhone8Plusの上部のコネクタをヘラで外す

次にパネルのコネクタを含め、ほとんどのコネクタが接続されている基盤の区域からバッテリーとパネルのコネクタを取り外していきます。

順番としてバッテリーのコネクタは必ずパネルより先に取り外さなければならず、理由としてバッテリーは電源を切った後でも少量の電気が流れている場合があり、その状態で他のパーツのコネクタを取り外すと中間地点にある基盤などは簡単にショートしてしまう可能性があります。

基盤がショートするとリンゴループや電源が全く点かなくなるようなこともありえるため、これはかなり重要です。

iPhone8Plusのパネル本体を完全に取り外す

これでパネルを本体から完全に取り外すことが出来ます。

パネルパーツの移植

iPhone8Plusの上部のパーツを確認する

まずは取り外したパネルから新しいパネルに付け替えるパーツを取り外していく必要があります。

最初に上部にあるインカメラパーツです。このパーツは名前の通りですが、それ以外にもイヤスピーカーや環境光センサーなどたくさんのパーツがまとめられています。

特にこれらの精密パーツは画面割れで一緒に壊れてしまう可能性が高く、今回も割れのギリギリの位置にありました。

iPhone8Plusの上部のインカメラパーツを取り外す

そのパーツのカバーのネジを取り外し、パーツ本体をピンセットなどで取り外していきます。

肉眼で確認した限りでは問題なさそうです。特にインカメラはレンズの少しの傷で簡単に壊れてしまう為、注意して確認し、取り外していく必要があります。

iPhone8Plusホームボタンを完全に取り外す

次に下部にあるホームボタンパーツです。

このパーツも同様にカバーを取り外してからパーツ本体を取り外していきます。ホームボタンパーツは使用した事がある方ならわかると思いますが、指紋認証の機能もついています。

これは少しホームボタンパーツだけ特別な所で、万が一ホームボタンが壊れた場合、他のパーツで修理出来てしまうと指紋認証の登録が書き換えられ、別の人の指でも開いてしまいます。

それはAppleらしくないためホームボタンは一度壊れてしまうとそのパーツが修理できない限り指紋認証は使えなくなってしまいます。

パーツ交換でももちろん使えません。そのため注意して取り外していきます。

iPhone8Plusのパネルにある金属プレートを取り外す

あとは背面に取り付けられた金属プレートを取り外せばパネルパーツの取り外しは完了です。

iPhone8Plusの全てのパーツを取り付ける

そして新しいパネルを用意し、取り外したパーツ全てを取り付けていきます。

これでパネルパーツの移植は完了します。

全て戻す

iPhone8Plusのパネルコネクタを完全に戻す

まずパーツの移植したパネルを本体に戻していきます。

これらのコネクタはとても薄く、接続部分だけ金属製になっているだけのため、少しのズレや反動は命取りです。それにソケット周辺にはたくさんの数mmしかないコネクタが密集しているため、それらにも注意しながら取り付けていきます。

内部の作業は以上になります。

iPhone8Plusの底面ネジを完全に戻す

最後に底面のペンタローブネジを戻せばiPhone「アイフォン」8Plusの画面割れ交換修理が完了します。

最後までご覧頂きありがとうございました。

チェックとあとがき

画面が綺麗になったiPhone8Plus

確認すると完全に画面が新品で、タッチや表示も問題ありません。全て正常です。

今回はiPhone「アイフォン」8Plusの画面割れ交換修理を紹介させて頂きました。冒頭の写真を確認して頂くと分かる通り、今回の画面割れには左下にカラフルな線や黒い模様が出てきてしまっていました。これは液晶不良で良く見られる症状で、タッチ不良や誤動作、ゴーストタッチを起こす可能性がかなり高く、とても危険です。

もちろん通常に使い続けるのも困難ですが、この状態での放置は絶対にしないようにして下さい。朝起きたらデータが完全に消えていたなんて事もない話ではありません。

このように画面割れで一番危険なのはガラス破片よりもタッチ不良やゴーストタッチかも知れません。それに繋がる可能性の高い、カラフルな線、黒い模様はもちろんですが、通常の画面割れだけでも安心出来ないため、一番最善なのは割れてしまった時点で修理する事です。

液晶まで無傷で、ガラスだけの割れでしたら修理料金も安く済むため、是非早めにお問い合わせ下さい!

iPhone「アイフォン」8Plusの画面交換費用はどのぐらいかかる?

アメモバは常に地域最安値でiPhone修理をやっています!もしiPhoneに関するトラブルや質問がありましたら是非アメモバにお聞き下さい!お見積り、お問い合わせだけのお電話ご来店も大歓迎です!iPhone修理のアメモバ 店舗情報及び修理料金はこちらからご確認できます。