インカメラが見えてしまっている…。iPhon8の画面割れ交換修理事例

インカメラが見えてしまっている…。iPhon8の画面割れ交換修理事例

  • 2021.07.23
  • 2021.08.01

iPhone8の上部の割れ

皆さんこんにちは!iPhone修理のアメモバです!本日は文京区にお住まいのE様からアメモバへiPhone「アイフォン」8の画面割れ交換修理依頼がありました。経緯としましては、かなり前に落としてしまい、右上が割れてしまったそうです。

その後何度か落とした度に割れが増えていき、インカメラが見え、タッチ不良まで起こすようになってしまいました。インカメラ部分はセロハンテープで応急処置がされていたため、曇りなどの症状はみられず、パーツ自体は無事そうな様子でした。

ただタッチ不良は上部あたりの反応が悪いような症状で、ネットサーフィンしていて一つも戻れなかったり、逆に勝手に戻ってしまうとのこと。明らかなタッチ不良と割れの深さなどから、重度割れと判断し、お客様にお見積りさせて頂きました。

この重度割れと軽度割れでは修理料金がかなり違うため、気になる方は一度直接ご来店頂ければ、お見積りさせていただきます。

それではiPhone「アイフォン」8の画面割れ交換修理やっていきましょう。

端末を開く

iPhone8の底面ネジを取り外す

まず底面にある星形の「ペンタローブネジ」という固定ネジを専用のドライバーを使用して取り外していきます。

このネジは端末内部でパネルと本体を固定しており、iPhone修理をする際は必ずしもこのネジを取り外さなければなりません。

iPhone8の隙間にヘラをスライドさせる

そして薄いヘラを用意し、本体とパネルの隙間をスライドしていきます

これで端末を開くことができます。画面割れの際はこの時点で内部状態を確認する必要があります。割れたガラスや割れた隙間からゴミなどが入り込んでいる可能性があり、iPhoneにおいてこれらの異物はかなり強敵となり、基盤までいってしまうと手遅れになってしまうこともあります。

今回は割れてすぐに持ってきて頂いたため、内部状況は問題ありません。

パネルを取り外す

iPhone8の金属カバーを取り外す

まずはその内部から金属のコネクタカバーを取り外していきます。

このカバーは「ブラケット」と言い、パーツのほとんどのコネクタ接続部分を落とした衝撃などから守っています。一度このブラケットだけを外し、衝撃のテストをしてみた所、簡単にコネクタが切断され、電源がつかなくなりました

もちろんコネクタを戻せばすぐに点きますが、こんな不便なiPhoneは使用したくないと思いました。

iPhone8のパネルコネクタをめくる

そしてそのコネクタ密集区域からバッテリーとパネルのコネクタを取り外していきます。

ここでバッテリーを取り外す理由として、バッテリーは全てのパーツおいて、必ず必要な電源であるため、パーツや基盤に与える影響がかなり大きいです。

そのため、バッテリーが接続されている状態で他の作業を行う事は望ましくありません。

iPhone8のパネルを完全に取り外す

これでパネルを本体から完全に取り外すことができます。

パネルパーツの移植

iPhone8のインカメラを取り外す

iPhone8の場合、パネルパーツは大きく分けて3つあり、まずは上部のインカメラパーツを取り外していきます。

このパーツはインカメラもそうですが、他にもイヤスピーカーが接続されていたり、様々なセンサーが取り付けられていたりなど、かなり多くの機能が備え付けられたパーツです。

しかしこのパーツはほとんどがコネクタでできているため、少しの衝撃で切れてしまうため、慎重に扱う必要があります。

iPhone8のホームボタンパーツを取り外す

次に下部に取り付けられたホームボタンパーツです。

ホームボタンパーツはそのままホームボタンのパーツですが、iPhoneを使用している方ならわかる通り、指紋認証機能も備え付けられています。その指紋認証はAppleのセキュリティにより、1つの端末で1つのホームボタンしか使用できなくなっています。

ということはパーツ交換ではホームボタンを直せないということです。FaceIDも同様にセキュリティによって守られているため、iPhoneの認証パーツの故障には特に注意しましょう。

もちろんiPhone修理アメモバではそんなFaceIDの修理もなっております。

iPhone8の背面金属シートを取り外す

3つ目がパネルの背面に取り付けられた金属シートです。

かなり薄いパーツですが、パネル強度や耐熱においてかなり大きな役割を果たしています。

iPhone8の新しいパネルにパーツを移植する

そして取り外した全てのパーツを新しいパネルに取り付ければパネルパーツの移植が完了します。

全て戻す

iPhone8のパネルと金属カバーを戻す

まずはパーツの移植をした新しいパネルを本体に取り付け、ブラケットを戻します。

取り付けの際、基盤のソケットにコネクタをはめ込むのですが、周辺にはまだ様々なコネクタが残っているため、それらに注意しながら取り付けていきます。

実はその隙間には1mmに満たないコンデンサもあります。

iPhone8の底面ネジを戻す

最後に底面のペンタローブネジを戻し、iPhone「アイフォン」8の画面割れ交換修理が完了します。

最後までご覧頂きありがとうございました。

チェックとあとがき

iPhone8のきれいになったパネル

電源を入れると問題なく点き、画面ももちろんピカピカの新品になっています。

今回はiPhone「アイフォン」8の画面割れ交換修理を紹介させて頂きました。特に画面の割れがひどく、タッチ不良もみられたため、重度割れの修理でしたが、最初の方はインカメラが見えてしまう程割れていたわけではなく、右上の少しの欠けだけだったそうです。

その後1ヶ月程使用していて、ここまで割れてしまい、インカメラのほぼ全体が見えるまで損傷してしまいました。万が一軽度割れだった場合、かなり安く修理することは出来たため、もったいないです…。

今回インカメラ自体には汚れが多少付着しただけで、拭き取ると問題なく使用できたため、良かったですが、これがインカメラまで故障していた場合、更に修理料金がかかり、負担が大きくなっていました。

上記のことからiPhoneの故障や損傷の放置は、症状をどんどん悪化して行くことがわかります。そうなる前に、まずはお電話やメールで症状をお伝え頂ければ、適切なお見積りを提案させて頂きます。

ぜひお気軽にお問い合わせ下さい!

iPhone「アイフォン」8の画面交換費用はどのぐらいかかる?

アメモバは常に地域最安値でiPhone修理をやっています!もしiPhoneに関するトラブルや質問がありましたら是非アメモバにお聞き下さい!お見積り、お問い合わせだけのお電話ご来店も大歓迎です!iPhone修理のアメモバ 店舗情報及び修理料金はこちらからご確認できます。