iPhone「アイフォン」8タッチ不良交換事例

iPhone「アイフォン」8タッチ不良交換事例

  • 2021.07.12
  • 2021.08.02

iPhone8白

今回修理する端末は東京都港区のY様からアメモバへ依頼がありましたiPhone8の液晶パネル交換です。

こちら画面割れなどではありませんがタッチ不良ということで他の部分がタッチされてしまったり勝手に動いてしまったりしてしまう’’ゴーストタッチ’’の修理依頼でした。

こういったケースの場合液晶になんらかの不備がある可能性が高いので液晶交換を行っていきます。

ステップ①パネルを本体から外していく

まずは下側にある2つの星型ネジを外していきます。これを取ることでiPhone「アイフォン」を開封出来るようになります。

取れました。それから本体を傷つけないように薄い金属のヘラを差し込んでいきます。

ほぼ全ての辺をヘラで流すことによってパネルと本体を繋げている両面テープを剥がす事ができます。

そしてiPhone8の場合は横開きになりますのでコネクタを傷つけないように開けていきます。

開きました。次に上と下に2つあるコネクタの接触部分を守る金属のカバーを外していきます。

外れました。今パネルと本体を繋ぐコネクタの接触部分が見えています。

カバーを外したら機械の故障が起きないように最初にバッテリーのコネクタから外していきます。

こんな感じ。そして他のコネクタを外していきます。

パネルと本体で分けることが出来ました。次に本体の方は置いておいてパネルに付いてるパーツを外していきます。

ステップ②パネルから各パーツを外す

パネルに付いているパーツはネジを取っても両面テープでしっかりとくっついています。

パネルから取ったカメラやホームボタンなどのパーツは新しいパネルに付けるので壊さないよう慎重に外していきます。

ホームボタンは一度壊してしまうと新しいものに交換しても指紋認証が使えなくなってしまうので外す時は特に慎重に取ります。

最後にパネルからプレートを取って、全てのパーツを取ることが出来ました。

新しいパネルです。あとは外す作業とは逆のことをやって新しいパネルに全てのパーツをつけていきます。

ステップ③パネルを本体に戻す

パーツが全て付いたら本体に新しいパネルをつけていきます。

そして最初に取ったバッテリーのコネクタをつけてカバーをしたら完了です。

iPhone8 フィルム

問題なく使用出来るようになりました!ここまで問題なく出来たとしても必ず動作チェックは行います。

タッチやボタン、色のムラなど、そこまでやってiPhone修理店です!

iPhone8のパネル修理費用及び店舗情報

iPhone修理のアメモバ 店舗情報及び修理料金はこちらからご確認できます。