画面が割れて色が変になったiPhone「アイフォン」7Plusの画面割れ交換修理事例

画面が割れて色が変になったiPhone「アイフォン」7Plusの画面割れ交換修理事例

  • 2021.02.04
  • 2021.02.04

iPhone7Plusの下部の割れ

皆さんこんにちは!iPhone修理のアメモバです!

本日からは荒川区にお住まいのM様からアメモバ東京上野秋葉原店へ画面が灰色っぽい線が出てきてしまったiPhone「アイフォン」7Plusの交換修理依頼がありました。

経緯としましては昨日の夕方頃に落としてしまい画面が割れてしまったそうですが、数回割れてしまい修理した事はあったので、今回もかと思い点けてみると、何故か画面割れだけではなく画面上に灰色っぽい無数の線が出てきてしまっています。

これは基盤の問題かもしれないと不安になり、操作してみるとたまに反応しない時がありますが、使用に関しては問題ないとのことです。実際にお電話で症状と一緒にお見積もりすると、おそらく液晶交換で治ると聞き、すぐにお持ち頂きました。

この症状は基盤の問題などではなく、液晶不良の一種で「緑の線」や「ゴーストタッチ」などと似ています。特にこれらの症状はゴーストタッチやタッチ不良が起きやすく、とても危険です。早急に修理していきましょう。

パネルを取り外す

iPhone7Plusを完全に開く

まずは端末を開きます。端末を開く事で、取り外しの工程ではありますが、内部状況を確認する事が出来ます。

見た限りでは内部に問題はなく、液晶以外の被害はないようです。ちなみにパネルをしっかりと開かず、この状態でキープしているのには理由があり、それが写真中央辺りにあるパネルのコネクタが関係しています。

このコネクタは今の状態でパネルと本体を接続する唯一の箇所であり、開きすぎてしまうと簡単に金属部分と接触して切れてしまうため、この状態でキープしています。

iPhone7Plusのパネルコネクタを取り外す

そしてそのコネクタを取り外していきます。

取り外す必要があるものはパネルのコネクタとバッテリーのコネクタ、パネルパーツのコネクタです。これら全てを取り外す事でパネルと本体を接続するものはなくなります。

ただ本体(基盤)にはもちろんパネルやバッテリー以外のコネクタも接続されており、それらには影響を与えないように取り外します。

iPhone7Plusのパネルを完全に取り外す

これでパネルを完全に本体から取り外す事が出来ます。

パネルパーツの移植

iPhone7Plusの上部パーツカバーを取り外す

iPhone7Plusの場合、パネルパーツは大きく分けて3つ程あり、一つ目がこの上部に取り付けられたインカメラとイヤスピーカーパーツです。このパーツはコネクタが何回か折り畳まれて出来ており、まとめて金属のカバーで固定されています。

まずはそのカバーパーツのネジを取り、ピンセットで金属カバーを取り外していきます。

iPhone7Plusのインカメラを完全に取り外す

そして両面テープを剥がしながら、インカメラパーツを取り外していきます。

このパーツには先程紹介したインカメラとイヤスピーカー以外にも様々なセンサーや機能が取り付けられており、とても繊細です。

その部分は触らない様に取り外していきます。

iPhone7Plusのホームボタンカバーを取り外す

次は下部に取り付けられているホームボタンパーツです。

このパーツも金属カバーと両面テープで取り付けられているため、まずはネジを取り、金属カバーをピンセットで取り外していきます。

iPhone7Plusのホームボタンを完全に取り外す

そしてインカメラ同様に両面テープを剥がしていきますが、このパーツは特に注意する必要があり、中間に取り付けられたチップは指紋認証に使用するもので、指紋認証は一度壊すと修理が難しくなります。

というのも指紋認証は工場から出荷された時点で一つの基盤と紐付けの設定がされており、他のパーツでは動作しない様になっています。

Appleはそれだけセキュリティに厳しいです。

iPhone7Plusのパネルの金属シートを取り外す

あとは裏面に取り付けられた金属シートを取り外せば、パネルパーツの取り外しが完了します。

この金属シートに取り付けられた黒い膜の様なものはとても薄く切れやすいですが、パネルや本体の吸熱効果があり、とても重要です。

iPhone7Plusの新しいパネルにパーツお全てつける

そして取り外した全てのパーツを新しいパネルなら取り付ける事でパネルパーツの移植が全て完了します。

全て戻す

iPhone7Plusのパネルを本体に戻す

まずパーツの移植をした新しいパネルを取り付けていきます。

しっかりと基盤のソケットに合わせて取り付けることで繊細な金属のパーツを壊さずに取り付けることが出来ます。もちろんこの際もコネクタに注意しながら、そのコネクタのカバー「ブラケット」というパーツを取り付けていきます。冒頭の取り外しの際に紹介しなかったですが、これは端末を落としてしまったりした際にその衝撃でコネクタが抜けてしまわないようにしっかりとガードしてくれるパーツです。忘れずに取り付けます。

アイフォン7Plusの底面ネジを戻す

最後に底面のネジを戻せば、iPhone「アイフォン」7Plusの画面割れ交換修理が完了致します。

このネジも最初省略しましたが、パネルと本体と内部で固定しているパーツです。これのお陰で端末の密封性や強度がかなり上がっています。

チェックとあとがき

 

電源を入れると問題なく点き、灰色の線などのない、正常なパネルに戻りました。

今回はiPhone「アイフォン」7Plusの液晶交換修理を紹介させて頂きました。冒頭でもご紹介した通り、今回のような症状はタッチ不良の一種でかなり危険です。

なぜタッチ不良がそこまで危険かというとiPhoneをお持ちの、ほぼ全ての方がパスコードを設定しているかと思います。そのパスコードを間違えすぎると何分後にやり直して下さいと表示され、さらに間違えると最終的にデータを消さなければ端末が使えない状態になってしまいます。

それがタッチ不良によって勝手にパスコードを入力され、いつの間にか「iTunesに接続」という画面になってしまうのです。

今回のお客様は、この症状になってから一日置いてしまいましたが、無事でした。よく画面割れで朝起きたらデータ消去画面なんてこともあるため、本当はあまりよくありません。

万が一今回のような症状が起きた場合にはiPhone修理、地域最安値アメモバまでお気軽にお問い合わせ下さい。

iPhone「アイフォン」7Plusの画面交換費用はどのぐらいかかる?

アメモバは常に地域最安値でiPhone修理をやっています!もしiPhoneに関するトラブルや質問がありましたら是非アメモバにお聞き下さい!お見積り、お問い合わせだけのお電話ご来店も大歓迎です!

iPhone「アイフォン」修理のアメモバ 東京上野秋葉原店の液晶交換修理料金(重度)は こちら

iPhone「アイフォン」修理のアメモバの液晶交換以外の修理料金は こちら

それ以外の店舗は こちら よりご確認下さい。

iPhone「アイフォン」修理のアメモバ 東京上野秋葉原本店
〒110-0005
東京都台東区上野4-7-8アメ横センタービル 1F-27
■山手線・京浜東北線
「上野」駅不忍口徒歩約5 分
「御徒町」駅北口徒歩約5 分
■東京メトロ銀座線・日比谷線
「上野」駅5b 口徒歩約5 分
■秋葉原駅より徒歩約10分