画面割れで液晶がおかしい!iPhone「アイフォン」6sの画面割れ交換修理事例

画面割れで液晶がおかしい!iPhone「アイフォン」6sの画面割れ交換修理事例

  • 2021.07.27
  • 2021.07.31

iPhone6sの画面に白い線

皆さんこんにちは!iPhone修理のAmemobaです!

本日は北区にお住まいのE様からアメモバへiPhone「アイフォン」6sの画面割れ交換修理依頼がありました。

経緯としてましては、数時間前に落として割れてしまい、液晶には問題なかったのでそのまま修理店をさがしていると、タッチが徐々におかしくなり、液晶不良や表示不良を起こしてしまうようになりました。

iPhone6sは完全に使い物にならなくなってしまったため、歩いて探していると当店iPhone修理のアメモバの看板を見て、ご来店頂きました。

このようなタッチ不良を起こした場合、まず不安になるのがデータです。液晶とデータは関係ないんじゃ?と思うかもしれませんが、実は液晶不良からデータが消えてしまうことは少なくありません。
というのもiPhoneには基本的に内部データのプライバシー管理というものがあり、もちろんですが、パスコードや生体認証など解除方法は様々でも、スマホ業界でも高いセキュリティーがあることで、iPhoneは有名です。

そのセキュリティー機能の中で1つ上げられるのが、パスコードを間違えすぎてしまうと、データが完全に消去されてしまう機能です。これはたまに見るパスコードを間違えすぎて「1分後にやり直してください」や「15分後にやり直してください」などが表示され、最終的にデータが消えてしまうものです。

例えば今回のiPhone6sのようなタッチ不良を起こした端末は知らぬ間に、パスコードが勝手にタッチされてて、そのままデータ消去まで行ってしまうことも少なくありません。

今回のお客様は故障してからすぐにお持ち頂いたため、データは心配しなくても大丈夫でしょう。

それではiPhone「アイフォン」6sの画面割れ交換修理やっていきましょう。

パネルを取り外す

iPhone6sの端末を縦に開く

まずは端末を開き、内部状況を確認します。

完全に開けたら90°の所でキープします。これはパネルのコネクタが傷をつかないようにするためで、開きすぎてしまうとこれらのコネクタは本体または金属カバーと接触して簡単に切れてしまいます。

また、強い衝撃が内部まで影響を与えてしまっている箇所は見られません。
iPhoneの基盤には1mmもないようなコンデンサが至る所に取り付けられており、それらにおいて軽い衝撃もかなり危険です。

今回、割れがかなりひどかったため、内部にガラスの破片が入り込んでいる場合もあります。

iPhone6sのコネクタを取り外す

そして内部から数本のコネクタを取り外していきます。

これはパネルを取り外すために必要なコネクタの全てですが、ここでなぜバッテリーのコネクタを取り外すかというと、バッテリーは端末全ての動力源であり、電源です。

そのため何かあった時の影響力が大きく、少量の電気でも基盤のショートなどに繋がることもあり、安全のためにバッテリーは最初に取り外して最後に取り付けるという精密機器のルールがあります。

iPhone6sのパネルを完全に取り外す

これでパネルを完全に取り外す事が出来ます。

パネルパーツの移植

iPhone6sの上部パーツを取り外す

まずは取り外したパネルから新しいパネルに付け替えるパーツを取り外していく必要があります。

最初に上部にあるインカメラパーツです。このパーツは名前の通りですが、それ以外にもイヤスピーカーや環境光センサーなどたくさんのパーツがまとめられています。

特にこれらの精密パーツは画面割れで一緒に壊れてしまう可能性が高く、今回も割れのギリギリの位置にありました。

iPhone6sの上部パーツを取り外す

そのパーツのカバーのネジを取り外し、パーツ本体をピンセットなどで取り外していきます。

肉眼で確認した限りでは問題なさそうです。特にインカメラはレンズの少しの傷で簡単に壊れてしまう為、注意して確認し、取り外していく必要があります。

iPhone6sのホームボタンパーツを取り外す

次に下部にあるホームボタンパーツです。

このパーツも同様にカバーを取り外してからパーツ本体を取り外していきます。ホームボタンパーツは使用した事がある方ならわかると思いますが、指紋認証の機能もついています。

これは少しホームボタンパーツだけ特別な所で、万が一ホームボタンが壊れた場合、他のパーツで修理出来てしまうと指紋認証の登録が書き換えられ、別の人の指でも開いてしまいます。

それはAppleらしくないためホームボタンは一度壊れてしまうとそのパーツが修理できない限り指紋認証は使えなくなってしまいます。

パーツ交換でももちろん使えません。そのため注意して取り外していきます。

iPhone6sの背面パーツを取り外す

あとは背面に取り付けられた金属プレートを取り外せばパネルパーツの取り外しは完了です。

iPhone6sのパネルパーツを全て取り付ける

そして新しいパネルを用意し、取り外したパーツ全てを取り付けていきます。

これでパネルパーツの移植は完了します。

全て戻す

iPhone6sのパネルを本体に戻す

まずパーツの移植したパネルを本体に戻していきます。

これらのコネクタはとても薄く、接続部分だけ金属製になっているだけのため、少しのズレや反動は命取りです。それにソケット周辺にはたくさんの数mmしかないコネクタが密集しているため、それらにも注意しながら取り付けていきます。

内部の作業は以上になります。

iPhone6sの底面ネジを戻す

最後に底面のペンタローブネジを戻せばiPhone「アイフォン」6sの画面割れ交換修理が完了します。

最後までご覧頂きありがとうございました。

チェックとあとがき

iPhone6sの画面が問題なく綺麗になった

電源を入れ、確認するとガラスは完全に綺麗になり、液晶も全く問題なく動作しております。

今回はiPhone「アイフォン」6sの画面割れ交換修理を紹介させて頂きました。冒頭でもご紹介させて頂いた通り、iPhoneというのは高いセキュリティーが有名です。そのため、いくら本人であってもAppleは情報を一切開示してくれません。

それだけ重要なデータだからこそ、液晶不良なんかで失うのは絶対に嫌ですよね。そうなる前になるべく早めに修理することを強くオススメ致します。

なおiPhone修理のアメモバは常に地域最安値を目指して修理に取り組んでおります。万が一ご自身のiPhoneに不具合が起きてしまった場合は、いつでもアメモバにお問い合わせください!

iPhone「アイフォン」6sの画面交換費用はどのぐらいかかる?

アメモバは常に地域最安値でiPhone修理をやっています!もしiPhoneに関するトラブルや質問がありましたら是非アメモバにお聞き下さい!お見積り、お問い合わせだけのお電話ご来店も大歓迎です!

iPhone修理のアメモバ店舗情報及び修理料金はこちらからご確認できます。