iPhone「アイフォン」6sの画面割れ「ガラス割れ」修理事例

iPhone「アイフォン」6sの画面割れ「ガラス割れ」修理事例

  • 2021.07.20
  • 2021.07.31

画面割れiPhone6s

本日、東京都千代田区I.S様からiPhone「アイフォン」6sの画面割れ「ガラス割れ」の依頼がありました。持ち込まれた状態は上記の画像通りです。不注意で落下させてしまい、画面が割れて操作がしにくくなってしまった状態でした。液晶が割れても操作ができることがありますが、徐々に悪化していきますので、早めに液晶交換修理をすることが必要です。

早速iPhone「アイフォン」6sの画面割れ「ガラス割れ」交換修理作業に入ります。

ステップ① 底部にある2本の星ネジを取り外す。

iPhone6s底部の星ネジ

はじめに電源を切り、底部にある2本星ネジを取り外します。iPhone「アイフォン」を分解し修理したい時は、機種に関わらず底部の2本星ネジを外すことが必要です。なお、専用のドライバーを使いますので、無理に外したりしないようにしましょう。

ステップ② iPhone「アイフォン」6sの画面を開く

iPhone6sの画面を開く

iPhone「アイフォン」6sは、下から画面を開くことが可能です。iPhone「アイフォン」6sの長さのある側面は、ツメで止まっているだけなので、ツメを外すと開きます。ただし、初めて開ける場合は、周りに防水シートがはられており、開けるのに時間がかかる場合があるので注意しましょう。無理にこじ開けることはNGです。中のフレキシブルケーズルなどが切れてしまうリスクがあります。

ステップ③ バッテリー配線や液晶配線のストッパーを取り外す。

iPhone6sの配線カバーを取り外す

iPhone6sの液晶を取り外す

コネクタ固定板のネジを外し、コネクタを取り出します。なお、コネクタを取り出す際は、基盤を痛めないように慎重に取り出すことがポイントです。続いてケーブル固定版を外します。ポイントはバッテリーの配線を、必ず先に取り外すこと。バッテリー配線を先に取り外すことで、作業途中にショートしてしまうことをリスクが避けられます。

ステップ④ 液晶ディスプレイモジュールや指紋認証モジュールを取り外す

iPhone6sの液晶モジュール

続いてフロントパネルの分解に着手します。この時、インカメラモジュールの取り出しに注意しましょう。衝撃に弱い近接センサーが搭載されているからです。衝撃を与えないように配慮しながら、インカメラモジュールを取り出します。続いて指紋モジュールを取り出します。指紋認証機能を使うための大事な部品なので、こちらも慎重に取り扱うことが大切です。

ステップ⑤ 新しい液晶パネルを交換し、分解したパーツを組み立てし、作業終了します。

ガラス割れ修理完了後のiPhone6s

無事液晶交換を終えたら、再び組み立てます。最後に、各種機能チェックを行い、問題なければ作業完了です。

iPhone「アイフォン」6s画面割れ交換修理に必要な時間は?

画面割れの場合は、基本的に30分程度の時間がかかります。ただし状態によりますので、お気軽にご相談ください。例えば落下の衝撃による画面破損の場合は、液晶以外の他のパーツにも影響がでて使えなくなっている恐れがあります。他の部品も交換もしくは修理となるとさらに時間がかかりますので、余裕を持って修理に出すことがおすすめです。

iPhone「アイフォン」6s画面割れ交換修理費用は?

アメモバは地域差安値を目指し、日々修理相場のサーチを行っています。iPhone「アイフォン」6sは、2014年に発売が開始された機種です。根強い人気がありますが、交換パーツの値段は下がっている傾向があります。なるべくお客様のご負担が少ないように、最適の部品を見つけ見積もりを出させていただきます。見積もりは無料です。他店より一円でも高い場合はご相談ください。iPhone修理のアメモバ 各店舗の修理料金はこちらからご確認できます。