角が少し割れているiPhoneXsの修理料金は?iPhone「アイフォン」Xsの画面割れ交換修理紹介

角が少し割れているiPhoneXsの修理料金は?iPhone「アイフォン」Xsの画面割れ交換修理紹介

  • 2020.10.24
  • 2020.10.24

iPhoneXsの左下の欠け

皆さんこんにちは!iPhone修理のアメモバです!
本日は中央区のI様からアメモバ東京上野秋葉原店へiPhoneXsの画面交換修理依頼がありました。
経緯としましてはケースとフィルムを付けた状態ですが地面に落としてしまい、フィルムの外側の空いている部分に衝撃が加わり、右上と左下の部分が割れてしまったそうです。
幸いなことにタッチや表示に問題はなかったようですが、iPhone修理のアメモバの記事を見て画面の反応が悪くなる前に持ってきて頂きました。
前回の軽度割れ修理記事のも書いていますが、お客様の仰るとおり軽度というのは後からタッチ不良が出たり、表示がおかしくなったりする可能性が高いです。
万が一ガラス割れ以外に問題のある部分が見つかるとそれは液晶不良となり重度割れ交換修理になってしまう場合がございます。
軽度と重度では修理価格が結構差があるため、ガラスが割れてしまった時点ですぐにiPhone修理店にお持ちしましょう!

それではiPhoneXs画面割れ交換修理やっていきましょう!

端末の分解

iPhoneXsのペンタローブネジを取る

iPhoneのほとんどの端末の場合、底面に特殊な「ペンタローブネジ」というものが取り付けられています。
このネジはiPhoneXsのネジの中で一番長いネジで、およそ1㎝程度の長さがあります。
端末を開くには、まずこのネジを取り外すことが必要不可欠です。

iPhoneXsの隙間に金属のヘラを挿す

そしてパネルと本体の間に小さな隙間を作り、薄いヘラを差し込みます。
iPhone6s以降の端末にはパネルの縁と本体の縁に2mm程度の細い両面テープで固定されています。
このテープはiPhoneの強度を上げるだけでなく、防水性まで向上させます。

iPhoneXsを開き、両手で支える

あとはパネルを持ち上げると端末を開く事が出来ます。
iPhoneXsは横に開くようになっており、この状態でパネルと本体を固定しているのはパネルの薄いコネクタだけであるため、そのコネクタを切らないように慎重に開けます。

パネルの取り外し

iPhoneXsのブラケットをピンセットで取る

先程言った本体に接続されているパネルのコネクタを本体から抜く必要があります。
そのコネクタは金属製の「ブラケット」という部品で守られているため、まずそのネジを取り、ブラケットを取り外します。

iPhoneXsのバッテリーのコネクタを抜く

あとはパネルのコネクタを抜き取るだけですが、まず先にバッテリーのコネクタを抜きます。
これはバッテリーの残った電気によって、他の部品やシステムのショートを引き起こしてしまう可能性を下げることが出来ます。

iPhoneXsのコネクタを抜き、パネルを取り外す

そしてパネルのコネクタやパネルに取り付けられた部品のコネクタを抜き取り、パネルを取り外します。

パネル部品の移植

iPhoneXsの上部の部品を観察する

iPhoneXsのパネルに取り付けられた部品はこれです。
このパーツにはいくつかの機能があり、一つが環境光センサーの機能。これは外部の明るさに合わせて画面の明るさを調節したり、電話中に耳から離すと画面がついたりといった動作を主に担当しています。
2つ目がイヤスピーカーパーツです。これは名前の通り電話に耳に当てた時用のスピーカーになります。
これだけでも十分重要なパーツではありますが、このパーツを壊してしまうとパーツ交換であの2つの機能が治ったとしてもFaceID機能は高確率で戻らなくなります。
これはFaceID部品と環境光センサーパーツと基盤で工場出荷時に紐付けの設定がされているため、一つが欠けるとセキュリティやシステムなどの問題から使用できなくなってしまいます。

iPhoneXsの環境光センサーをピンセットで取る

そのセンサーパーツを取り外します。
パネルに取り付けられたパーツはこの一つしかないため、パネルの部品の取り外しは完了です。

新しいiPhoneXsのパネルに環境光センサーを取り付ける

そして新しいパネルを用意し、先程取り外したパーツを取り付けます。
これでパネルの移植は完了です。

全て戻す

iPhoneXsのパネルのコネクタを取り付ける

まず部品の移植をした新しいパネルを本体に取り付けていきます。
先程は先にバッテリーのコネクタを取り外しましたが、次はパネルのコネクタを取り付けた後にバッテリーを取り付けます。
これも先程同様、他の部品やシステムのショートを防ぐ為であり、とても重要な作業です。

iPhoneXsのブラケットを戻す

そしてパネルコネクタのカバー「ブラケット」を取り付けます。
内部の作業はこれが最後になります。

iPhoneXsの底面のネジを戻す

そして端末を閉じ底面のネジを戻せばiPhoneXsの画面割れ交換修理が完了致します。
最後までご覧頂きありがとうございました。

チェックとあとがき

修理後のiPhoneXsの電源を入れ確認する

電源を入れ確認すると問題なく表示され、タッチ反応も問題ありませんでした。

今回はiPhoneXsの画面割れ交換修理(軽度)を紹介させて頂きました。このような画面割れは問題なく使用出来るため最初の内は安心して使ってしまうことが多いです。
ただこれにより、「朝起きたら全くつかなくなっていた」や「画面の謎の線が出た」などの症状を引き起こすことがあり、最悪の結果としては携帯もデータもなくなってしまうということもあります。
このことから軽度割れの危険さや普段からバックアップを取ることの重要さを十分に理解して頂けたらと思います。
当店ではデータ復旧修理も受け付けておりますが軽度割れ修理とデータ復旧修理とでは時間も料金も全く違うため、画面が割れてしまったらすぐにiPhone修理店にお持ち頂くことをおすすめ致します。
アメモバは予約なしで来て頂いてもすぐに対応致します。もちろんお電話やメールで事前にお見積りしてからのご来店も大歓迎です!

iPhone「アイフォン」8画面交換費用はどのぐらいかかる?

アメモバは地域差安値を目指し、日々リサーチを行っています。アメモバは、なるべくお客様のご負担が少ないように、最適の部品を見つけ見積もりを出させていただきます。見積もり作成は無料ですのでお気軽にご利用ください。また、他店より一円でも高い場合はご相談ください。地域No.1の最安値店になるように、取り組んでいます。

東京上野秋葉原店のiPhone「アイフォン」画面割れ修理料金表はこちら

東京上野秋葉原店のiPhone「アイフォン」液晶割れ修理料金表はこちら

iPhone「アイフォン」画面割れ修理以外の修理内容は こちら よりご確認下さい。

それ以外の店舗は こちら よりご確認下さい。

iPhone「アイフォン」修理のアメモバ 東京上野秋葉原本店

〒110-0005

東京都台東区上野4-7-8アメ横センタービル1F-11号

■山手線・京浜東北線

「上野」駅不忍口徒歩約5 分

「御徒町」駅北口徒歩約5 分

■東京メトロ銀座線・日比谷線

「上野」駅5b 口徒歩約5 分

■秋葉原駅より徒歩約10分