少しの割れが実は危なかった!?iPhone「アイフォン」XRの画面割れ(軽度)交換修理事例

少しの割れが実は危なかった!?iPhone「アイフォン」XRの画面割れ(軽度)交換修理事例

  • 2021.02.07
  • 2021.02.07

iPhoneXRの右上の黄色の上に割れがある

皆さんこんにちは!iPhone修理のアメモバです!

本日は北区にお住まいのO様からアメモバ東京上野秋葉原店へiPhone「アイフォン」XRの画面割れ交換修理依頼がありました。

経緯としましては数日前に室内で落としてしまい、上部が少しだけ割れてしまいました。操作において問題はなかったのですが、割れが画面上まで来てしまっている事と、軽度割れだが何れ重度割れになってしまう可能性があるという事で、修理依頼して頂きました。

お持ち頂いた際もタッチ不良などはなく、軽度割れとして修理できるものでした。今回のお客様はアメモバ以外の修理店の記事で、軽度割れも危険という事を知ったそうですが、それは本当ですか?と聞かれました。

もちろん答えはYesです。軽度の放置により、重度になってしまった事例が少なからずあり、軽度割れも十分故障に値し、それの放置がガラスだけではなく内部の液晶まで徐々に悪くなっていく事があります。重度と軽度の違いについて、明確な定義を今ご紹介する事は難しいですが、あくまで軽度はガラスのみ割れてしまい、液晶は無事であり再利用可能なものを示します。

重度はその他液晶不良や液晶の再利用が出来ないものです。修理内容は全く同じですが、取り外したパーツの行方によって修理料金が変わってくるという事です。

それではやっていきましょう。

パネルを取り外す

iPhoneXRを完全に90°に開く

まずは端末を開き、内部状況について確認します。

少しの割れでも内部を確認すると、その破片が入り込んでいる事もあり、その破片は細かいパーツが多い内部においてかなり危険です。今回は何もなく、正常な状態です。

iPhoneの内部に取り付けられたコンデンサーは直径1mmほどしかなく、人的な作業以外でも入り込んだゴミなどによって故障してしまう事もあります。

iPhoneXRのパネルコネクタを青いヘラで取り外す

そして端末内部からパネルとバッテリーのコネクタを取り外していきます。

バッテリーは他のコネクタよりも先に取り外す必要があり、理由としてバッテリーはiPhone全ての動力源、電源であり、全ての動作において1番影響力があるといっても過言ではありません。

そのバッテリーはたとえ電源を切った後でも、他のパーツが遮断されるとショートやシステムパンクを起こす可能性があります。

そのためバッテリーを1番最初に取り外し、端末の電源を完全にOFFにしてから作業することが重要です。

これでパネルを完全に取り外す事ができます。

パネルパーツの移植

iPhoneXrの上部のセンサーパーツをアップで撮影する

iPhoneXRのパネルには実は一つしかパーツが取り付けられていません。

それがこの近接センサーパーツで、このパーツには近接センサー以外にもイヤスピーカーなども内蔵されています。

主に近接センサーは何に使われているのかというと電話の時に耳につけると画面が暗くなり、離すと点くといった動作やFaceIDにも使用されています。

という事はこのパーツが故障してしまうと上記の機能は使用できなくなるため、かなり重要なパーツです。

なぜここまで重要なのかというと理由はFaceIDにあり、FaceIDは一度故障してしまうとAppleによるセキュリティの問題から通常のパーツ交換では修理する事ができません。

もちろんiPhone修理アメモバではFaceIDの修理も受け付けています。そのためこのパーツは特に慎重に作業する必要があります。

iPhoneXRの上部パーツを金属のマイナスドライバーで取り外す

ただこのパーツはネジを取り外すと、あとは両面テープで固定されているだけで、薄いマイナスドライバーの様なものでゆっくりと剥がしていきます。

先程紹介した精密な近接センサーなどはガラスと直接密着されているため、この取り外し作業中に少しでも上にあげてしまうと簡単に近接センサーを壊してしまいます。

さらに両面テープのため、いつガッといってしまうかわかりません。こちらも注意しながら取り外していく必要があります。ただ、これでパネルパーツの取り外しは完了しました。

iPhoneXRの新しいパネルにパーツを取り付ける

そして新しいパネルを用意し、先程取り外したパネルパーツを取り付ければ、パネルパーツの移植が完全に完了します。

近接センサーも傷一つありません。

全て戻す

iPhoneXRのパネルコネクタを本体に取り付ける

はじめにパーツの移植をした新しいパネルを本体に取り付けていきます。

先程紹介した通り、バッテリーはとても危険なパーツであるため、最初に取り外し、最後に取り付ける必要があります。これで内部の作業は以上になります。

iPhoneXRの黄色い本体にネジを入れる

最後に底面のペンタローブネジという固定ネジを戻せば、iPhone「アイフォン」XRの軽度画面割れ交換修理が完了致します。

最後までご覧頂きありがとうございました。

チェックとあとがき

iPhoneXRのフィルムをめくりキレイになっているのを確認する

電源を入れると問題なく点き、タッチや表示も問題なく、FaceIDはもちろん正常です。

今回はiPhoneXRの画面割れ交換修理を紹介させて頂きました。iPhoneXRは例外ではありますが、iPhoneX移行に発売されたパネルのほとんどは液晶にかなり価値があります。

そのため、軽度と重度では料金が約半分くらい差があり、軽度割れで使用し続けて重度料金にならないように早めに修理することをオススメ致します。もちろんそれら以外の端末でも料金はかなり違うため、例外ではありません。特に今回のような上部の画面割れは液晶だけではなく、内部のFaceIDや様々なセンサーパーツの故障に繋がります。

万が一ご自身の端末が不安な場合は一度お持ち下さい。料金と一緒にご相談乗ります!

修理料金につきましては記事の1番下にある万が一軽度が重度か判断がつかない場合、一度直接お持ち頂ければ、簡単にお見積もりする事が可能です。

もちろんそのまま修理することも出来ますので、iPhoneXRの場合ですと大体30分前後で完了致しますので、是非お気軽にお持ち下さい。

iPhone「アイフォン」XR画割れ交換修理(軽度)費用はどのぐらいかかる?

アメモバは地域差安値を目指し、日々リサーチを行っています。アメモバは、なるべくお客様のご負担が少ないように、最適の部品を見つけ見積もりを出させていただきます。見積もり作成は無料ですのでお気軽にご利用ください。また、他店より一円でも高い場合はご相談ください。地域No.1の最安値店になるように、取り組んでいます。

東京上野秋葉原店のiPhone「アイフォン」画面割れ(軽度)修理料金表はこちら

東京上野秋葉原店のiPhone「アイフォン」画面割れ(重度)修理料金表はこちら

iPhone「アイフォン」画面割れ修理以外の修理内容は こちら よりご確認下さい。

それ以外の店舗は こちら よりご確認下さい。

iPhone「アイフォン」修理のアメモバ 東京上野秋葉原本店

〒110-0005

東京都台東区上野4-7-8アメ横センタービル 1F-27

■山手線・京浜東北線

「上野」駅不忍口徒歩約5 分

「御徒町」駅北口徒歩約5 分

■東京メトロ銀座線・日比谷線

「上野」駅5b 口徒歩約5 分

■秋葉原駅より徒歩約10分