iPhone「アイフォン」X 左上のひび割れ画面交換修理事例

iPhone「アイフォン」X 左上のひび割れ画面交換修理事例

  • 2020.09.23
  • 2020.09.23

iPhoneXの左上の画面割れ

皆さんこんにちは!iPhone修理のアメモバです!

本日は川越市のK様からアメモバ東京上野秋葉原店へiPhone「アイフォン」Xの画面割れ交換修理依頼がありました。経緯としましては友達と遊んでいる際に落としてしまい、割れてしまったそうですが、前回落とした時は液晶に緑の線が出て全く反応しなくなったので今回は大丈夫と安心したそうです。

ただ念の為サイトで調べるとiPhone修理のアメモバの記事が出てきて軽度割れでも危険だということを知り、すぐに持ってきて頂きました。

 

そして一つ質問されたのが「軽度」と「重度」の違いについてです。これは長くなってしまうため、最後のあとがきで説明したいと思います。なお割れ具合ごとに症状が変わっていきます。例えば軽度でよくあるのが「iPhoneX 一部だけ割れている」や「iPhoneX ガラスの割れ」などです。そして重度によくあるのが「iPhoneX 白い線」や「iPhoneX 画面が反応しない」などです。つまり簡単に言えば液晶まで不良が出ているか出ていないかの違いです。もちろん実際に見てみないとなんとも言えないですが万が一ご自身の携帯に同じような症状がありましたら参考程度にご確認下さい。

 

今回の場合、上部の割れになりますのでFaceIDに影響が出てもおかしくない状態です。

FaceIDは一度壊してしまうと簡単には治せず、画面やバッテリーなどと違い基盤の修理になるので時間も費用も多くかかってしまいます。

ですのですぐに作業に取り掛かりましょう!それではやっていきます!

端末を開く

アイフォンXの底面からグレーのネジを取る

初めに充電口の両サイドにある星型のネジを専用のドライバーを使用して2つ取っていきます。

このネジは内部でパネルと本体を固定しているネジでiPhone修理をする際は必ずといっていい程この作業をします。

アイフォンXの黒い画面とグレーの本体の間に金属のヘラを差す

次に本体とパネルの間に金属のヘラを差し込みます。

この時入れすぎてしまうと内部のパーツやコネクタの故障に繋がる為、必ず5mm程度しか入れません。

アイフォンXを開き両手で固定する

そして端末を開く事が出来ます。

余談ですがiPhoneの内部の良さはなんと言っても各パーツの構成です。まず一番左の2つ丸のある部品がインカメラやFaceIDの部品です。そしてその下にL字型のバッテリー、バッテリーにはめ込む様に取り付けられている物が基盤です。実にわかりやすく作られており、この小さいスペースをAppleはフル活用しています。流石です。

パネルを本体から取り外す

アイフォンXの金属製のコネクタカバーをピンセットで取り外す

まず基盤にあるコネクタカバーを取り外します。

iPhoneXは全てのパーツのコネクタを一箇所にまとめました。

アイフォンXの本体を片手で固定してパネルを取り外す

そしてパネルとパネルに取り付けられたパーツのコネクタを取り外し、パネル本体を取り外します。

パネルの部品を取り外す

取り外したアイフォンXのパネルから環境光センサーの部品のネジを取り外すiPhoneXのパネルの部品は、ほぼ一個しかありません。それが環境光センサーの部品です。

この部品にはイヤスピーカーなどもついていますが主に周辺の明るさに合わせて画面の明るさの調節を自動で行うパーツになります。環境光センサーのパーツはFaceIDのパーツと基盤で紐付けの設定がされているため、環境光センサーパーツを壊してしまうと他のパーツではFaceIDが動作しないようになっています。

アイフォンXの環境光センサーパーツを取り外す

パネル上部のセンサーパーツを慎重に取り外します。

これで部品の取り外しは完了です。

全て戻す

新しいiPhoneXのパネルと古いパネル

新しいパネルを用意し、取り外したパーツを取り付けていきます。

新しいアイフォンXのパネルに環境光センサーのネジを取り付ける

先程も言ったようにiPhoneXのパネルに取り付けられている部品は、ほぼ一つしかないため、そのセンサーパーツを取り付けていきます。

パーツを取り付けたアイフォンXのパネルを本体に取り付ける

そして新しくなったパネルを本体に戻します。

アイフォンXの金属のコネクタカバーをドライバーで取り付ける

次にコネクタカバーをして、ネジを締めていきます。

内部の作業はこれで完了します。

アイフォンXの底面の星型のグレーのネジを戻す

最後に底面のネジを取り付け、iPhone「アイフォン」Xの画面割れ交換修理の紹介を終わります。

最後までご覧頂きありがとうございました。

チェックとあとがき

新しくパネルを交換下アイフォンXのフィルムを剥がす

電源を入れ確認すると問題なく動作し、タッチなどに問題はありませんでした!

これで完全に修理完了になります。

それでは最初に話した軽度割れと重度割れについて説明致します。

iPhoneのパネルというのは大まかに液晶とガラスで別れていてガラスの方にあまり価値はありません。ただ液晶の方は再利用することが出来ます。例えばガラスだけ割れたパネルのガラスだけを剥がし、新しいガラスを貼ります。これで再度正常な液晶と変わりなく使うことが出来ます。もちろん液晶に問題がなくても実は割れていたりするので絶対軽度になるとは言えませんが、判断目安としてはこのような感じです。

ですのでやっていることは一緒でも、お客様の割れた液晶の価値によって修理の値段が変わってしまうということなんです。ご理解の程よろしくお願い致します。

万が一ご自身で判断が難しいと感じましたら是非iPhone修理のアメモバにお問い合わせ下さい!

iPhone「アイフォン」Xの画面割れの交換費用はどのぐらいかかる?

アメモバは常に地域最安値でiPhone修理をやっています!もしiPhoneび関するトラブルや質問がありましたら是非アメモバにお聞き下さい!お見積り、お問い合わせだけのお電話ご来店も大歓迎です!

 

iPhone「アイフォン」修理のアメモバの画面割れ交換料金((軽度)はこちら

iPhone「アイフォン」画面割れ交換修理以外の修理内容は こちら からご確認いただけます。

iPhone「アイフォン」修理のアメモバ東京上野秋葉原店はこちら

それ以外の修理対応店舗はこちら

iPhone「アイフォン」修理のアメモバ 東京上野秋葉原本店
〒110-0005
東京都台東区上野4-7-8アメ横センタービル1F-11号
■山手線・京浜東北線
「上野」駅不忍口徒歩約5 分
「御徒町」駅北口徒歩約5 分
■東京メトロ銀座線・日比谷線
「上野」駅5b 口徒歩約5 分
■秋葉原駅より徒歩約10分