”軽度割れの条件と修理紹介”iPhone「アイフォン」8の画面割れ交換修理事例

”軽度割れの条件と修理紹介”iPhone「アイフォン」8の画面割れ交換修理事例

  • 2020.12.30
  • 2020.12.30

iPhone8の左上の欠け

皆さんこんにちは!iPhone修理依頼のアメモバです!本日は台東区にお住まいのO様からアメモバ東京上野秋葉原店へiPhone「アイフォン」8の画面割れ交換修理依頼経がありました。緯としましては先日階段で落としてしまい、割れてしまったとの事です。

ただ割れた箇所はそこまで大きくなく、タッチや反応は問題ないと仰っておりました。ある程度チェックを行い今回は軽度割れと判断させ頂きました。

軽度割れとは?

iPhoneの割れた白いパネルが3つ

画面の割れには大きく分けて重度割れと軽度割れがあり、元々パネルは何層にも分けて作られています。

そのためその何層目までは軽度割れと決められております。軽度割れの方が安い理由としては液晶の再利用が関係しており、ガラスが割れたパネルの何層かを取り外し新しい物を取り付けると言った方法です。

この際に再利用する液晶に価値があるため、それさえ生きていればその分を引いた軽度割れというかなり安い修理価格になっています。

万が一ご自身の携帯が軽度割れで治せるかどうか気になる方は一度ご来店ください!すぐに確認してお見積もりさせて頂きます。

それではiPhone「アイフォン」8の画面割れ(軽度)修理やっていきましょう

パネルを取り外す

iPhone8のパネルを開き固定する

まずいくつかの手順で端末を開きます。

今回の割れはそこまでひどくなかったですが、もう少し酷い時は内部までガラスの破片が入ってしまう事もあります。ガラスの破片は傷付けやすく内部にある基盤やパーツがとても危険です。

それに内部に破片入る程パネルが劣化してしまった場合は、その部分を塞ぎすぐに修理に出しましょう。画面が割れてしまうことも十分危険ですが、内部の密封空間に穴が空いてしまったことの方が危険です。

iPhone8の金属のコネクタカバーを取り外す

そして基盤にある金属のカバーのようなものを取り外します。

これは「ブラケット」といい基盤に接続されたコネクタの接続部分を衝撃などから守っています。それに先程言ったガラスの破片やゴミ、チリなどもコネクタの接続部分に接触するととても危険なためブラケットが取り付けられています。

万が一このパーツが無かった場合、一度落としただけで端末は全く点かなくなる可能性が高いでしょう。

iPhone8のパネルを完全に取り外す

あとはそのコネクタの中からバッテリーのコネクタとパネルのコネクタを取り外せば、パネル本体を取り外すことが出来ます。

パネルパーツの移植

iPhone8のホームボタンをピンセットで取る

iPhone8のパネルには大きく分けて3つ程のパーツが取り付けられています。

まず1つ目がこのホームボタンパーツです。iPhone7からのホームボタンは沈まないようになっており、押すと振動するような構造になっています。これは防水性を高める為に必要でしたが、実際は押していないのにここまでプッシュ感が出るのはすごいことだと思います。

このパーツは固定が裏で行われていますが、取り外しは表からという構造になっています。

iPhone8のインカメラパーツを取り外す

次に2つ目のパーツ取り外していきます。それは上部のインカメラパーツです。

このパーツを2つ目のパーツとだけで収めるのは勿体ないような気がしますが、仕方ありません。実はこのインカメラパーツにはインカメラだけではなく様々なパーツが内蔵されており、例えば電話する時のいやスピーカー、外の明るさに合わせて画面の明るさを調節する環境光センサー、接近物を感知する近接センサーなどです。

それぞれ電話で多く使うものが多く近接センサーは画面を耳を当てると画面が暗くなり、話すと画面が点くといった機能に使用されています。かなり重要なパーツである事がわかります。

さらにこのパーツはコネクタにそれぞれのパーツが取り付けられたようなものなので、とても切れやすいです。そのためゆっくりと両面テープから剥がしながら取り外していきます。

iPhone8の金属シートを戻す

最後が背面に取り付けられた金属シートです。

これで全てのパーツが取り外せます。

iPhone8のパネルをもどす

新しいパネルを用意し、先程取り外した全てのパーツを取り付ければパネルパーツの移植は完了します。

全て戻す

iPhone8のコネクタカバーを戻す

まず最初に取り外したパネルのコネクタを取り付け、コネクタカバーも戻します。

最初もそうですが、この時にパネルは90°以上開いていません。理由としてはパネルのコネクタが関係しており、このコネクタはとても薄く切れやすく出来ています。

そのためこの状態で開きすぎると金属のコネクタカバーとパネルのコネクタが接触し、傷が付いてしまう可能性があります。

iPhone8の底面ネジを戻す

最後に底面のネジを取り付けます。

これは冒頭では紹介出来ませんでしたが、内部でパネルを本体を固定している超重要なパーツになり、落とした際に簡単に端末が開いてしまわないのはこのパーツのお陰でもあります。

これでiPhone「アイフォン」8の画面割れ交換修理は完了致します。

最後までご覧頂きありがとうございました。

チェックとあとがき

アイフォン8の画面のフィルムを剥がす

早速電源を入れ、確認すると問題なく点き、動作やタッチも正常です。

今回はiPhone「アイフォン」8の画面割れ交換修理を紹介させて頂きました。もちろん画面割れ修理と言っても「軽度」の修理になります。

冒頭でも説明した通り、軽度と重度では修理価格がかなり違い、画面割れにおいてとても重要であります。一言に軽度の条件と言えるものはないですが、少なくとも純正であることが重要です。いくら小さな欠けでもコピーパネルではそこまで価値はありません。

このようにパネルに取り付けられている液晶の価値で決められています。そのため万が一画面が割れてしまった場合は更に酷くなる前に修理しましょう。

軽い軽度割れから放置してタッチ不良が起きてしまい重度として判断された事例もございます。

もちろんiPhone修理ならお問い合わせだけでもアメモバにお任せ下さい!地域最安値、高品質でお客様の大事な携帯、データ守ります。

iPhone「アイフォン」8画面交換費用はどのぐらいかかる?

アメモバは地域差安値を目指し、日々リサーチを行っています。アメモバは、なるべくお客様のご負担が少ないように、最適の部品を見つけ見積もりを出させていただきます。見積もり作成は無料ですのでお気軽にご利用ください。また、他店より一円でも高い場合はご相談ください。地域No.1の最安値店になるように、取り組んでいます。

東京上野秋葉原店のiPhone「アイフォン」画面割れ修理料金表はこちら

東京上野秋葉原店のiPhone「アイフォン」液晶割れ修理料金表はこちら

iPhone「アイフォン」画面割れ修理以外の修理内容は こちら よりご確認下さい。

それ以外の店舗は こちら よりご確認下さい。

iPhone「アイフォン」修理のアメモバ 東京上野秋葉原本店

〒110-0005

東京都台東区上野4-7-8アメ横センタービル2F

■山手線・京浜東北線

「上野」駅不忍口徒歩約5 分

「御徒町」駅北口徒歩約5 分

■東京メトロ銀座線・日比谷線

「上野」駅5b 口徒歩約5 分

■秋葉原駅より徒歩約10分