画面の所まで割れているiPhone「アイフォン」6sの画面交換修理事例

画面の所まで割れているiPhone「アイフォン」6sの画面交換修理事例

  • 2020.09.03
  • 2020.09.03

アイフォン6sのサイドの画面割れ皆さんこんにちは!iPhone修理のアメモバです!

本日は港区のA様からアメモバ東京上野秋葉原店へiPhone6sの画面割れ交換修理依頼がありました。

経緯としてはアスファルトにこの端末を落としてしまい、右側だけ割れてしまったようです。

操作や液晶には問題ありませんでしたが過去のアメモバの記事を読んですぐに修理依頼に来たそうです。

iPhone修理店としてはとても良い判断だと思いました。

それではiPhone6sの画面割れ交換修理やっていきましょう!

端末を開ける

アイフォン6sの底面のネジを取り外す

まずiPhoneの修理をするには分解しないと出来ないですよね。

そのために端末の底面にある星型のネジを取り外していきます。

アイフォン6sの画面と本体の間に金属のヘラを差し込みます

そして本体とパネルの間に薄く隙間を作り、そこに金属のヘラを差し込んでいきます。

これはパネルと本体を密着させるための両面テープを剥がすために行います。

アイフォン6sのパネルを持ち本体から剥がします

これだけでiPhoneは開くことが出来ます。

もちろん注意すべき点は沢山ありますが手順としては短いです。

パネルと取り外す

アイフォン6Sのパネルを持ったまま内部のバッテリーコネクタカバーのネジを取り外します

まずiPhoneは修理する際必ずバッテリーのコネクタを取り外さなければなりません。

バッテリーを取り外す事によって他のパーツのショートや故障を防ぐことが出来ます。

なのでバッテリーのコネクタカバーのネジを取り外します。

アイフォン6sの内部からバッテリーのコネクタカバーを取り外します

ネジが取れたらカバーを取り外します。

アイフォン6sのパネルのコネクタカバーも同様に取り外します

上部にあるパネルやカメラのコネクタカバーも同様に取り外します。

アイフォン6sの基盤のソケットからバッテリーのコネクタを取り外します

そして先程も言ったようにバッテリーのコネクタを先に取り外します。

アイフォン6sの基盤のソケットからパネルのコネクタを取り外します

後からパネルなどのコネクタを取り外していきます。

アイフォン6sの本体からパネルを取り外します

これでパネルを取り外すことが出来ます。

パネルのコネクタはとても薄く切れやすいため開く時も取り外すときも特に注意すべき点です。

パネルの部品を付け替える

アイフォン6sのパネルの両サイドのネジを取り外します

まずパネルの両サイドいあるネジを取り外していきます。

これは金属のシートのネジで、このシートはiPhoneの耐熱効果を向上させている大事な部品です。

アイフォン6sのパネルから金属のシートを取り外す

金属のシートが取り外せました。

アイフォン6sのパネルからホームボタンの金属カバーを取り外す

次にホームボタンカバーのネジを取り外し、カバーを取ります。

アイフォン6sのパネルからホームボタンを取り外す

そしてホームボタンを取り外します。

ホームボタンやそのコネクタはパネルに両面テープで接着されており、パネルなどのコネクタより細く更に切れやすいため特に注意が必要です。

またホームボタンは一度壊してしまうと新しい物に交換しても指紋認証は使えなくなってしまうため絶対に壊さない様にします。

アイフォン6sのパネルからインカメラの固定ネジを取り外す

つぎに上部のインカメラやイアやスピーカーなどの部品を取り外していきます。

まず金属のカバーを取ります。

アイフォン6sのパネルからインカメラの部品を取り外す

そして部品を取り外します。

これでパネルから取り外す部品は全て取り外しました。

次に取り外した全てのパーツを新しいパネルに取り付けていきます。

新しいアイフォン6sのパネルにインカメラの全ての部品を取り付ける

まずインカメラなどの上部の部品を取り付けます。

新しいアイフォン6s用のパネルにホームボタンの全ての部品を取り付けます

次にホームボタンを取り付け、金属シートを取り付けたら最後のネジを締めます。

全ての部品を取り付けた新しいアイフォン6sのパネルと古いパネル

これで壊れたパネルから新しいパネルへの部品移植が完了しました。

全て戻す

新しいパネルをアイフォン6sの本体に戻す

パネルのコネクタを戻しバッテリーのコネクタを最後に戻したらコネクタカバーを取り付け、内部は完了です。

アイフォン6s本体の底面のネジを取り付ける

そして底面の星型のネジを戻したらiPhone6sの画面割れ交換修理が完了します。

最後までご覧頂きありがとうございました。

あとがき

割れているアイフォン6sのパネルと新しいパネルに交換したアイフォン6s

本日はiPhone6sの画面割れ交換修理(軽度)を紹介させて頂きました。

最初にも言ったように、なぜお客様の判断が良かったのか?それは画面割れの軽度と重度の違いにあります。

軽度はまだ大丈夫な物として判断されている方がいらっしゃいますが、それは勘違いです。たしかに軽度と言っても色々な割れ具合があります。端っこの小さい欠けでは問題が起きる可能性は低いかもしれません。ただ今回のような軽度として判断できるが、右上の割れが酷く、液晶の上まで割れてしまっているものは問題が起きる可能性は十分にあります。そもそもiPhoneの基盤は右側にあり液晶以外の故障を起こしてしまう可能性があります。それから液晶の上の割れはゴーストタッチによるタッチ不良、最悪の場合データ消去となることは十分ありえます。

またこのパネルは右上の損傷がひどいので液晶を含めたアウトカメラ、インカメラ、環境光センサー、イヤスピーカーなど多くの部品の損傷に繋がります。今は大丈夫という時が一番危険です。すぐに修理しましょう!

iPhone「アイフォン」6sの画面割れの交換費用はどのぐらいかかる?

アメモバは常に地域最安値でiPhone修理をやっています!もしiPhoneに関するトラブルや質問がありましたら是非アメモバにお聞き下さい!お見積り、お問い合わせだけのお電話ご来店も大歓迎です!

 

iPhone「アイフォン」6sの画面割れ交換修理のアメモバの液晶交換料金(軽度)はこちら

 

iPhone「アイフォン」6sの画面割れ交換修理以外の修理内容は こちら からご確認いただけます。

iPhone「アイフォン」修理のアメモバ東京上野秋葉原店はこちら

それ以外の修理対応店舗はこちら

iPhone「アイフォン」修理のアメモバ 東京上野秋葉原本店
〒110-0005
東京都台東区上野4-7-8アメ横センタービル1F-11号
■山手線・京浜東北線
「上野」駅不忍口徒歩約5 分
「御徒町」駅北口徒歩約5 分
■東京メトロ銀座線・日比谷線
「上野」駅5b 口徒歩約5 分
■秋葉原駅より徒歩約10分