「iPhoneXRのカメラに”黒い丸”が写ってしまう事例が多発中」iPhoneXRのアウトカメラ交換修理事例

「iPhoneXRのカメラに”黒い丸”が写ってしまう事例が多発中」iPhoneXRのアウトカメラ交換修理事例

  • 2020.12.07
  • 2020.12.07

アイフォンXRのカメラの黒丸を確認する

皆さんこんにちは!iPhone修理のアメモバです!
本日は横浜市のY様からアメモバ上野秋葉原店へiPhone「アイフォン」XRのアウトカメラ交換修理依頼がありました。経緯としましては数ヶ月前にアウトカメラレンズが割れてしまい、カメラの画質が明らかにおかしくなったようでカメラレンズ割れ交換修理を依頼したそうです。しかしその時にはアウトカメラ本体まで傷ついておりカメラレンズ交換だけでは見栄えが良くなっただけでカメラ自体は治らなかったとのことです。最近はQRコードも読み込みにくくなり、なんといっても通常に写真が撮れないということがかなり不便に感じ、修理依頼して頂きました。こちらのお客様はメールでお問い合わせを頂いてお見積もりしてからご来店頂いたお客様です。

それではiPhone「アイフォン」XRのアウトカメラ交換修理やっていきましょう。

端末を開く

アイフォンXRの底面ネジを掴む

まずは簡単な手順で端末を開く必要があります。最初は底面にあるこちらのネジです。

このネジはペンタローブネジといい大体のiPhoneの底面に2本取り付けられているパーツです。このネジのおかげでiPhoneを強く落とした際などにパネルが無理矢理剥がれてしまわないようになっています。

アイフォンXRにヘラを差し込む

次に本体の縁に一周取り付けられた両面テープを剥がしていきます。

この両面テープは本体のフレームとパネルを完全に固定しており、このテープが採用されたiPhone6s以降の端末については防水性や強度がかなり向上しています。

アイフォンXRの端末を開く

これで端末を開く事が出来ます。iPhoneXRの場合、横開きで本のように開くようになっています。

パネルを取り外す

アイフォンXRのコネクタカバーを全て取り外す

パネルは本体に複数本のコネクタで接続されています。

それぞれ環境光センサーや液晶、タッチなど役割によって分かれています。まずはその全てのコネクタカバー取り外します。

アイフォンXRのバッテリーのコネクタを先に取り外す

そしてコネクタを取り外していきますが、まずはバッテリーのコネクタを先に取り外していきます。

バッテリーは電源を切っていても流電している可能性があり、バッテリーのコネクタがついた状態で他のコネクタを取り外すのはとても危険です。

アイフォンXRのコネクタを全て抜き、パネルを取り外す

あとはパネルのコネクタを全て取り外せばパネルを完全に取り外すことが出来ます。

アウトカメラを付け替える

アイフォンXRのアウトカメラカバーを取り外す

アウトカメラは外から見ても分かる通り、角に取り付けられています。

内部からは金属カバーに完全に隠れており、本体が見えません。まずはその金属カバーを取り外していきます。

アイフォンXRのアウトカメラ本体をピンセットで掴む

そしてアウトカメラ本体を取り外します。
肉眼ではレンズ部分にこれといった傷は見当たりません。それだけ細かい傷があれだけカメラに影響を及ぼすということがわかります。

アイフォンXRのカメラを取り付ける

新しいアウトカメラを用意します。先程からわかるようにアウトカメラはとても精密でアウトカメラ本体のレンズも含めてすぐに故障してしまいます。そのため注意しながら本体に取り付けていきます。

この時にカメラレンズとカメラ本体の間に埃やゴミが入らないようにします。少しのチリやゴミなどで簡単にレンズを傷つけてしまいます。
これでアウトカメラの付け替えが完了します。

全て戻す

アイフォンXRのカメラの金属カバーネジを戻す

まずはアウトカメラの金属カバーを戻していきます。金属カバーは2つ程のネジで取り付けられており、実はこのネジは磁石の影響を受けない特殊な素材で作られています。アウトカメラの近くに磁気のあるものを近くに取り付けていると撮影の際にブレたり細かく動いたりしてうまく撮影出来ない場合があります。

アイフォンXRのコネクタを全て取り付ける

そしてパネルのコネクタを全て取り付けます。コネクタをとても薄く切れやすいため、慎重に取り付けていく必要があります。

アイフォンXRのコネクタカバーを戻す

あとはバッテリーのコネクタも同様に戻し、コネクタカバーを取り付けます。

内部の作業は以上になります。

アイフォンXRの底面ネジを戻す

最後に底面のネジを戻し、iPhone「アイフォン」XRのアウトカメラ交換修理が完了します。

チェックとあとがき

アイフォンXRの修理後のアウトカメラを確認する

電源を入れ、カメラを起動すると問題なく撮影が開始されました。画質も綺麗に戻っています。
今回はiPhone「アイフォン」XRののアウトカメラ交換修理を紹介させて頂きました。先程言ったようにアウトカメラはとても精密なパーツで、少しのチリやゴミですぐに壊れたり、今回のお客様のように黒い丸が出てきてしまう症状があります。実は最近になり通常に使用していたのに劣化によって黒い丸が出てきてしまう症状が多発しています。特にiPhoneX以降の端末に多いためお客様自身で一度白い壁などに写し良く凝らして確認してみて下さい。そこから数が増えたり、濃くなっていってしまう前兆にもなり得るのでもし修理するのであれば地域最安値のiPhone修理アメモバにお任せ下さい!

iPhone「アイフォン」Xsのカメラ交換修理の値段はいくら?

アメモバは常に地域最安値で修理しており、カメラレンズ割れ交換修理にかかる時間は機種によりますが依頼を受けてからお渡しするまで約40分ほどで完了します。iPhoneに関するトラブルなどありましたら是非アメモバにお任せ下さい!

iPhone「アイフォン」修理のアメモバ 東京上野秋葉原店のカメラ本体の修理料金は こちら

iPhone「アイフォン」修理のアメモバのカメラ交換修理以外の修理料金は こちら

iPhone「アイフォン」修理のアメモバ東京上野秋葉原店はこちら

それ以外の修理対応店舗はこちら

iPhone「アイフォン」修理のアメモバ 東京上野秋葉原本店
〒110-0005
東京都台東区上野4-7-8アメ横センタービル2F
■山手線・京浜東北線
「上野」駅不忍口徒歩約5 分
「御徒町」駅北口徒歩約5 分
■東京メトロ銀座線・日比谷線
「上野」駅5b 口徒歩約5 分
■秋葉原駅より徒歩約10分