画質が落ちた??ボヤけた画質のiPhone「アイフォン」Xのアウトカメラ交換修理事例

画質が落ちた??ボヤけた画質のiPhone「アイフォン」Xのアウトカメラ交換修理事例

  • 2021.01.19
  • 2021.01.19

iPhoneXのカメラをキャンディで確認する

皆さんこんにちは!iPhone修理のアメモバです!

本日は北区にお住まいのI様からアメモバ東京上野秋葉原店へiPhone「アイフォン」Xのアウトカメラ交換修理依頼がありました。

経緯と症状

iPhoneXのカメラを比べる

経緯としましては1ヶ月前くらいに落として、アウトカメラレンズが割れてしまったそうです。

すぐに修理店に持っていき、アウトカメラレンズだけ交換したそうですが、後から確認するとアウトカメラが曇った感じで、画像にムラがあるということを発見し、修理店にお電話したそうですが、アウトカメラ本体の可能性が高いと言われたらしく、地域最安値のiPhone修理アメモバにお持ち頂きました。

確認すると確かに交換されたカメラレンズは問題ありません。アウトカメラはとても繊細なパーツで特に本体のレンズ部分は少しの傷でも簡単に不具合を起こしてしまいます。

それだけ繊細なパーツだからこそ、カメラレンズが割れてしまった場合、アウトカメラ本体まで不具合が起きたり、後から徐々に症状を表す場合もあります。さらにアウトカメラ本体はレンズと違ってパーツ代も高い為、アウトカメラレンズが割れた時点ですぐに修理することをオススメします。

それではやっていきましょう!

パネルを取り外す

iPhoneXの端末を両手で開く

まずいくつかの工程で端末を開きます。

アウトカメラレンズが割れていたり、割ったことがある場合は必ず内部を細かくチェックする必要があります。アウトカメラレンズが割れたという事は内部の密封性が損なわれ、ガラスの破片なゴミが入り込んでしまっている場合があり、それらのゴミは基盤に悪影響です。

もしあったら綺麗に拭き取ります。

今回は内部に問題はなく、それ以外の部分も特に問題ありません。

iPhoneXのコネクタを青いヘラで取り外す

次に基盤にはほとんどのコネクタが接続された区域があり、この区域は金属カバーで守られ、簡単には取り外せないようになっています。

その金属カバーを取り外し、パネルとバッテリーのコネクタを基盤のソケットから取り外していきます。

これでバッテリーという電源を断ち、パネルを取り外すために必要なコネクタを全て取り外することが出来ました。

iPhoneXのパネルが完全に外れる

そしてパネルを本体から完全に取り外す事ができます。

今回はアウトカメラ交換のため、パネルの方は作業しません。清潔な場所で保管しておきます。

アウトカメラを付け替える

iPhoneXのカメラカバーを取り外す

まずアウトカメラは上部の金属カバーによって守られている為、その金属カバーを取り外していきます。

アウトカメラは先程説明した通り、かなり繊細なパーツになるため、このような金属カバーやスポンジで頑丈に裏面からも守られています。

iPhoneXのアウトカメラ本体を取り外す

あとはアウトカメラのコネクタを基盤から取り外し、ピンセットなどでアウトカメラ本体を取り外していきます。これでアウトカメラの取り外し作業は完了します。

取り外したアウトカメラ本体のレンズを確認すると細かい傷が沢山あり、凸凹した所が沢山ありました。

これは見るからに通常使用が難しく、画質が曇る理由もわかります。

アウトカメラはこのような写真には映らない傷だけで簡単に使えなくなってしまいます。

新しいiPhoneXのアウトカメラを取り付ける

そして新しいアウトカメラパーツを用意し、本体に取り付けていきます。

あとはアウトカメラの金属カバーも取り付ければ、アウトカメラ本体の付け替えが完了します。

全て戻す

iPhoneXのパネルを戻す

まず最初に取り外したパネルを本体に取り付けていきます。

これらのコネクタは実はとても薄く、とても切れやすく出来ています。そのため少しでも負担をかけてしまうと切れてしまう可能性があるため、なるべく不可がかからないように取り付けていきます。

あとは金属のコネクタカバーを戻せば内部作業は完了になります。

iPhoneXの底面ネジを戻す

最後に端末を閉じ、底面のネジを戻していきます。

このネジは冒頭でご紹介出来なかったですが、ペンタローブネジと言い、本体のパネルを内部で固定しているネジになります。

これでiPhone「アイフォン」Xのアウトカメラ交換修理が完了します。

最後までご覧頂きありがとうございました。

チェックとあとがき

iPhoneXの修理後のカメラを確認する

電源を入れ、確認すると問題なく綺麗に撮影でき、撮った写真を確認しても何も不具合はありませんでした。

今回はiPhone「アイフォン」Xのアウトカメラ交換修理を紹介させて頂きました。

冒頭でも説明した通り、アウトカメラパーツはとても繊細でかなり壊れやすいパーツです。それにアウトカメラレンズもガラスであるため、割れてしまうことは十分にあります。

万が一アウトカメラレンズが割れてしまった場合はアウトカメラ本体に不具合が起きる前に修理した方が修理代も安く済みます。なぜそこまでアウトカメラパーツが高くなってしまうのか、それは言うまでもなくiPhoneのカメラの質が高すぎるからです。

特にiPhoneX以降のカメラは大体がデュアルカメラを採用しており、今までの画質を超える為、物凄く工夫と技術がかけられています。それだけ最強とも言えるカメラを少しカメラレンズが割れてしまっただけで失うのはかなりショックですよね…。

最近ではカメラレンズが割れていなくても劣化によって不具合が起きる事も少なくありません。特に”黒い丸”などは最近iPhoneX、iPhoneXsでよく見られる症状のため、心当たりがない方とぜひ一度確認してみて下さい。

黒い丸の交換修理事例はこちら

もちろんアウトカメラレンズ交換修理も こちら で紹介しておりますので、ぜひご覧下さい。

iPhone「アイフォン」Xのカメラ交換修理の値段はいくら?

アメモバは常に地域最安値で修理しており、カメラレンズ割れ交換修理にかかる時間は機種によりますが30分ほどです!依頼を受けてからお渡しするまで約40分ほどで完了します!iPhoneに関するトラブルなどありましたら是非アメモバにお任せ下さい!

iPhone「アイフォン」修理のアメモバ 東京上野秋葉原店のカメラ本体の修理料金は こちら

iPhone「アイフォン」修理のアメモバのカメラ交換修理以外の修理料金は こちら

iPhone「アイフォン」修理のアメモバ東京上野秋葉原店はこちら

それ以外の修理対応店舗はこちら

iPhone「アイフォン」修理のアメモバ 東京上野秋葉原本店
〒110-0005
東京都台東区上野4-7-8アメ横センタービル 1F-27
■山手線・京浜東北線
「上野」駅不忍口徒歩約5 分
「御徒町」駅北口徒歩約5 分
■東京メトロ銀座線・日比谷線
「上野」駅5b 口徒歩約5 分
■秋葉原駅より徒歩約10分