インカメラが曇る??iPhone「アイフォン」8Plusのインカメラ交換修理事例

インカメラが曇る??iPhone「アイフォン」8Plusのインカメラ交換修理事例

  • 2020.12.22
  • 2020.12.22

iPhone8Plusのインカメラを確認する

皆さんこんにちは!iPhone修理のアメモバです!
本日は川口市のY様からアメモバ東京上野秋葉原店へiPhone「アイフォン」8Plusのインカメラ修理依頼がありました。

経緯としましては以前画面割れをしてしまった際に上部の部分が酷く損傷してしまいインカメラまでキズがついてしまったそうですが、その時は画面交換だけしたそうです。ただ実際使用しているとかなり曇ったような感じで不便だということで修理依頼して頂きました。

インカメラは使用機会も多く、使いたい時に使えないのはとても不便だと思います。
実はインカメラというのは単体の部品ではなく、大きく分けてイヤスピーカーや環境光センサー近接センサーなど重要なセンサーやパーツが一緒に接続されています。そのためインカメラに何かしら不具合が起きて放置していると別のパーツまで故障しかねません。

イヤスピーカーが壊れると電話がスピーカーかイヤホンでしか出来なくなり、環境光センサー近接センサーが壊れると電話で耳に当てた時に画面がくらいならず、頬で切るボタンを押してしまう可能性があります。

そうなる前に早急に修理していきましょう

パネルを取り外す

iPhone8Plusの端末を開き、固定する

まずパネルは本体の縁とガッチリ固定されているため、手順を踏まえながら端末を開きます。

もちろんパネルのコネクタは本体に接続されているため、この状態で完全に取り外す事はできません。

このコネクタは数本接続されており、薄く切れやすいため、開く際は注意して開いていきます。

青いヘラでiPhone8Plusのコネクタを取る

そしてそのコネクタがある部分からバッテリーやパネルのコネクタを全て取り外します。

ただこの取り外しの際は必ずバッテリーのコネクタから先に取り外す必要があり、理由としてはバッテリーは電源力であることからバッテリーに抜く前に他のパーツのコネクタを抜いてしまうとパーツがショートしてしまったり、システムがパンクしてデータが消えてしまう可能性もあります。

そのためまずはバッテリーという電源を完全に断つことが重要です。

iPhone8Plusのパネルを取り外す

そしてパネルを完全に取り外す事が出来ます。

インカメラや先程言ったセンサーパーツは全てパネルに取り付けられています。そのため今回はパネルだけを残し、本体は保管しておきます。

インカメラの移植

青いヘラでiPhone8Plusの上部を指す

パネルの上部を見るとパーツが金属カバーで固定されているのが分かります。

そして青いヘラで指しているのがインカメラになります。

ただ金属カバーがあり、見えにくいので金属カバーを取り外してからインカメラ本体を確認します。

ピンセットでiPhone8Plusのパーツをめくる

金属カバーを取り、ピンセットでインカメラを軽くめくります。

インカメラのレンズ部分には傷がたくさん付いており、あそこまで曇ってしまうのも無理がありません。

金属カバーは既に取れているので後は両面テープがら剥がし取り外していきます。

ピンセットでiPhone8Plusのインカメラ本体を取り外す

これで取り外す事が出来ました。

パーツのみでみるとほぼコネクタのようなパーツで、簡単に切れてしまいそうです。

ただこの薄いパーツに先程のセンサーたちが取り付けられているため、慎重に扱います

iPhone8Plusの上部の金属カバーをドライバーで止める

あとは新しいパーツを取り付け、金属カバーを戻せばインカメラパーツの移植が完了します。

全て戻す

iPhone8Plusのコネクタを指で取り付ける

そして最初に保管しておいた本体を用意し、パーツの移植をしたパネルを取り付けていきます。

この時もバッテリーの順番には気をつけます。最初で始まり最後で終わるというのが精密機械の原則です。iPhone8Plusの金属カバーを締める

そして金属カバーを戻し、端末を閉じればiPhone「アイフォン」8Plusのインカメラ交換修理が完了致します。

ちなみにコネクタカバーは落とした時の衝撃などを最小限に出来るため、とても重要なパーツです。

チェックとあとがき

修理後のiPhone8Plusのインカメラの動作チェックを行う

電源入れインカメラを確認すると問題なく撮影出来ています。画像に曇りなどの跡は見当たりません。

最後までご覧頂きありがとうございました。

今回はiPhone「アイフォン」8Plusのインカメラ交換修理を紹介させて頂きました。

今回のお客様は画面割れによるインカメラの故障でした。ただ最初の方は問題がなかったようで、画面が割れて1週間くらい経ってからインカメラの曇りが気になって来たそうです。画面が割れてから特に衝撃を与えてしまうような事はしていないそうですが、この短期間でインカメラが故障してしまいました。

インカメラに関わらずカメラというのはとても繊細な部品です。そのためアウトカメラもカメラレンズが割れてから数日でカメラ本体まで故障してしまうことが多いです。万が一今回のお客様のように上部の画面割れでインカメラ故障の原因になりそうでしたら直ちにテープなどで塞ぎ応急処置をしましょう。

画面割れですぐに直すのはもちろんですが、インカメラも同様にすぐに修理する事をオススメ致します。

もちろん修理料金で地域最安値のアメモバにお任せ頂ければ数十分で修理し、修理後一週間の保証付きでございます。

iPhone「アイフォン」8Plusのインカメラ交換修理の値段はいくら?

今回の修理料金は 7980円+税でした。

アメモバは常に地域最安値で修理しており、インカメラ交換修理にかかる時間は機種によりますが30分ほどです!依頼を受けてからお渡しするまで約40分ほどで完了します!iPhoneに関するトラブルなどありましたら是非アメモバにお任せ下さい!

iPhone「アイフォン」修理のアメモバのカメラの交換修理最安値料金は こちら

それ以外の修理内容は こちら

iPhone「アイフォン」修理のアメモバ東京上野秋葉原店はこちら

それ以外の修理対応店舗はこちら

iPhone「アイフォン」修理のアメモバ 東京上野秋葉原本店
〒110-0005
東京都台東区上野4-7-8アメ横センタービル 1F-27
■山手線・京浜東北線
「上野」駅不忍口徒歩約5 分
「御徒町」駅北口徒歩約5 分
■東京メトロ銀座線・日比谷線
「上野」駅5b 口徒歩約5 分
■秋葉原駅より徒歩約10分