【多発中】カメラに黒い点が写り込む??iPhone「アイフォン」7のアウトカメラ交換修理事例

【多発中】カメラに黒い点が写り込む??iPhone「アイフォン」7のアウトカメラ交換修理事例

  • 2021.04.15
  • 2021.05.14

アイフォン7のアウトカメラ黒い点と赤い矢印

皆さんこんにちは!iPhone修理のアメモバです!
本日は西東京市にお住まいのY様からアメモバ東京上野秋葉原店へiPhone「アイフォン」7のアウトカメラ交換修理依頼がありました。

特にこれといった経緯はなく、普段使用している分には風景や背景のこともあり、気づかなかったそうですが、ある日、白い背景で写真を撮ると真ん中に黒い点のようなものが写っていることに気が付きました。

このiPhoneのアウトカメラに写る黒い点は、カメラ本体の故障または不具合の可能性が高く、カメラレンズなどの問題ではありません。基本的にはカメラレンズが割れてしまい、カメラ本体に傷がつき黒い点として写り込むことがほとんどですが、最近では今回のように破損歴のない端末まで、黒い点が写り込む事例が多発しています。

実際にこの症状がiPhone7からiPhoneXsまでの端末で起きていることが多いため、当店では劣化が原因と判断して修理しています。また当店の事例ではありますが、バイクなど振動のかかる場所に置く機会が多い方の端末は、黒い点が写りこみ、尚且その数もかなり多いように感じます。

さてそれではiPhone「アイフォン」7のアウトカメラ交換修理やっていきます!

端末を開く

アイフォン7の底面ネジを取り外す

まずは底面の「ペンタローブネジ」という固定ネジを2本、本体から取り外していきます。

このネジのために、1つ特殊なドライバーを用意する必要がありますが、それほどにiPhoneの内部は頑丈に守られているということが分かります。

アイフォン7の本体にヘラで隙間を作る

次に薄い金属のヘラを使用して、端末の本体とパネルの間をスライドします。

こうすることにより、端末の全ての辺に隙間を作ることができ、簡単にパネルを本体から剥がすことができます。

アイフォン7の端末を開く

これで端末を開くことができました。

一度も破損経験がないため、古いiPhone7なのにも関わらず、内部の状態はかなり綺麗です。これだけ綺麗に使用していても劣化してしまうのがバッテリーですが、今後アウトカメラもその1つになるかもしれません。

パネルを取り外す

アイフォン7のブラケットを取り外す

iPhone7のパネルは本体に数本のコネクタで接続されています。

それらのコネクタは薄い金属のカバー「ブラケット」というパーツで守られており、簡単な衝撃でコネクタが取れてしまわないように取り付けられています。

そのブラケットを固定する数本のネジを外し、ピンセットで本体から取り外します。

iPhone7のバッテリーコネクタを取り外す

そしてバッテリーのコネクタやパネルのコネクタなど計4本取り外していくのですが、この際に必ず金属性のヘラなどは使用せず、プラスチックなど基盤を傷つけないもので、作業します。

とくに基盤には1mmにも満たないコンデンサなどがかなり接続されているため、慎重に行う必要があります。

アイフォン7のパネルを完全に取り外す

これでパネルを完全に取り外すことができます。

パネルは一時的に保管しておきます。

アウトカメラを付け替える

アイフォン7のアウトカメラカバーを取り外す

まずアウトカメラをガードしている、金属カバーを本体から取り外していきます。

余談ですが、iPhoneに使用されているカメラは磁石にかなり影響を受けやすいため、カメラ周辺のネジやパーツは全て磁石の影響がない素材で作られています。

アイフォン7のアウトカメラ本体を取り外す

カバーを取り外すとカメラ本体が型にはめられているのが分かります。アウトカメラは先程の金属カバー以外固定するものが実はありません。

そのため、ピンセットでゆっくりと引っ張ると本体から完全に取り外す事ができます。

アイフォン7の新しいアウトカメラを取り付け、カバーを戻す

あとは新しいアウトカメラを用意し、本体に取り付け、金属カバーを戻します。

これでアウトカメラを付け替えが完了致します。

全て戻す

アイフォン7のパネルと金属カバーを戻す

まずは最初に取り外したパネルを本体に取り付けていきます。

金属カバーのブラケットも戻せば、内部の作業は以上です。

アイフォン7の底面ネジを戻す

あとは端末を閉じ、底面のネジを取り付ければiPhone「アイフォン」7のアウトカメラ交換修理が完了致します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

チェックとあとがき

アイフォン7のカメラが正常になった

電源を入れ、実際にカメラの確認を行うと問題なく黒い点は消え、正常に動作するようになりました。

今回はiPhone「アイフォン」7のアウトカメラ交換修理を紹介させていただきました。アウトカメラは冒頭でもご紹介した通り、使用している以上必ず劣化してしまうパーツになりました。今までそういった事例は聞かなかったですが、最近の修理件数や情報の多さから、バッテリーに続いて劣化しやすいパーツです。

さらにアウトカメラはバッテリーと違い、パーツ自体にかなりの価値があるため、修理代も他のパーツに比べると高額です。しかしこのような事例を受けてiPhone修理アメモバは、地域最安値を目指し価格の更新を行っています。

もちろんアウトカメラ以外にも端末の不具合、不明点がございましたら、是非iPhone修理アメモバにお問い合わせください!

iPhone「アイフォン」7のカメラ交換修理の値段はいくら?

アメモバは常に地域最安値で修理しており、カメラレンズ割れ交換修理にかかる時間は機種によりますが30分ほどです!依頼を受けてからお渡しするまで約40分ほどで完了します!iPhoneに関するトラブルなどありましたら是非アメモバにお任せ下さい!

iPhone「アイフォン」修理のアメモバ 東京上野秋葉原店のカメラ本体の修理料金は こちら

iPhone「アイフォン」修理のアメモバのカメラ交換修理以外の修理料金は こちら

iPhone「アイフォン」修理のアメモバ東京上野秋葉原店はこちら

それ以外の修理対応店舗はこちら

iPhone「アイフォン」修理のアメモバ 東京上野秋葉原本店
〒110-0005
東京都台東区上野4-7-8アメ横センタービル 1F-27
■山手線・京浜東北線
「上野」駅不忍口徒歩約5 分
「御徒町」駅北口徒歩約5 分
■東京メトロ銀座線・日比谷線
「上野」駅5b 口徒歩約5 分
■秋葉原駅より徒歩約10分