【iPhone7】充電器を抜くと電源が落ちてしまう原因と修理費用について

【iPhone7】充電器を抜くと電源が落ちてしまう原因と修理費用について

  • 2020.12.27
  • 2021.04.22

本日、千葉県柏市N様からアメモバ柏駅前店へiPhone「アイフォン」7のバッテリー交換依頼がありました。

iPhone7バッテリー

充電満タンでも充電器から外すと5分もしないうちに電源が落ちてしまうということでお持ち込み頂きました。iPhone「アイフォン」の設定から確認してみるとバッテリー容量も少なく、バッテリーに関するメッセージも出ていました。バッテリーの不良が原因です。バッテリーに関する詳しい記事はコチラ。画面割れしているが新年明けたらすぐ機種変更するということで画面割れはそのままでということでした。

iPhone「アイフォン」7バッテリー交換手順

それではバッテリー交換をしていきます。

iPhone「アイフォン」下部のネジを外す

iPhone7星ネジ

iPhone「アイフォン」を開けてバッテリーを交換します。そのままでは開けないので固定されている下部のネジを外します。

フロントパネルを開ける

iPhone7開ける

基盤を軸にフロントパネルを開けます。iPhone「アイフォン」7以降の機種は防水のためフレームとパネルが防水テープで固定されています。フロントパネルが割れないように(今回は割れが広がらないように)開けていきます。

コネクター保護用のプレートを外す

iPhone7プレート

フロントパネルを外して作業します。フロントパネルと基盤がコネクターで繋がっているため外すことができません。コネクターを外しフロントパネルと基盤を分離させます。まずはコネクターを保護しているプレートを外します。

iPhone7プレート2

上部もコネクターで繋がっているため外しますが、こちらもまずはコネクター保護プレートを外します。

コネクターを外す

iPhone7コネクター

フロントパネルと基盤のコネクターを外して、

iPhone7コネクター2

上部のコネクターも外します。

iPhone7分離

フロントパネルと基盤の分離ができます。

バッテリーを固定しているシール剥がす

iPhone7シール

バッテリーを固定しているシールを剥がします。

iPhone7外れた

取れました。新しいバッテリーをつけて完成です。

チェックとあとがき

iPhone7完成

電源を入れてバッテリー容量を確認してみると100%になりメッセージも表示されなくなりました。充電器を外しても電源が落ちることもなくなりました。

充電のヘリが早いまま使っていると今回のように充電はあるのにすぐ電源が落ちてしまう。充電しても電源がつかない。充電が溜まらないという不具合が起こります。不具合が起こってしまうとデータを抜くのも難しくなってしまったり、そもそも使えなくなってしまいます。iPhone「アイフォン」の設定でバッテリーに不具合が出た時はなるべく早く交換することをおすすめ致します。またバッテリーの交換はAppleでもできますが基本的にデータは消さないといけません。また今回のように画面割れがある場合は本体交換の修理になるので保険や保証がない場合は修理代金は高額になります。当店の場合はデータそのまま、バッテリーは即日交換できるので、交換後から快適に使えます。画面割れがある場合でもバッテリーのみの交換もできるのでリーズナブルに対応することができます。メリットいっぱいの当店にお持ち込み下さい\(^o^)/

iPhone「アイフォン」7バッテリー交換修理時間

修理時間は20分程です。

iPhone「アイフォン」7バッテリー交換修理金額

iPhone「アイフォン」修理のアメモバ柏店電池交換価格はコチラ

バッテリー交換以外の修理もお任せ下さい!

iPhone「アイフォン」修理のアメモバ修理価格はコチラ

iPhone「アイフォン」修理のアメモバ柏店以外の修理店舗はコチラ

iPhone「アイフォン」修理のアメモバ 柏店

〒277-0005
千葉県柏市柏1-5-15一二三ビル1F

■JR常磐線・東武野田線「柏駅」から徒歩3分