充電器につないでいないと電源がつかないiPhone「アイフォン」6sもバッテリー交換で即日修理できます

充電器につないでいないと電源がつかないiPhone「アイフォン」6sもバッテリー交換で即日修理できます

  • 2021.02.24
  • 2021.02.24

本日、千葉県流山市N様からアメモバ柏駅前店へiPhone「アイフォン」6sのバッテリー交換依頼がありました。

iPhone6sバッテリー

充電器をつないでいないと5分と持たない、ということでお持ち込みいただきました。iPhone「アイフォン」の設定からバッテリーの状態をみてみるとAppleからのメッセージも来ている状態でした。このメッセージはバッテリーに問題がないと表示されないものなのでバッテリー交換すると表示もなくなります。バッテリーに関する詳しい記事はコチラ。

iPhone「アイフォン」6sバッテリー交換手順

さっそく交換していきます。

iPhone「アイフォン」下部のネジを外す

iPhone6s星ネジ

iPhone「アイフォン」を開けてバッテリーを交換します。まずはパネルとフレームを固定しているネジを外します。

フロントパネルを開ける

iPhone6s開ける

基盤を軸にフロントパネルを開けます。勢いよく開けてしまうとフロントパネルに傷がついてしまったり、ガラスが割れてしまうので慎重に開けます。

保護用のプレートを外す

iPhone6sプレート

フロントパネルと基盤を分離して作業します。分離するためにコネクターを外します。コネクターは保護プレートの下にあるのでまずはプレートを外します。

iPhone6sプレート2

バッテリーもコネクターで繋がっているのでこちらも保護プレートを外します。

コネクターを外す

iPhone6sコネクター

先にバッテリーのコネクターを外して基盤に電気が通わないようにして作業します。

iPhone6sコネクター2

基盤とパネルのコネクターを外します。

iPhone6s分離

基盤とパネルを分離することができ、バッテリーを外す作業に移れます。

バッテリーシールを剥がしバッテリーを外す

iPhone6sシール

バッテリーを固定しているシールを剥がします。

iPhone6s取れた

取れました。新しいバッテリーをつけます。

チェックとあとがき

iPhone6s完成

電源をつけて、容量を確認してみると100%になっていてAppleからのメーッセージもなくなりました。修理完了です。

iPhone「アイフォン」のバッテリー寿命は約1年半から2年ほどと言われています。もちろん平均なので、充電を節約したり、充電回数を減らすことにより長持ちさせることができます。当店オススメのバッテリー維持方法はコチラ。今回の場合は充電器につないでいれば電源もついて、外しても5分くらいは使える状態でしたが、ひどい場合だと充電器につないでいないと電源がつかなかったり、つないでいても電源が立ち上がらないというときもあります。電源が立ち上がらないとバックアップを取ることもできません。バックアップは取れなくても電源がつくようになればデータは消えていないので、バッテリー交換をすればデータそのまま快適に使えるようになります。電源がつかない場合でもデータを諦めず当店にお持ち込み下さい!

iPhone「アイフォン」6sバッテリー交換修理時間

修理時間は20分ほどです。

iPhone「アイフォン」6sバッテリー交換修理金額

iPhone「アイフォン」修理のアメモバ柏店バッテリー交換価格はコチラ

バッテリー以外の修理もお任せ下さい!

iPhone「アイフォン」修理のアメモバ修理価格はコチラ

iPhone「アイフォン」修理のアメモバ柏店以外の修理店舗はコチラ

iPhone「アイフォン」修理のアメモバ 柏店

〒277-0005
千葉県柏市柏1-5-15一二三ビル1F

■JR常磐線・東武野田線「柏駅」から徒歩3分