充電器に繋がないと電源がつかないiPhone「アイフォン」6sはバッテリー交換で修理できます

充電器に繋がないと電源がつかないiPhone「アイフォン」6sはバッテリー交換で修理できます

  • 2020.12.12
  • 2020.12.12

本日、千葉県松戸市A様からアメモバ柏駅前店へiPhone「アイフォン」6sのバッテリー交換依頼がありました。

iPhone6sバッテリー

充電器をつないでいないと電源が落ちてしまうという状態でお持ち込み頂きました。iPhone「アイフォン」からバッテリーの状態を確認すると、バッテリーに関するメッセージも出ていました。充電しても電源が立ち上がらない場合もありますが今回のようにつないでいないと電源がつかないという場合もあります。今回の場合はバッテリー交換で即日修理ができます。またバッテリーに関して詳しい記事はコチラをご覧ください。

iPhone「アイフォン」6sバッテリー交換手順

さっそく交換していきます。

iPhone「アイフォン」下部のネジを外す

iPhone6s星ネジ

iPhone「アイフォン」のバッテリーを交換するためにiPhone「アイフォン」を開けます。まずはiPhone「アイフォン」下部のネジを外していきます。

フロントパネルを開ける

iPhone6s開ける

基盤を軸にフロントパネルを開けます。今回はバッテリー交換のためフロントパネルなどはそのまま使います。フロントパネルなどが傷つかないよう慎重に開けます。

保護用のプレートを外す

iPhone6sプレート

フロントパネルと基盤を分離して作業します。基盤とパネルはコネクターで繋がっているのでコネクターを外しますが、まずはコネクターを保護しているプレートを外します。

iPhone6sプレート2

バッテリーもコネクターで繋がっているのでプレートを外します。

コネクターを外す

iPhone6sコネクター

先にバッテリーのコネクターを外します。そうすることで微弱な電気も流れないようになるので安心して作業ができます。

iPhone6sコネクター2

基盤とパネルのコネクターを外します。

iPhone6s分離

基盤とパネルを分離することができます。

バッテリーシール剥がし外す

iPhone6sシール

バッテリーはシールで固定されているので剥がします。

iPhone6s取れた

キレイに取れました。

チェックとあとがき

iPhone6s完成

電源をつけて設定の画面からバッテリーの状態を見てみるとバッテリーの容量100%になりメッセージも出なくなりました。作業のため外したパーツも問題なく使えます。

バッテリーに不具合が起こると、今回のように充電器につないでおかないと電源が立ち上がらなくなってしまったり、ひどい場合だと充電器につないでも充電していますのマークのまま電源が立ち上がらなくなってしまう場合もあります。どんな場合でもバッテリー交換でデータが消えることはありませんので当店にお持ち込みいただければ即日修理して快適に使えるように致します。バッテリーのヘリが早いなーはまだ使えるから良いですが急につかなくなってしまう場合も。。。バッテリーは早めに交換することをおすすめ致します\(^o^)/

iPhone「アイフォン」6sバッテリー交換修理時間

修理時間は20分ほどです。

iPhone「アイフォン」6sバッテリー交換修理金額

iPhone「アイフォン」修理のアメモバ柏店バッテリー交換価格はコチラ

バッテリー以外の修理もお任せ下さい!

iPhone「アイフォン」修理のアメモバ修理価格はコチラ

iPhone「アイフォン」修理のアメモバ柏店以外の修理店舗はコチラ

iPhone「アイフォン」修理のアメモバ 柏店

〒277-0005
千葉県柏市柏1-5-15一二三ビル1F

■JR常磐線・東武野田線「柏駅」から徒歩3分