バッテリー容量56%のiPhone「アイフォン」6はバッテリー交換で快適に使えます

バッテリー容量56%のiPhone「アイフォン」6はバッテリー交換で快適に使えます

  • 2021.01.15
  • 2021.01.15

本日、千葉県松戸市N様からアメモバ柏駅前店へiPhone「アイフォン」6のバッテリー交換依頼がありました。

iPhone6バッテリー

充電しても充電が増えるのが遅く、充電器を外してしまうと5分も使えない、ということでお持ち込みいただきました。本体から容量を確認してみるとバッテリー容量56%、バッテリーに関するメッセージも出ていました。バッテリーは自然には回復しないので交換が必要です。バッテリーに関して詳しい記事はコチラをご覧ください。

iPhone「アイフォン」6バッテリー交換手順

さっそく交換していきます。

iPhone「アイフォン」下部のネジを外す

iPhone6星ネジ

iPhone「アイフォン」を開けてバッテリーを外します。まずはiPhone「アイフォン」下部のネジを外していきます。

フロントパネルを開ける

iPhone6開ける

基盤を軸にフロントパネルを開けます。特に固定はされていませんが勢いよく開けてフロントパネルに傷がつかないように気をつけます。

保護用のプレートを外す

iPhone6プレート

フロントパネルと基盤を分離して作業します。基盤とパネルはコネクターで繋がっているのでコネクターを外しますが、まずはコネクターを保護しているプレートを外します。

iPhone6プレート2

バッテリーもコネクターで繋がっているのでプレートを外します。

コネクターを外す

iPhone6コネクター

バッテリーのコネクターを外して

iPhone6コネクター2

基盤とパネルのコネクターを外します。

iPhone6分離

基盤とパネルを分離することができます。

バッテリーシール剥がし外す

iPhone6シール

バッテリーを固定しているシールを剥がします。

iPhone6取れた

キレイに取ることができます。

チェックとあとがき

iPhone6完成

新しいバッテリーを入れ、バッテリー容量を確認してみると、100%になりメッセージも表示されなくなりました。

バッテリーの寿命は1年半から2年ほどと言われています。もちろん使い方や充電の仕方、充電方法や節電の仕方によってはもう少し長持ちします。バッテリーのオススメ維持方法はコチラ。バッテリーは消耗品なので1度だめになってしまうと交換が必要です。今回はまだ電源もつく状態でしたが、ひどくなると、充電しても電源がつかなかったり、充電していないと電源がつかなっかたりと状態は悪化してしまう一方です。バッテリーのヘリが早いなーと感じたり、設定からバッテリーに関するメッセージが出てしまったら早めの交換をオススメします。バッテリーは交換してもデータは消えません。早めに交換して快適にiPhone「アイフォン」を使いましょう\(^o^)/

iPhone「アイフォン」6バッテリー交換修理時間

修理時間は20分ほどです。

iPhone「アイフォン」6バッテリー交換修理金額

iPhone「アイフォン」修理のアメモバ柏店バッテリー交換価格はコチラ

バッテリー以外の修理もお任せ下さい!

iPhone「アイフォン」修理のアメモバ修理価格はコチラ

iPhone「アイフォン」修理のアメモバ柏店以外の修理店舗はコチラ

iPhone「アイフォン」修理のアメモバ 柏店

〒277-0005
千葉県柏市柏1-5-15一二三ビル1F

■JR常磐線・東武野田線「柏駅」から徒歩3分