iPhone「アイフォン」8Plusのバッテリーと画面割れ修理事例

iPhone「アイフォン」8Plusのバッテリーと画面割れ修理事例

  • 2020.07.28
  • 2020.07.28

アイフォン8Plus画面

本日は墨田区のT様からアメモバ上野秋葉原店へバッテリー交換と画面割れの交換修理依頼がありました。

バッテリー最大容量は85%です。交換時期はピッタリだと思います。

そしてパネルですが見たところ割れなどないように見えますが、右上のほうに欠けがあり、それで交換修理を依頼したようです。

それではやっていきましょう!

iPhoneを開く

アイフォン下部

まず端末の下部にある星型のネジを2つ外していきます。

iPhoneとヘラ

そして少しだけ金属の薄いヘラを差し込みます。

この時、入れすぎてしまうと内部の部品の故障に繋がってしまうので注意しながら全ての辺を流していきます。

これでパネルを開けることが出来ます。

本体からパネルを取り外す

金属プレート

パネルを取り外すためには本体とパネルを繋ぐコネクタを取らなくてはいけません。

そのためにコネクタをカバーするブラケットという金属のプレートを取り外します。

金属プレート

上部のブラケットも同様に取り外していきます。

基盤 バッテリーコネクタ

ブラケットが取れたら、始めに必ずバッテリーのコネクタを取り外します。

これは他の部品がショートしてしまうことを防ぐ効果があります。

iPhone本体とパネル

残りのコネクタを取り、無事本体からパネルお取ることが出来ました。

パネルの部品を付け替える

パネルホームボタン

まずホームボタンから取り外していきます。

そのためにホームボタンとそのチップなどを守るブラケットを外します。

ホームボタン ピンセット

ホームボタンが取れました。

ホームボタンやFaceIDは一度壊してしまうと、換えの部品では動作出来ないようになっているため、この部品は特に慎重に取り外していきます。

インカメラ ブラケット

次にパネル上部のインカメラやセンサーがあるパーツを取り外します。

これも最初にブラケットから取り外します。

インカメラ取り外し

パーツが取れました。

これで全てのパーツが取れましたので逆の事をやり新しいパネルに付け替えるだけです。

iPhone パネル

全てのパーツの付け替え作業が終了しました。

バッテリーを付け替える

バッテリー両面テープ

バッテリーは2枚の強力な両面テープでくっついているので、それを引っ張り、取り出していきます。

このテープはとても切れやすくなっているのでゆっくりと引っ張っていきます。

iPhone本体とバッテリー

取り外せました。

これで新しいバッテリーを取り付けるだけで完了です。しかしバッテリーのコネクタはまだ装着しません。

最初に言ったとおり、他の部品のショートを避けるため最後に装着します。

本体に全ての部品を戻す

iPhone内部

本体にパネルのコネクタ、バッテリーのコネクタを装着し、ブラケットを戻します。

あとはパネルを閉じ星ネジを戻したら完了です。

チェック

パネル新品

パネルは綺麗になり欠けもなくなりました。

もちろん動作に問題はありません。

バッテリー最大容量 確認

バッテリーの最大容量を確認すると100%になっています!これで画面割れ、バッテリー交換の修理が完了しました。

あとがき

最後までご覧いただきありがとうございました!

私達はiPhone修理のアメモバです!アメモバは地域最安値でiPhoneのほぼ全ての修理を行っています!

水没や破損などで諦めていたデータ復旧などもすべてアメモバにお任せ下さい!

 

液晶修理の値段はいくら?

iPhone修理のアメモバの液晶交換料金(軽度)はこちら

バッテリー交換料金はこちら

 

iPhone液晶交換以外の修理内容は こちら からご確認いただけます。

 

iPhone「アイフォン」修理のアメモバ東京上野秋葉原店はこちら

 

それ以外の修理対応店舗はこちら

 

iPhone「アイフォン」修理のアメモバ 東京上野秋葉原本店
〒110-0005
東京都台東区上野4-7-8アメ横センタービル1F-11号
■山手線・京浜東北線
「上野」駅不忍口徒歩約5 分
「御徒町」駅北口徒歩約5 分
■東京メトロ銀座線・日比谷線
「上野」駅5b 口徒歩約5 分
■秋葉原駅より徒歩約10分