操作が鈍い!iPhone「アイフォン」8のバッテリー交換修理事例

操作が鈍い!iPhone「アイフォン」8のバッテリー交換修理事例

  • 2020.08.25
  • 2020.08.25

バッテリーの最大容量を最終チェックする

本日はiPhone「アイフォン」8のバッテリー交換修理依頼がありました。

症状としては充電が少なくなってくると端末の動きが鈍くなり、タッチの反応が遅れるようです。

これはよくパネル交換で依頼してくる方がいらっしゃいますが、実はバッテリーの可能性が高いんです…

バッテリーの最大容量を調べると81%です。この劣化具合から考えるにバッテリー交換で治るかと思われます。

それではやっていきましょう!

パネルを取り外す

アイフォン8の下のネジを2つ外す

まず端末の底面にある星型のネジを2つ取り外します。

これは本体とパネルを結合する重要な部品で、これがないと落としたときに本体が開いてしまう可能性もあります。

アイフォン8を開いたら金属のカバーを取り付ける

金属のヘラを使いながら端末を開いて行きました。

端末が開けたらパネルのコネクタカバーを取り外します。

アイフォン8の本体からパネルを取り外す

これでコネクタを取り外せばパネルが取れます。

バッテリーを付け替える

アイフォン8のバッテリーシールを取り外す

iPhoneのバッテリーを取り外す際はバッテリーのシールを取ります。

この両面テープは引っ張りながら取る必要がありますが、とても硬く切れやすいので慎重に取り外します。

アイフォン8のバッテリーを取り外せました

バッテリーが取り外せました。

次に新しいバッテリーを取り付けていきます。

アイフォン8のバッテリーを付け替える

取り付けが完了しました。

取り付けの際、位置を間違えてしまうと両面テープでくっついているので簡単に付け直しとはいきません。

コネクタの位置を確認しながら正確に取り付けます。

全て戻す

アイフォン8のパネルを付ける

最初に取り外したパネルを取り付けます。

そして最後にバッテリーのコネクタを取り付けます。

アイフォン8のパネルのコネクタカバーを取り付ける

コネクタの金属カバーも戻していきます。

アイフォン8の星型ネジを付ける

最後に底面の星型ネジを戻しiPhone「アイフォン」8のバッテリー交換修理事例が完了致します。

最後までご覧いただきありがとうございました!

iPhone「アイフォン」8のバッテリーの交換にかかる費用と時間はどれぐらい?

アメモバは毎日地域の修理料金をリサーチしていますので、地域最安値で対応いたします。

今回のiPhone8のバッテリー交換修理時間は15分ほどでした。今回の症状はバッテリーの原因と断定は出来なかったのでチェックに少し時間がかかってしまいました。

ご覧いただいている方もiPhoneに関することなら全てアメモバにお任せ下さい!

iPhone修理のアメモバのバッテリー交換修理料金はこちらから

iPhoneバッテリー交換以外の修理内容は こちら からご確認いただけます。

iPhone「アイフォン」修理のアメモバ東京上野秋葉原店はこちら

それ以外の修理対応店舗はこちら

見積もりは無料ですので、お気軽にお問い合わせ下さい。

iPhone「アイフォン」修理のアメモバ 上野秋葉原本店

〒110-0005
東京都台東区上野4-7-8アメ横センタービル1F-11号

■山手線・京浜東北線
「上野」駅不忍口徒歩約5 分
「御徒町」駅北口徒歩約5 分
■東京メトロ銀座線・日比谷線
「上野」駅5b 口徒歩約5 分

■秋葉原駅より徒歩約10分