勝手にシャットダウンしてしまうiPhone「アイフォン」7のバッテリー交換修理事例

勝手にシャットダウンしてしまうiPhone「アイフォン」7のバッテリー交換修理事例

  • 2021.04.30
  • 2021.04.30

こんにちは!iPhone修理のアメモバです。
本日は台東区のO様からアメモバ東京上野秋葉原店へiPhoneのバッテリー交換修理依頼がありました。

経緯としましては、3年程使用していたiPhone「アイフォン」7が、ご使用中に勝手にシャットダウンしてしまうことがあり、データが消えてしまわないか?という不安とご使用の際の不便さにご相談に来店されたことがきっかけでした。

iPhone7バッテリー最大容量が59%の写真

何が原因でシャットダウンしてしまうのかを確認してみたところ、バッテリーの最大容量が59%と新品のバッテリーと比べて半分ほどの能力しかないことが判明しました…。そのため、バッテリーが十分に力を発揮できず負荷がかかってしまった際に、シャットダウンしてしまう減少を起こしていたようでした。

快適にご使用いただくためにも、早速iPhone「アイフォン」7のバッテリー交換修理やっていきます。

パネルを取り外す

バッテリー交換修理を行うためにも、まずは本体からパネルを取り外します。

iPhone7パネルを開いた写真

本体を開くことが出来たら、まずはじめにバッテリーのコネクタを取り外します。その後、パネルのコネクタを取り外し、パネル本体を取り外します。

iPhone7パネルを取り外した写真

パネル本体を取り外せたため、バッテリー交換修理を進めていきます。

バッテリーを付け替える

バッテリーは2本の両面テープで固定されているため、バッテリー交換を行うためにもこの両面テープを取り外す必要があります。

iPhone7バッテリーの両面テープを見せている写真

このテープは伸びる性質をもっているので、テープの端を持ちピンセットなどで巻き取るように剥がしていきます。

iPhone7バッテリーの両面テープを巻き取っている写真

写真のように伸びるとはいえ、力任せに引っ張り剥がしてしまうと、切れてしまう可能性もあるため、散れない程度の力で巻き取っていきます。

iPhone7バッテリーが取り外せた写真

バッテリーを取り外すことが出来きました。

全て戻す

古いバッテリーを取り外す事が出来たので、新しいバッテリーを取り付けていきます。

iPhone7新しいバッテリーを取りつけた写真

しっかりとバッテリーをとりつけたら、バッテリーの交換は完了したため、本体を元の状態へと戻していきます。

iPhone7底面のネジを締め直した写真
取り外したパネルを元に戻し、最後に底面のネジを締め直したらiPhone「アイフォン」7のバッテリー交換修理はこれで終了です。
最後までご覧頂きありがとうございました。

チェックとあとがき

バッテリーを交換した後は、お客様と一緒に最大容量が100%になっているか、動作に問題ないかを確認していきますが、問題はありませんでした!

今回はiPhone「アイフォン」7のバッテリー交換修理を紹介させて頂きました。
バッテリーが劣化した状態での放置は危険です。最近のiPhone「アイフォン」のiOSバージョンでは、バッテリーが劣化したことを教えてくれる通知があります。【サービス】という表示はあくまで交換目安ではありますが、長い間劣化したバッテリーを放置してしまうと、バッテリーが膨張しパネルが浮き上がったり、最悪の場合は爆発したりしてしまうことがあるので、お気をつけください。

iPhone「アイフォン」7のバッテリー交換修理費用はどのぐらいかかる?

アメモバは常に地域最安値を目指してiPhone修理をやっています!
只今、Googleにてスマホ「iPhone」修理のダイワンテレコム 東京上野秋葉原店と検索して頂き、口コミを投稿していただくだけで修理料金から200円割引させていただきます!(※口コミ記入後、お店にてレビュー投稿されているかを確認させて頂き、その後返信をさせていただきますので、削除等しないようお願い致します。)

 

バッテリー交換費用のご確認は上のボタンを押すと確認できます。
iPhone「アイフォン」修理のアメモバのバッテリー交換以外の修理料金は こちら
東京上野秋葉原本店以外の店舗は こちら よりご確認下さい。

iPhone「アイフォン」修理のアメモバ 東京上野秋葉原本店
〒110-0005
東京都台東区上野4-7-8アメ横センタービル2F

■山手線・京浜東北線
「上野」駅不忍口徒歩約5 分
東京メトロ銀座線・日比谷線
「上野」駅5b 口徒歩約5 分
■秋葉原駅より徒歩約10分