iPhoneに出てくる「バッテリーに関する重要なメッセージ」とは??iPhone「アイフォン」7のバッテリー交換修理事例

iPhoneに出てくる「バッテリーに関する重要なメッセージ」とは??iPhone「アイフォン」7のバッテリー交換修理事例

  • 2020.10.09
  • 2020.10.09

iPhone7の画面に表示されているバッテリーの最大容量を確認する

皆さんこんにちは!iPhone修理のアメモバです!

本日は大田区のK様からアメモバ東京上野秋葉原店へiPhone「アイフォン」7のバッテリー交換修理依頼がありました。経緯としましては、最近バッテリーの減りの早さに困っており、インターネットで検索するとバッテリーの劣化具合を設定から確認出来るという情報を目にし、確認すると「バッテリーに関する重要なメッセージ」という表示が

出ていたそうです。

バッテリーの最大容量も76%とかなり劣化しているのがわかります。バッテリーの劣化には充電の減りの早さだけではなく多くの動作に影響を与えます。例えばバッテリーが残り1%とかになった時に画面の動きがカクカクになった経験はありますでしょうか?そのようにバッテリーというのはただの電気の供給部品というわけではなく、それ以外の多くの部品に関わっています。そのためバッテリーは消耗品であり、危険でもあります。

今回のAppleからのメッセージというのは、内部でバッテリーが通常よりも早く低下しているため、「そろそろ交換時期ですよ」と伝えてくれているわけです。

ですのでバッテリーの減りに悩んでいなくても、ある程度(83%前後が一般的)バッテリーが劣化していたら交換するべきです。

それではそんなiPhone「アイフォン」7のバッテリー交換修理を紹介していきます!

端末を開く

iPhone7の赤い本体にある星型のネジを取り外す

まずiPhone修理には必ずと言っていいほど登場する底面の星型ネジです。

このネジは内部で端末本体とパネルを固定しており、この部品のおかげで落とした時に勝手に開いてしまったりしないようになっています。

iPhone7の赤の本体と白のパネルの間に金属のヘラを差し込む

次にパネルと本体の間に薄い金属のヘラを差し込みます。

これはiPhone6sから使用されている縁の両面テープを剥がす為の作業です。

このテープのおかげでiPhone6s以降のiPhoneは格段と強度と防水性を上げました。

iPhone7を開いて片手で支える

そして端末が開けます。

iPhone7の内部はバッテリー以外の部品はコンパクトに作られており、全体的にまとまっている感じがあります。

パネルを取り外す

iPhone7の内部にあるパネルのコネクタカバーのネジを取り外す

パネルと本体を繋ぐのは、この金属のカバーの下に隠れているコネクタです。

まずそのコネクタカバー「ブラケット」という部品を取り外していきます。

iPhone7のコネクタカバーを本体からピンセットで取る

取り外せました。実はiPhoneのコネクタのつなぎ目というのは取れやすくなっており、それを守ってくれるのはこのコネクタカバーです。

余談ですが、1ヶ月程前のお客様ですが別の修理店で修理したiPhoneXを落としてしまい、全くつかなくなったそうです。そのiPhoneXをたまたま近くにお店があったiPhone修理アメモバにお持ちいただきました。事情を聞いてから修理開始すると開いた瞬間ビックリしました。必ずあるはずのブラケットがなくパネルのコネクタが取れてしまっていました。iPhoneというのはコネクタカバーがなくても正常に動作しますが強度に関しましては格段に落ちます。iPhone修理店なら確実にわかっているはずですが…新人に任せたのでしょうか?

それともめんどくさかったのでしょうか?原因はよくわかっていません。

ただコネクタを戻しただけで正常に戻りました!

修理に戻ります。

赤いiPhone7から白いiPhone7のパネルを取り外す

コネクタカバーを取ったらコネクタを本体から取り外しパネルを取り外します。

バッテリー交換でパネルを取り外す理由としましては、バッテリーの修理には多少力を使うため、パネルのコネクタなどのすぐ切れてしまう部品はとても危ないです。

そのため本体の修理をする際は必ずパネルを取り外すようにしています。

バッテリーを付け替える

iPhone7のバッテリーの裏にある白い両面テープをピンセットで引っ張る

バッテリーの取り外し方は経ってシンプルです。

バッテリーの裏面にある白い両面テープ2本で本体にくっついているだけです。

このテープは切れやすいため、ゆっくりとピンセットで引っ張りながら取り外していきます。

赤いiPhone7から黒バッテリーを取り外す

シールを全て取り、バッテリーが取り外せました。

冒頭でも話したようにバッテリーというのはとても危険な部品であるため適切な方法で処分します。

新しいiPhone7のバッテリーに白い両面テープを貼る

新しいバッテリーを用意し、両面テープを取り付けます。

赤いiPhone7の本体に新しいバッテリーを取り付ける

そして本体に取り付けます。

この時バッテリーのコネクタが本体のソケットに合うように取り付けていきます。

これでバッテリーの付け替えが完了します。

全て戻す

バッテリーを付け替えたiPhone7の本体にパネルを戻す

まずパネルを本体戻します。

先程も言ったようにパネルは基盤にコネクタで取り付けられています。

そのためまずはコネクタをソケットに合わせていきます。

iPhone7のパネルのコネクタカバーを取り付ける

そしてコネクタカバーブラケットで閉じます。

赤い本体のiPhone7に底面の星ネジを戻す

最後に底面のネジを取り付け、iPhone「アイフォン」7のバッテリー交換修理が完了致します。

最後までご覧頂きありがとうございました!

チェックとあとがき

古いバッテリーの背景に新しいバッテリーのiPhone7を撮影する

電源を入れ確認すると設定のAppleからのメッセージは消えており最大容量も100%になりました!

今回はAppleから謎のメッセージが来たiPhone7のバッテリー交換修理を紹介させて頂きました。通常に使用していたら見たこともないメッセージが来ていたら怖いですよね…特にバッテリーのような危険な部品の警告はさらに怖いです。今回は失火りと交換して正常に戻りましたが、このまま放置していると発火や発熱、さらには爆発の可能性だってあります。それだけ危険な部品だからこそバッテリー交換修理やそれ以外の修理もiPhone修理のプロ、アメモバにお任せ下さい!

iPhone「アイフォン」7のバッテリー交換費用はどのぐらいかかる?

アメモバは常に地域最安値でiPhone修理をやっています!もしiPhoneに関するトラブルや質問がありましたら是非アメモバにお聞き下さい!お見積り、お問い合わせだけのお電話ご来店も大歓迎です!

iPhone「アイフォン」修理のアメモバ 東京上野秋葉原店のバッテリー交換修理料金は こちら

iPhone「アイフォン」修理のアメモバのバッテリー交換以外の修理料金は こちら

それ以外の店舗は こちら よりご確認下さい。

iPhone「アイフォン」修理のアメモバ 東京上野秋葉原本店
〒110-0005
東京都台東区上野4-7-8アメ横センタービル1F-11号
■山手線・京浜東北線
「上野」駅不忍口徒歩約5 分
「御徒町」駅北口徒歩約5 分
■東京メトロ銀座線・日比谷線
「上野」駅5b 口徒歩約5 分
■秋葉原駅より徒歩約10分