iPhone「アイフォン」7バッテリー交換修理事例

iPhone「アイフォン」7バッテリー交換修理事例

  • 2020.08.18
  • 2020.08.18

アイフォン7バッテリー最大容量確認

本日は港区のH様からアメモバ上野秋葉原店へiPhone「アイフォン」7のバッテリー交換修理依頼がありました。

設定からバッテリーの最大容量を確認してみると、なんと72%でした。

これは明らかにバッテリーの減りが早く、外に出る時は必ずモバイルバッテリーを持ち歩く必要があるくらい消耗してしまっています。

それではバッテリー交換修理やっていきます!

端末を分解する

アイフォン7の下部のネジを取り外す

実はパネルと本体を繋ぐネジはiPhone下部の2つのネジしかありません。

後は両面テープでくっついているだけです。

アイフォン7に金属のヘラを差し込む

隙間に薄い金属のヘラを差し込み、ほぼ全ての辺を流します。

こうする事によって本体とパネルを繋ぐ両面テープを剥がす事ができます。

アイフォン7を開く

端末が分解出来ました。

パネルを取り外す

アイフォン7内部のネジを取り外す

まずはコネクタのカバーを取り外します。

パネルと本体を繋ぐ最後の物はコネクタです。

このコネクタは薄く切れやすいため注意して取り外す必要があります。

アイフォン7の本体からパネルを取り外す

上部のコネクタカバーも取り外し、パネルを本体から取り外すことが出来ました。

バッテリーを付け替える

アイフォン7のバッテリーシールを取り外す

バッテリーは一本のコネクタと両面テープのみで固定されています。

その両面テープを引っ張りながら取り外します。

アイフォン7本体からバッテリーを取り外した後

バッテリーが取り外せました。

アイフォン7本体に新しいバッテリーを取り付ける

新しいバッテリーに両面テープを付け本体に固定します。

これでバッテリーの付け替えが完了します。

全てのパーツを戻す

アイフォン7本体にパネルを取り付ける

本体にパネルを戻します。

この時バッテリーのコネクターは最後に取り付けます。

アイフォン7内部のネジを取り付ける

コネクターのカバーも同様に戻します。

アイフォン7下部のネジを取り付ける

最後に下部のネジを取り付け完了になります。

最終チェック

修理したアイフォン7のバッテリー最大容量を確認する

しっかりと100%と表示されてます。

これでiPhone7のバッテリー交換修理が完了しました。

最後までご覧頂きありがとうございました。

バッテリー交換の目安は?

こんにちは!iPhone修理のアメモバです!本日はiPhone7のバッテリー交換修理を紹介させていただきました。

iPhone修理においてお客様からよく聞かれるのが「バッテリーの交換時期の目安」についてです。

交換目安と言っても、減りの速さなど実感する時期は人それぞれです。しかしiPhoneは精密機器であるため、このくらいになったら交換したほうが良いという目安はあります。これをご覧の方も是非ご自身のiPhoneで確認してみて下さい。まず【設定】の【バッテリー】という所を開きます。そして【バッテリーの状態】という所を押すと【最大容量】という欄に〇〇%と表記があるはずです。こちらが83%前後ですとそろそろ交換したほうが良いでしょう。

90%前後ですとまだ数ヶ月は持つと思われます。ただし最大容量は90%以上なのにバッテリーの減りが異常に早い場合、バッテリーの漏電が考えられます。こちらの場合もアメモバで修理することが出来ますので、是非ご連絡下さい!

iPhone「アイフォン」7のバッテリーの交換にかかる費用はどれぐらい?

アメモバは毎日地域の修理料金をリサーチしていますので、地域最安値で対応いたします。詳しく下記よりご確認下さい。

iPhone修理のアメモバのバッテリー交換修理料金はこちら

iPhoneバッテリー交換以外の修理内容は こちら からご確認いただけます。

iPhone「アイフォン」修理のアメモバ東京上野秋葉原店はこちら

それ以外の修理対応店舗はこちら

見積もりは無料ですので、お気軽にお問い合わせ下さい。

iPhone「アイフォン」修理のアメモバ 上野秋葉原本店

〒110-0005
東京都台東区上野4-7-8アメ横センタービル1F-11号

■山手線・京浜東北線
「上野」駅不忍口徒歩約5 分
「御徒町」駅北口徒歩約5 分
■東京メトロ銀座線・日比谷線
「上野」駅5b 口徒歩約5 分

■秋葉原駅より徒歩約10分