充電が出来ないiPhone「アイフォン」6sのバッテリー交換修理事例

充電が出来ないiPhone「アイフォン」6sのバッテリー交換修理事例

  • 2020.10.14
  • 2020.10.15

こんにちは~iPhone修理のアメモバです。

本日は北区のK様からアメモバ東京上野秋葉原店へiPhoneのバッテリー交換修理依頼がありました。

iPhone6s 充電の写真
充電をしても電源がつかない状態で、充電器を挿すと充電は出来ているようです。長時間充電をしても電池が溜まらないとのことで修理に持って来られたそうです。
それではiPhone「アイフォン」のバッテリー交換修理やっていきましょう!

ステップ 1 星型ねじをとり、端末を開く

iPhone6s 星ネジを外す写真

まず初めに端末の底面にある星型のネジを取り外します。星型のネジとはほぼ全てのiPhoneついています。この2本の星型のネジを取ったらiPhoneんを分解出来ます。専用のドライバーを使います。

iPhone6s 金属ヘラを通す写真

ネジを取りましたら、金属ヘラを使いパネルと本体の間に差し込み防水シートを剥がしながらiPhoneを一周回します。

スッテプ 2 パネルと本体分離させる

iPhone6sパネルコネクタ外す写真

パネルが開いたら、上の部分液晶のコネクタカバーを外します。

iPhone6sバッテリーコネクタを外す写真

次にバッテリーのコネクタカバーを外します。バッテリーのコネクタを外して、電源を完全に切った状態で作業に進みます。

iPhone6sパネル分解した写真

液晶のコネクタを外して、これでパネルと本体が完全に外れました。

スッテプ 3 バッテリーを付け替える

iPhone6s バッテリーのテープを剥がす写真

続いてiPhone6sのバッテリーを外していきます。白い両面テープで固定されており、思いきって引っ張ると切れやすいので、ピンを使ってこのテープをゆっくり引っ張りながら取っていきます。

iPhone6sバッテリー剥がす写真

バッテリーが外せました。
古いバッテリーというのは内部がとても劣化してしまっているため軽い衝撃でも発熱など起こす可能性があるので処分の時は気をつけましょう。

iPhone6s バッテリーにテープつける写真

新しいバッテリに専用に両面テープを貼っていきます。

iPhone6s バッテリー付ける写真

本体に取り付けます。

スッテプ 4 全てを戻す

iPhone6s液晶コネクタ付ける写真

パネルと本体を取り付けます、パネルのコネクタを付けます。

iPhone6sバッテリーコネクタを付ける写真

次にバッテリーのコネクタを取り付けます。

iPhone6s バッテリーカバーを付ける写真

保護しているコネクタカバーを戻します、ネジでしっかりと固定します。

iPhone6s星ネジを戻す写真

端末を閉じ、最後に2本の星ネジを戻します。これでiPhone6sのバッテリー交換が終わりました。

あと書き

iPhone6sバッテリー交換後の写真

電源を入れると問題なく起動します。バッテリーの最大容量が100%になっているのがわかります。

iPhone6s充電出来る写真

動作確認し、充電がちゃんと出来ているのがわかります。バッテリーの寿命は2年くらいと言われておりますが、使い方によっては様々です。このように充電してもできなくなってしまう前に交換したほうがいいでしょう。iPhoneの設定から「バッテリー」「バッテリーの状態」「最大容量」から今のバッテリーの蓄電能力を確認する事ができます。大体83%くらいになると交換がおすすめです。

iPhone「アイフォン」6sのバッテリー交換費用はどのぐらいかかる?

アメモバは常に地域最安値でiPhone修理をやっています!もしiPhoneに関するトラブルや質問がありましたら是非アメモバにお聞き下さい!お見積り、お問い合わせだけのお電話ご来店も大歓迎です!

iPhone「アイフォン」修理のアメモバ 東京上野秋葉原店のバッテリー交換修理料金は こちら

iPhone「アイフォン」修理のアメモバのバッテリー交換以外の修理料金は こちら

それ以外の店舗は こちら よりご確認下さい。

iPhone「アイフォン」修理のアメモバ 東京上野秋葉原本店
〒110-0005
東京都台東区上野4-7-8アメ横センタービル2F
■山手線・京浜東北線
「上野」駅不忍口徒歩約5 分
「御徒町」駅北口徒歩約5 分
■東京メトロ銀座線・日比谷線
「上野」駅5b 口徒歩約5 分
■秋葉原駅より徒歩約10分