スマホのバッテリーはとても危険!?充電の減りが早いiPhone「アイフォン」6sのバッテリー交換修理紹介

スマホのバッテリーはとても危険!?充電の減りが早いiPhone「アイフォン」6sのバッテリー交換修理紹介

  • 2020.10.02
  • 2020.10.03

iPhone6sのバッテリー最大容量を確認

皆さんこんにちは!iPhone修理のアメモバです!
本日は豊島区のE様からアメモバ東京上野秋葉原店へiPhone6sのバッテリー交換修理依頼がありました。
経緯としては3年以上このiPhone6sを使用していてずっと充電の持ちの悪さが気になっていたようです。
そして先週から30%をきると突然電源が切れるようになり、バッテリーの交換を決意したようです。
バッテリー交換と言っても「iPhone6s バッテリー減りが早い」や「iPhone6s 突然電源切れる」と検索しても色々な業者がやっていますのでひたすら探していたそうです。
その中でよく見る題材が「バッテリーは危険」や「バッテリー発熱」という語句が多かったようで少し不安だったと仰っていました。
そもそもバッテリーの危険さと交換をしたほうが良い理由について説明したいと思います。

バッテリーについて

膨張したiPhoneのバッテリーを比較する

皆さんはバッテリーが危険な部品だということはご存知でしょうか?バッテリーは発火の危険や破裂してしまう危険もある、スマートフォンの中で一番危険な部品と言っていいほど危ない物になります。
そんなバッテリーの劣化は今言った発火や破裂の可能性はバッテリーの使用期間が長くなるにつれて上がっていきます。
その前兆のサインがバッテリーの減りの早さや発熱にあります。バッテリーの減りの早さはバッテリーの劣化を表しており、交換時期を教えてくれると言っても変わりありません。
最近では多くの人がバッテリーの消耗品について理解して頂いており、iPhoneからデフォルトでバッテリーの最大容量を確認出来たり、交換時期になると「サービス」という表示で伝えてくれるといった機能まであります。
バッテリー最大容量の確認方法は以下の通りです。

iPhoneの設定画面で最大容量の確認の仕方を赤い丸で説明する

iPhoneの設定から「バッテリー」「バッテリーの状態」「最大容量」から今のバッテリーの蓄電能力を確認する事ができます。

この最大容量が83%前後だと交換時期と言われています。もちろん交換時期は人それぞれではありますので、あくまでも目安としてご活用下さい。

さらには自分がどのアプリに一日何%使っているかなどもバッテリーの欄から確認出来ますのでそちらも合わせてご確認下さい。

それではiPhone6sのバッテリー交換修理やっていきましょう!

端末を開く

iPhone6sの底面のネジをとりはずす

まずパネルを本体から剥がしていきます。
iPhoneのほとんどの機種は底面に星型のネジが2つあり、このネジが内部でパネルと本体を固定しています。

iPhone6s本体に銀色のヘラを差し込む

ネジが取れたら次に金属の薄いヘラを差し込んでいきます。
これはパネルと本体の縁にある両面テープを剥がすためであり、iPhone6sからこの両面テープが使用されています。

iPhone6sのパネルを持ち上げる

これでパネルが本体から剥がれました。
丁度左側にあるのがバッテリーになります。バッテリーは、ほぼ半分のスペースを使用しています。

パネルを取り外す

iPhone6sのコネクタカバーをピンセットで取り外す

先程の作業でパネルを剥がす事は出来ましたが、この状態では完全に取り外せていません。
今この状態はパネルと本体がコネクタのみで接続されている状態であり、軽い衝撃で簡単に切れてしまうコネクタなためバッテリーの交換作業はパネルを取り外ししてから行います。
まずそのコネクタのカバーを取り外します。

iPhone6sのコネクタを緑のヘラで取り外す

そしてカバーで隠れていたバッテリーのコネクタとパネルのコネクタを取り外します。
この時バッテリーのコネクタを最初に取り外します。最初に言ったようにバッテリーはとてもの危険な部品であるためその他のコネクタを取り外す際は基盤のショートなどを防ぐため先に取り外す必要があります。

iPhone6sのパネルを本体から取り外す

そしてパネルが取り外します。

バッテリーを付け替える

iPhone6sのバッテリーから白い両面テープを取り出す

iPhoneのバッテリーはネジなどで固定されているわけではありません。白い両面テープで固定されており、このテープは引っ張るとよく伸びるようになっていてゆっくりと引っ張りながら取っていきます。

外れたiPhone6sのバッテリーを持ち上げる

バッテリーが取り外せました。
古いバッテリーというのは内部がとても劣化してしまっているため軽い衝撃でも発熱など起こす可能性があるのでしっかりと正しい方法で処分します。

iPhone6sの新しいバッテリーと両面テープ

次に新しいバッテリーを用意します。
取り付けは簡単で両面テープを取り付け本体に貼るだけです。ただこの時バッテリーのコネクタが基盤のソケットと合うように貼っていきます。

iPhone6sの新しいバッテリーを本体に取り付ける

これでバッテリーの付け替えが完了します。
この時にまだバッテリーのコネクタは接続しません。バッテリーのコネクタは最初に取り外し、最後に取り付ける必要があります。

全て戻す

iPhone6sのパネルを本体に戻す

バッテリーがついたら先程外したパーツを全て戻していきます。
まずパネルを本体に戻していきます。

iPhone6sのコネクタカバーを本体の基盤に戻す

そしてコネクタカバーを戻します。
これで内部の作業は完了します。

iPhone6sの底面のネジを本多いに戻す

そして端末を閉じ、底面の星型のネジを戻し、iPhone「アイフォン」6sのバッテリー交換修理が完了致します。
最後までご覧頂きありがとうございました。

チェックとあとがき

iPhone6sのバッテリーの最大容量を確認する

電源を入れると問題なく起動し、バッテリーの最大容量が100%になっていることはもちろん、充電や他の動作も施錠に動作しました。
今回はバッテリーの危険さについて少し説明させて頂きましたがバッテリーは本当に何が起こるかわかりません。直射日光の当たる場所に3時間放置したことによる膨張でパネルが浮き出てしまった方や落としたわけでもないのに普段から本体が熱くなってしまう方もいます。
ただほとんどの場合バッテリーの劣化によって起こることが多いので他のパーツやデータを壊してしまう前にすぐにiPhone修理店へお持ち下さい!
万が一上記のような症状、またはそれ以外でも何かiPhoneに関して不具合がありましたらすぐにアメモバにお問い合わせ下さい!
iPhone修理のプロがしっかりとお見積り致します。もちろんご相談のみのお電話やご来店も大歓迎です!

iPhone「アイフォン」6sのバッテリー交換費用はどのぐらいかかる?

アメモバは常に地域最安値でiPhone修理をやっています!もしiPhoneに関するトラブルや質問がありましたら是非アメモバにお聞き下さい!お見積り、お問い合わせだけのお電話ご来店も大歓迎です!

iPhone「アイフォン」修理のアメモバ 東京上野秋葉原店のバッテリー交換修理料金は こちら

iPhone「アイフォン」修理のアメモバのバッテリー交換以外の修理料金は こちら

それ以外の店舗は こちら よりご確認下さい。

iPhone「アイフォン」修理のアメモバ 東京上野秋葉原本店
〒110-0005
東京都台東区上野4-7-8アメ横センタービル1F-11号
■山手線・京浜東北線
「上野」駅不忍口徒歩約5 分
「御徒町」駅北口徒歩約5 分
■東京メトロ銀座線・日比谷線
「上野」駅5b 口徒歩約5 分
■秋葉原駅より徒歩約10分