iPhone修理のプロが教えるバッテリーの維持方法や交換のタイミング!

iPhone修理のプロが教えるバッテリーの維持方法や交換のタイミング!

  • 2021.01.10
  • 2021.01.10

アップルのスマホユーザーにとって、バッテリーの持続時間の問題は多くのアップルファンユーザーを常に悩ましてきました。こういうわけで、今日は本編で主にiPhoneのバッテリーの状態についてお話したいと思います。

一般的に、iPhoneのバッテリー(電池)寿命が80%より下回った時にバッテリーの交換を勧めていますが、あるユーザーは一、二年使っただけでバッテリーの寿命が80%を下回り、あるユーザーは二、三年、さらにはもっと長い期間使用しても、依然として80%以上でした。それはどのようにして保ったのでしょうか? 本編において、iPhoneのバッテリーの状態とバッテリー交換面に関する話題をお話したいと思います。

iPhoneのバッテリーマーク

まず、わたしたちはiPhoneのバッテリーの状態は何と関係があるのかを知る必要があります。一般的に、バッテリーの寿命は循環回数、使用温度、放電状態などと関係があります。以下においてこれらの点について具体的に紹介したいと思います。

バッテリーサイクルとは?

iPhoneのバッテリー残量マーク

多くの人はバッテリーサイクルとは何かと問うかもしれません。

バッテリーサイクルとはバッテリーが100%から0%の消費を指すのであって、一回充電したら一回循環するのではありません!

現在のスマホで使っているバッテリーはみなリチウムポリマー電池(リチウム電池)であり、このタイプのバッテリーにはニッケル電池のような記憶効果はありません。すなわち、リチウム電池の初回充電は、長い時間の充電が必要ないということです。

iPhoneのバッテリーの持ちに影響要素

①iPhoneのバッテリーに適切な使用温度あり?

iPhoneのバッテリー残量マーク

リチウム電池の使用時における温度は、バッテリーの状態に影響する大きな原因です。アップルオフィシャルサイトは傘下の電子製品の操作環境に対して、iPhone、iPad、Apple Watchなどの製品の操作最適温度は0℃-35℃であると表示するように要求しました。温度が著しく低く、もしくは高くなった時にバッテリーの自己保護装置は作動します。こういうわけで、iPhoneが低温の冬、もしくは高温の時に、自動的にシャットダウンしやすくなるのです。iPhoneなぜ突然シャットダウンしてしまう原因はこちらからご確認ください。

バッテリーの動作の適切な温度表

高温状態では、リチウム電池内部の水素イオンと硫酸イオンの拡散が加速するので、バッテリーの放電量が大きくなります。こういうわけで、高温でのiPhoneの持続時間が短くなるのです。

また、低温状態では、イオンの拡散が遅くなり、放電能力が弱くなり、システムはバッタリーがないと判断します。この時、スマホには短時間内に大量の「ショート」状態を起こすので、容易に自己保護装置が作動して自動的にシャットダウンします。

電池切れ

特筆に値することは、スマホが充電と放電している時には一定の熱を放出し、スマホの熱量を上げます。ですから、低温時にはスマホを充電したり、コンセントに繋げたりするなら、スマホが温度の過度の低下による自動シャットダウンをある程度防ぐことができます。

結論として、すべての環境要因の中で、リチウム電池の放電性能に対して影響が最も大きいのは温度であり、バッテリーの寿命にも影響します。一般的にiPhoneの操作する最適な温度は0℃-35℃あたりであって、高すぎたり、低すぎたりするとバッテリーの状態には良くありません。

②放電状態

iPhone

リチウム電池の反応は水素化還元のような反応であり、充電があれば放電がありますが、過度の放電に適していません。ですから、最も良いのはスマホを一定のバッテリー残量になった時に充電することです。いつもバッテリーがなくなってから充電しないようにする必要があります。

簡単に言えば、充電したい時にスマホを充電するということです。バッテリー残量不足であるなら、いつでも充電することができます。一般的にバッテリー残量が20%以上の時に充電する方がベストです。10%以下、もしくは常にバッテリーがなくなるまで使って自動シャットダウンするようにすると、逆にバッテリーの寿命に対して影響が大きいです。

③使用頻度

iPhoneでゲーム

iPhoneのバッテリーの状態はユーザーの使用頻度とも関係があります。簡単に言うと、バッテリーは消耗品に属しており、メンテナンスだけでなく、ユーザーの使用度とも関係があります。

たとえば、日常的によくゲームしたり、動画を見たりして、長時間高負荷の使用することは、バッテリーの消耗も比較的に激しいです。それに加えて、一日に何度も充電する必要があるなら、長期的に続くと間違いなくバッテリーの状態に対して影響が大きいでしょう。

ライトユーザーは、基本的に通常一日一回充電するので、バッテリーの消耗は比較的にかなり小さいでしょう。さらにバッテリーのメンテナンスと組み合わされるなら、iPhoneのバッテリー残量を高パーセンテージに安定して保つことに有利です。

iPhoneのバッテリーの交換タイミングは?

一般的にiPhoneのバッテリーの状態が80%より低くなったらバッテリーを交換することを勧めています。iPhoneのバッテリー寿命について、バッテリー設定から、Siriアシスタントを通して大体の寿命の状況をテストすることができます。

もし、使用しているiPhoneのiOSは10.2.1からiOS11.2.6のシステムで、バッテリーの寿命がとても低いなら、「設定」>「バッテリー」の中で「お使いのバッテリーは著しく劣化しています……」という通知が出てくるかもしれません。

もし、使用しているiPhoneのiOSは11.3より上のバージョンのシステムであるなら、設定からバッテリーの中からiPhoneのバッテリーと性能を見て、バッテリーの状況を調べることができます。バッテリー寿命が80%より低くなったとき、持続時間は著しく低くなります。また、CPUクロック数が下がる現象が起きて、スマホが遅くなるかもしれません。

iPhoneのバッテリー最大容量

iPhoneのバッテリー寿命が80%より低くなること、バッテリーを交換する必要があるかどうかということについては、主にユーザーの使用感覚によって決まります。

もし、持続時間がまだ十分で、明確な機能低下を感じないなら、直ぐに交換する必要はなく、続けて使うことができます。もし、持続時間が低下していることがはっきりしており、それに伴ってiPhoneが遅くなっているなら、新しいバッテリーに交換することをお勧めします。それによってiPhoneが生まれ変わり、さらに数年共に奮闘することができます。

iPhoneバッテリーの最大容量

iPhoneのバッテリー交換で選ぶのは正規メーカー?それともサードパーティ

iPhone正規での交換メリットやデメリット

①メリット

Apple製品は優れた品質や安定した性能で有名です。もちろん、端末に搭載されているバッテリーもそうであります。質や安全性という角度から言うと、iPhoneは当然メーカーの新しいバッテリーに交換する方が安心でしょう。また、Appleには複数サードパーティの契約店舗があり、違う店舗であってもApple正規と同等のサービスが受けられるでしょう。

②デメリット

①修理時間:Appleでバッテリー交換するには基本予約が必要になるでしょう。郵送修理でも早くて三日間かかります。町中のサードパーティでしたら、基本飛び込みでの修理に対応可能、早ければ15分でその場で修理してくれる業者がほとんどです。

②修理料金の比較:修理料金比較でもAppleのバッテリー交換代金が機種にもよりますが、数千円高くなったりします。経済的な角度から言うと、古い機種のバッテリーを新しくすることは割に合いません。以下で、現在アップルのオフィシャルサイトにあるバッテリー交換の費用を見てみたいと思います。iPhone修理のアメモバのバッテリー「電池」の交換修理料金表はこちら

Apple正規のバッテリー交換料金表

料金から見ると、アップル正規のバッテリー交換料金は比較的に高いです。iPhone 8 以下の古い機種を例とすると、オフィシャルのバッテリー交換は5,400円です。また現在中古のiPhone 6/7の買い取り価格は数千円だけです。正規のバッテリーに交換するのにiPhone本体料金の半分も占めるなら、割にあわないでしょう。経済面から見ると、比較的に古い機種はサードパーティのバッテリーに交換することを勧めたほうが割に合うでしょう。一般的に料金は1,500~2,500円で、自分で交換するなら、もっと安くなります。

iPhone 8以上の機種に関して、iPhone本体価格は比較的に保っているので、もしiPhoneの性能が十分に使えていて、ある程度の期間、機種変更しないなら、正規のバッテリーを選んだほうが確実です。もしいくらか節約したいなら、比較的に良いサードパーティブランドのバッテリーに換えて使うのも良いでしょう。

まとめ

iOS13のシステムの中で、アップルは非正規のサードパーティバッテリーに対して締め出しを行ない始めました。バッテリー設定の中で、バッテリーの最大容量の状態の情報が表示されなくなりました。アシスタントアプリやバッテリー関連のアプリで調べることができます。それらはユーザーの使用に影響はありません。iPhoneのバッテリーに適切な使用することによって、バッテリーの寿命を延ばすことができます。なるべく過度な放電をしないようにしましょう。